人気ブログランキング |

管球オーディオ雑感記。

cello300b.exblog.jp

オーディオ、その他雑感記。

ブログトップ

<   2016年 01月 ( 16 )   > この月の画像一覧

通奏低音譜。

今回弾くヴィヴァルディのソナタの楽譜には親切にも「通奏低音譜」が付いています。
a0123978_3341536.jpg
SOLOチェロが上の段のパートを弾き、Basso continuo(今回はチェロ)が
鍵盤(今回はピアノです)の左手と同じラインを弾きます。

鍵盤と同じ・・・という事はなくても響きとしては成立はします。
なのに通奏低音を入れると全く響きが変わります。
響きだけでなく通奏低音というのが非常に音楽的に大きな意義があります。
サッカーにおける守備的MF、すなわち遠藤のような存在感があるのです(なんだそりゃ)。
ようするにゲームを組み立てつつ守備の最初のつぶし役も兼ねるというイメージ。
ピッチ内の監督ですね。

通奏低音が「仕掛けたら」FW(ソロチェロ)はその仕掛けに反応するわけです。
これがハマルとめっちゃ面白い。
実際のコンサートでは(所謂古楽器での演奏会を除き)あまりcontinuoを入れることはありません。
(費用の問題だったりその他もろもろの条件で・・・)
今回は自主企画ですし実験的なことをするのは嫌いではないので、
チェロが二人いることの響きの豊かさと可能性が伝われば。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
更にボッケリーニの協奏曲でもcontinuoを入れることにし、頑張って楽譜を作りました!!
これは自分のためでもありますが(爆)本当はvnも1本入れたかった・・・(笑)
因みにこの曲、5番説と8番説、果ては偽作説(ボッケリーニではない説)もあるようです。
作品番号はG478となっています。
この時代の協奏曲では偽作説はよくある事で、ハイドンのチェロ協奏曲も
4~5曲あるとされていますが公認されているのは2つ。
しかもハ長調の協奏曲は確か1960年台あたりでやっと世の「公認」を受けた曲です。
(なのでハ長調の巨匠、大家の録音は少ない)

ハイドンやボッケリーニやヴィヴァルディは弟子も沢山いたはずなので
作品の判定が恐らくとても難しいのです。
今回の協奏曲はどうなのか・・・という話になると思いますが、自分は研究者ではないし、
ソナタと協奏曲両方を一夜のコンサートで弾くことで皆さんが想像を膨らませて聞くと
また面白いかもしれません。弾いている分にはソナタとは多くの共通性を感じます。

古典の曲は音楽的に「パズル性」があって、後世に色々投げかけているようで
とても面白いです。
by kennoy-mini | 2016-01-04 04:20 | 音楽雑感。 | Comments(0)

発売前プリを食す!

正月早々、嬉しい発見がありました。
SCORE教授が大橋さんから300Bプリを借りていると聞いて
急遽試聴しに突撃!!

ジオラマモードで撮影してみたら・・・
このシャーシ、汚し風に(ヴィンテージ加工)したら面白そう!
ペーパーかけてヘアライン調とか・・・
a0123978_23344981.jpg
SV-310より一回り大きい感じ。
セレクターツマミは自前のに換えてと・・・(おいおい)
a0123978_2339372.jpg
整流管は5AR4
a0123978_23403788.jpg
ちょっとびっくり。相当気に入りました。本当に。
教授はもう導入前提の様で。納得です。

何が気に入ったかというと、(あくまで私見ですが)音の自然さです。オーディオ感が少ない。
音の広がり、繋がり、鳴っている感が自分の知っているステージの感覚にとても近い。
300Bの倍音感が良い意味で効いているようです。
今までのSCORE教授アンプ陣におぼろげに感じていた圧倒的な存在感がなく、
どこで鳴っているのかの違和感がない。
ちょっと毛色の違う、別の視点のプリアンプですね。
これは参りました。

WE復刻とナス300Bで聴きましたがどちらも違和感なく(音の違いはそりゃあありますが)
なすでも余裕で食せます(笑)。教授の話では前段管での違いはあまり出ないそうです。

いやあ、参った・・・!

a0123978_07794.jpg

by kennoy-mini | 2016-01-04 00:08 | オーディオ雑感。 | Comments(4)

予習音源。

コンサートでやる曲の一部です。

ヴィヴァルディのソナタの一部(ビルスマ先生)
https://www.youtube.com/watch?v=1GB7cAFHl9k&index=5&list=PLLXmiSwmdkhSK0DqPLY6y4SFVJ651_b1-


ボッケリーニの協奏曲(ゲリンガス先生)
https://www.youtube.com/watch?v=OeP7qA3Evrw

曲のききどころはのちほど。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
さて。ウィキで申し訳ありませんが「ヴィヴァルディ(Antonio Lucio Vivaldi, 1678年3月4日 - 1741年7月28日)はヴェネツィア出身のバロック後期の作曲家、ヴァイオリニスト。カトリック教会の司祭。」とあります。対して「ボッケリーニ(Luigi Rodolfo Boccherini、1743年2月19日 - 1805年5月28日)は、イタリアのルッカ生まれの作曲家、チェロ奏者。同時代のハイドン、モーツァルトに比して作曲家としては隠れた存在であるが、存命中はチェロ演奏家としても高名で、自身の演奏のためにチェロが活躍する曲を多く残した。その中でも弦楽五重奏曲ホ長調G275の第3楽章は「ボッケリーニのメヌエット」として有名である。」とあります。
こうしてみるとかなり時代差がありますね。因みに大バッハ(Johann Sebastian Bach)は 1685年3月31日 - 1750年7月28日とあります。なるほど。

ボッケリーニはチェリストだけあって効果的なパッセージが多く、うまい具合に技巧的に聞こえます。割と「魅せる曲」といった趣であまり無理がありません。メロディラインもつつがなく進む印象。
ヴィヴァルディは一見簡単そうにみえてとても深さ、難しさがあります。なるほどバッハとなにか共通する深さです。神に捧げる音楽(ヴィヴァルディ)と自分のための音楽(ボッケリーニ)の差を感じる気もします。ドイツ、オーストリアの作曲家に比べ色彩感が強く、フレーズもイレギュラーが多い。「芸を楽しむボッケリーニ、響きを楽しむヴィヴァルディ」といった感じでしょうか。

もう一点、この時代の流儀として「同じ事が出てきたら変えて表現する」といった解釈があります。自分もなるべく今回は表現を変えようと思っています。
by kennoy-mini | 2016-01-02 10:50 | 音楽雑感。 | Comments(2)

目標その2.

目標というより課題なのですが、新しい考え方で弓を持っています。
先月、とある師匠に教わりまして。親指の持ち方(考え方)が以前とは全く違います。
まだまだ習得には時間がかかるのですが今まで出したことない音が出る時があります。
ハマルとかなりヴィンテージな音、最近意識している「触われる音、触感のある音」が出ます。
リサイタルでその一端を示せるよう頑張っています。
by kennoy-mini | 2016-01-02 03:15 | 音楽雑感。 | Comments(4)

今年の目標・・・。

本年も宜しくお願い致します。

今年は・・・自分の性格的にモノを溜め込む性格を少し直そうかと。
ここ数年は税や為替の推移による値上がりを見越して先にモノを
無理して入手する考え方でいましたが(実際かなりあがりました)、
持っていたところで勿体無くて使えない=自分にはふさわしくないものが
結構ある事が判明(笑)。

本当はシンプルが好きなんです(笑)。
本当の本当はね。
なので目標ですが・・・モノを少しダンシャリしようかと。
書いてしまえば少しは意識に縛られるでしょう(笑)。

目下、候補は・・・3LZ(HPD295)、GPの時計、WE2741本、ユンハンス時計2本、アンジェラスのクロノ1本・・・といったところでしょうか。目標です!でもくじけるかも(笑)。

早くもくじけています(笑)
でもダンシャリはしよう!
上記のモノは・・・ま、いつでも手放す準備はしようということで。
by kennoy-mini | 2016-01-02 00:21 | その他雑感。 | Comments(2)

明けまして。

今年も宜しくお願い致します。
5日から仕事が始まるので、それまでリサイタルの「仕込み」をある程度終えないと【笑】。
ハイポジションが多いボッケリーニと、実は雰囲気を出すのがむずいヴィヴァルディ。
昨日少し突破口がみえたので頑張ります!

本年が皆様にとって佳き年でありますように。
a0123978_19584387.jpg
(スミマセン、センデンバカリデ)
by kennoy-mini | 2016-01-01 20:00 | その他雑感。 | Comments(0)