カテゴリ:時計。( 40 )

 

最近の時計雑感その弐。

変な前置きがありましたが(笑)、要は時計修理専門店に
思い切って行ってきたのです(笑)。
要電池交換の時計が3つ、要オーバーホール(外装傷みを含む)のが2つ、
要相談の大修理モノが1つありましたので。

渋谷の桜丘郵便局上の[カエラ]という店。
来店は初めてですがブログを公開しており、
良心的且つ明朗会計だなと感じておりました。
(勿論日頃から技術見識には対価は払います、ただそこにブランドイメージやら家賃やら広告宣伝費やらムニャムニャ、、、が乗るのはちょっとアレだな、と。そういうセコい考えなんです、自分は、笑)

で、カエラさんはずっと前に時計のオーバーホールを
色々ネット検索していた際に引っかかり、
ブックマークだけは付けておりました。
丁度良いタイミングがあったので思い切って電話、、、
繋がりました!何と電池交換1本なら当日、
3本でも内部に問題無ければ翌日!!こりゃ縁だべ!

という訳で伺いました、お一人でやられているようです。
翌日に電池交換3本を受け取り。パッキンにも問題がなかったようです。

(クオーツの場合パッキンが傷む場合、その場合に浸水していてサビが出る場合があります、後は電池の液漏れ等。町の電池交換等で恐いのは、安い電池を使い、後に液漏れ等を起こす、パッキン交換を在庫なしを理由に見て見ぬふりをする、、、)

で、、、結局機械式のオーバーホールは2本お願いしました。
ひとつは汎用ムーヴでひとつは自社ムーヴモノ。
機械式のオーバーホール依頼は混んでいるそうで大体半年待ちだそう。
汎用ムーヴの方(お下がりの某ティエ)はネジ込みリューズがネジ込まず
浮いてしまっています、これもメーカーならケースまるっと交換、
と言われかねない案件ですが(その場合は恐ろしい値段に)
なんとか考えて下さりそうです(無理ならちゃんと無理と言って下さいます)。
後は内部確認後に見積もり、そして半年後のお楽しみ、、、
といった流れかと。

大修理モノはなんと大事な友人の時計で
[リューズが吹っ飛んでいなくなってしまった]というモノ。
メーカーでは新品購入と同じ額を提示されたよう形も特殊。
カエラさんには代用のリューズをあてがう案を提示。
費用はオーバーホール費用にプラス数千円。
印象は変わりますが正直、このまま不動になるよりはずっとマシかと。
この案件は持ち帰りました。

長年の宿題に解決が見え、心が軽くなった一日でした。






・・

[PR]

by kennoy-mini | 2018-08-14 10:58 | 時計。 | Comments(2)  

最近の時計雑感。

時計の世界は大変奥深いが、今回は[値段とクオリティー]について考えてみたい。

オーディオもそうだが時計の値段に大きく関わっているのがブランド力。このブランド力が新品から中古になった時にものをいう。中古には特に[広告宣伝費]が関係ないからだ。アンティークを除けば中古で価値がトントン、もしくは上がるなんてロレックス位。たとえ自社製ムーヴを謳うメーカーだったとしても。

現代の時計メーカーは大体,
1[ブランド力を上げる為なるべく自社ムーヴや材料技術等に拘り付加価値をつける]
2[ブランド力は上げたいがコストは抑えたいから汎用の機械を使い、
主にデザインとイメージ、外装にコストをかけ値段を釣り上げる]

~の二手に別れる。
1でも[自社ムーヴ]と言いつつ汎用ムーヴに手をちょっとかけただけの場合もあるし、
2でも非常においしい(良心的な)メーカーもある。先日も某◎◎ミラノというメーカーのクオーツの機械が某◎◎ズンと聞いて(ほう!?)と思った。自分はシチ◎◎と知っていたら新品では絶対に買わない。シチ◎◎に勿論罪はない、単純に値段とのバランス。得てして広告にお金かけているメーカーのモノは中古になると値落ちが激しい。

逆に1の場合、修理やオーバーホール時に、その特殊性故に費用がかかる場合もある。時計は買って終わりではないし比較的破損や浸水(大半は汗だが)率が高く、長期で保有するならメンテナンス前提のものなので(電池式でも浸水サビや電池の液漏れでオーバーホールが必要な場合がままある)、それらをトータルで考えると時計の値段、価値はとても面白い。

例えば先程のガガ◎◎◎の電池が止まったり調子が悪くなったとしても、機械を知っていたら自分は販売先には出さない、ちょっと専門的な時計修理店に頼むが正解。メーカー送りだとかなり無駄にお布施する羽目になろう。あの[正規輸入]や[正規代理店]なる呪文は使用者には全く関係ない、、、と自分は思う。

そう考えると[国産が最強なのでは]と思うが、残念ながら国産はデザインに弱いものが多い。明らかにロレックスやカルティエとそっくりだったり、没個性だったり、はたまたま機能盛りだくさんでごちゃごちゃ為過ぎていたり、、、
と思って国産は敬遠していたが、最近ちょっと見直す事があった。国産でも例えば潜水機能に拘ったもの等、機能を突き詰めたモデルのデザインが意外とよかったりする。海外でも軍モノ等視認性が超重要なモノや、ダイバーもの等ちゃんとしていないと命にかかわるモノのデザインは、無駄がないモノが多い。
たとえ廉価でも良い時計は使用者を引き立てるので、そういう時計と出会いたい。




・・

[PR]

by kennoy-mini | 2018-08-13 19:24 | 時計。 | Comments(4)  

小さい相棒が仲間入り。

先日、ふるいバンビのメタルバンドをGETしましたがサイズ調整には
工具が必要。
a0123978_22220106.jpg
で、結局お店にお願いしました。
スゴクいい感じ!!
a0123978_22221625.jpg
a0123978_22213261.jpg
マイナーメーカーですが、この時計は一生持っていたい何かがあります。
もし気が変わっても恐らく買った値段以上で手放せるでしょう。
最近のアンティーク相場の高騰は凄いです。
なので今年か来年に使わないアンティークを2~3本手放そうと画策しております。
もめたくないのでちゃんと整備してから。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
で、バンド調整待ちで店内を覗いていたら・・・
気になるもの発見!これは・・・
(あ、既にバンドは自分のに替えています)
a0123978_22234987.jpg
ヴァーグウォッチなる日本の時計。
クウォーツ時計なのですが、紛れもなくアンティークの美味しいとこどり。
一番感動したとこはサイズとリューズ。
a0123978_22224183.jpg
今時の復刻系は、サイズは現代に合わせ横幅40mm以上が殆どなのですが
これは32mm。
リューズはコストのかかるねじ込みリューズ。
これで防水性が格段に上がります。
バブルバック風スタイルとクッションケース。おまけにスモセコ、コブラハンド・・・
これは、、、ほっとけませんでした(笑)。
安かったので2種類ゲット(リベットブレスなのでメーカー調整中)
これでバブルバックを買わなくて済んだ、と考えると安いもんです(笑)。
a0123978_22231828.jpg
使ってみると、このブランドはアンティークへの尊敬の念、敬愛が
感じられます。
(購入したもう一本は画像真ん中のデザイン)
a0123978_22284526.jpg
もうクオーツは買わないつもりだったのですが・・・
やられました。このメーカーの社長のセンスは相当なモンです!

で、ご機嫌リストショットを。
a0123978_22205310.jpg
a0123978_22240827.jpg
移動仕事が多かったのでこれから移動はクオーツや現代時計、
旅先などではアンティークと、使い分けします。
どうしてもぶつけたり濡れたりしますから。
一番怖いのは食事どきの湯気。これがアンティークには大敵!







[PR]

by kennoy-mini | 2017-11-21 23:21 | 時計。 | Comments(6)  

ロレの聖地に殴り込み!?

ミュージカルで大阪は梅田に長期滞在です。
場所柄非常に誘惑が多く(笑)、それに終止符を打つべく
[聖地]に赴きました。

(リベルタス)
a0123978_01431301.jpg
a0123978_01433258.jpg
ヴィンテージロレックスの聖地らしいです。
自分はロレックスは門外漢なのですが、要は
品物のオリジナリティに徹底的に拘り、
世界的なコミュニティを形成しています。
更に言えば微細な違いに価値を見出し、市場価格形成の面でも
リードしています。絶対的な自信があるのでしょう。

うん百諭吉のヴィンテージロレックスをチラ見した後
(別世界過ぎて正直響かない)、ストラップ(革バンド)コーナーへ。
こういうお店はストラップも別注したりするので、
行って現物確認する必要があるのです(笑)


、、、という訳で三本確保!
a0123978_01465467.jpg
a0123978_01464077.jpg
a0123978_01455650.jpg
モノ自体は東京でもあるかもなんですが
[このサイズでこのステッチでこの色]となると
一点物に近いのでピンときたら押さえないといけません!
更にはストラップを替える事で手持ちの時計の新たな魅力に気付かされ
新たな時計購入への抑止力となり得るという、、、(爆)

でも冗談ではなく効果は大!
a0123978_01584910.jpg
a0123978_01592045.jpg
a0123978_01443270.jpg

~という訳で大阪での時計詣ではこれにて終了。
最小限の出費で財布も安心です(笑)

リベルタスは四ツ橋なので、なんばまで歩いてはり重へ。
a0123978_01554773.jpg
a0123978_01555948.jpg
これで一つミッションクリアです。










[PR]

by kennoy-mini | 2017-10-21 02:01 | 時計。 | Comments(2)  

昔スタイルのブレス仕様。

どうしてもステンレスブレスが欲しくなり、某所へ。
復刻のライスブレスを見に行きました。

で・・・
a0123978_22571331.jpg
この様になりました。
その場でサイズ対応と梨地仕様(ヘアライン仕様?)にしてくださいました!
ノーマルだと艶が強くてスチ-ブライトと色味の差が出るので、実物を見てよかった。
毛が挟まらないのも嬉しい誤算(笑)。
メッシュブレスだと大抵挟まって痛いんですわ。。。

この時計は無銘系で所有して5年ほど経ちますが、もちっと使ってやろうと思います。
ケアーズでも何回か褒められた、かなり上級者好みのものです。
世界的にアンティーククロノは暴騰傾向ですが
無銘はまだそうでもありません。
ブランド系クロノはほぼ2年前の倍な勢い。
もう手の届かないレベルにいってしまわれました。

最近は軍モノや3針の方が興味あるので、いざとなったらこの時計も
手放してもよいかな、とも思います。
状態がよいのでなるべく近い人に譲りたいです。
防水ケースでブレス仕様となれば夏でも怖くありません。
それでも飲食の時などは左手に付け替えてます。
湯気が進入する可能性があるので。

多分嬉しくて、来週は殆どこの時計をしていると思います、単純(笑)




[PR]

by kennoy-mini | 2017-09-21 23:23 | 時計。 | Comments(2)  

やっとひと段落・・・!?

コンサート後、余韻も覚めやらぬまま群馬にしばらく通いで仕事でした。
ようやくひと段落・・・のはずでしたがラトリエのパーティのコンサート出演を依頼されたので
再びソロの曲を準備することに。
http://d.hatena.ne.jp/auxpetits/20160603
平日ですのでなかなか厳しいとは思いますが無料ですし(!)出入りも自由。
フットワークの軽い方はどうぞいらして下さい。
自分は16時からの出演予定。また詳細決まったらUP致します。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
という訳で、いつもの雑感。
最近のローテーション時計。
a0123978_1434949.jpg

夏はアンティーク時計には厳しい季節。そう、汗が内部に入りやすい。
この2本は裏フタがスクリューバック(ねじ式)なので防汗性能がそれなりにあるのです。
a0123978_1531323.jpg
実は初公開、リサイクル屋でGETしたサンドス。
そう、どう見てもサブマリーナのモデルです(笑)。

コイツがそのへんのコピーと違うのは機械がETA2824な事。
ベースがチュードルの薔薇サブと同じ機械らしいのです。
色々ヤレはありますがとても使い勝手がいいです。
正直、これともう1本、本命があれば・・・というくらい使い勝手が良い。

というわけで、これとレマニアが最近のローテ。
a0123978_221992.jpg
a0123978_24324.jpg
使える時計が定まってくたおかげで、時計収集熱がかなり冷めました(笑)。
今後少し本数も減らしていく予定。

1年後はどんな状況になっているかな・・・


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
[PR]

by kennoy-mini | 2016-06-14 02:09 | 時計。 | Comments(0)  

軍モノは実はアンティーク入門機に良い。

先週は高崎、今週は札幌です。以前ホテルでSV-9t vol.2を組み立てた事がありますが今回は、、、しません(笑)。時計はせいこーぽーる(6138)とブラウン(クォーツ)を持参。札幌にも気になるオーディオ屋もあるにはありますがネットで見る限りおたかいのでスルー。


調整仕上がり待ちのレマニアTG195スウェーデン軍モノですが実はかなりマニアックな機構がついています。一見すると単なる3針の時計なのですが、2時位置のボタンを押すと秒針がゼロ位置にリセットされリューズが飛び出します。軍事作戦時に皆でこの機構を用いて全員同時にリューズを押し込む事で任務開始時刻設定を秒単位で揃えたのでしよう。そのための機構に自社クロノグラフの機構を流用しています。そんなマニア度もありレマニアの軍モノの中では結構人気者です。本来ならこういうメジャー人気系は自分のターゲットに入る時計ではないのですが、、、今まで実物を2回見て(あれ、これええなぁ、、、webでのあっさりした印象と全くちゃうなぁ)。そして今回3度目の出逢いで、、、見事陥落(笑)。

文字盤がミラー(艶有り)でとても味わいがあるのと、、、ケースにもとても萌え要素が(笑)。ラインがアシンメトリーでしかもステンレス仕様(軍モノは結構ブラス等にメッキした仕様が多い)、アンティークでは大型ケースなのに間延びした印象が全くありません。同じケースを使ったワンプッシュクロノグラフもあるのですが、こちらには何故か全く食指が動かない。圧倒的にTG195の方が好みです。因みにTG195表記は白字(プリント)と下地出し、表記無しの3種があり自分のは表記無し。これに表記が入るだけで値段が跳ね上がるという、よくあるパターン(笑)。274でいうと下地出しがUSAのみ刻印、TG白プリントがmade in USA、表記無しがプリント274,みたいなイメージでしょうか(笑)。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
軍モノの大型ケース(基本的にチェコ軍モノ)というとロンジンのクッションケースが有名です。他のクッションケースはレマニア、エテルナがあります。ロンジンが一番人気で、最近結構高騰気味。ただロンジンチェコ軍は基本的に裏蓋がスナップバックなので自分は残念ながらパス。多分スナップだと音が大きいのです。レマニアチェコ軍はスクリューバックだしデザインも良いのでいつかは欲しいのですが最近あまり見ません。エテルナも良いですが、エテルナ買ってもレマニア欲しくなるのは目に見えてるので無関心を装っています(笑)。ハミルトンの軍モノはもうしっかりよいお値段がついているのでスルーする自信はあります。
最近の興味は無銘アンティークダイバーと国産アンティーク。特に国産ダイバーは将来価値も上がるんではとも思っているんですが、、、70年代なのでケースデザインも面白く、なか色使いもなかなかセンス良いのです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
軍モノは総じて質が高く、ケースにそれなりに密閉性もあるため実はアンティークウォッチの中でも現代の日常使用に適しています。ネックは人気(値段)と状態ですが、マイナーなモデルは意外と手頃なのでまだまだ掘り出し物はあります。英国軍やドイツ軍、スウェーデン軍モノは人気高いです。アメリカ軍はものによります。例えばブローバの32mmケースの3針モノ等は比較的手頃でケースもとてもいいですよ。
軍モノの問題は状態。戦争をくぐり抜けたものなので状態が荒れているととるか、荒波を耐えて生き残ったモノ特有の強い生命力ととるか。勿論状態の良いモノもあります。
[PR]

by kennoy-mini | 2016-02-16 03:12 | 時計。 | Comments(4)  

出会った!!

レマニアも手放したと書いたので一部で心配をおかけしておるかと思いますが・・・
安心してください、近々このモデルがやってきます(爆)
a0123978_0502946.jpg
レマニアのスウェーデン軍TG195というモデル。
これの「TG195」表記なしモデルに年末に出会い、状態も良かったので即確保。
ただいま整備中です。

レマニアの軍モノはチェコ軍をずっと探しているのですが・・・
これがなかなか出てこない
a0123978_0584564.jpg
市場ではスウェーデン軍の方が人気がありますが、実は実物をみるまで欲しいリストには入ってませんでした。ただ実機を見て一目惚れ。チェコはゆっくり探そうと思います。他にもちょこちょこ面白いものはありますが、またいずれ。
[PR]

by kennoy-mini | 2016-02-15 01:10 | 時計。 | Comments(2)  

戻ってきた!

プチ修正をお願いしていたセイコーが戻ってきました。
a0123978_21251667.jpg
機械と、ベゼル→文字盤間のズレ。
なんのこっちゃとお思いかもしれませんが、例えば・・・
a0123978_21275496.jpg
これが一番わかりやすい例。
黒いタキベゼルは本当は60と書いたメモリが真上にこなければいけないのですが
セットミスでずれています。自分のも微妙にずれていました。
タキメータなど使わないだろうといわれるとそうなのですが、やはり気になる。

今回はばっちり!
a0123978_21305190.jpg
すっきりんこです(ふるい!)

因みにこの文字盤、パンダと呼ばれ実は有名だったようです。
因みにモデルはどうみてもこれ。
a0123978_2134511.jpg
a0123978_2135113.jpg

そう、泣く子も黙るポールニューマンダイヤル。
格好いいですね。因みにほんものは1千ユキチ以上。
資産ですね。いつかナマで人目拝めるでしょうか。
その値段ゆえにマユツバものも多いそうです。
自分はせいこーぽーるで(笑)。
[PR]

by kennoy-mini | 2016-02-03 21:41 | 時計。 | Comments(5)  

風防ひとつで、色々判る。

秋に風防内にぶわっと曇りが出たアンティーククロノグラフの風防交換が終了したと
お店から連絡が来たので取りに伺いました。
長年代官山近くで営業してらっしゃる名店です。
お世話になるのは初めて。
(多くの店と同じで、いざ店にいくとWEBには出ていない時計が結構あります)

かなりガードの堅い方で、今までいろんな無理難題、
苦労を受けてきた事が容易に推察されます。
アンティーク時計の、特に外装や文字盤、針は本当にデリケートなので。
話や仕事ぶりなどを拝見し自分は逆に信頼をおける方と確信しました。
いつか心を開いて下さるといいのですが(笑)。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
アンティーク腕時計の風防はほぼプラスチック、アクリル風防です。
外装で一番傷、破損する箇所なのでオリジナルであることはほぼなく、
またオリジナルである必要もあまりありません、価値も落ちません。
今回、交換の動機は風防が緩くて結果的に防水機能が著しく落ち、
しかも風防自体が回りだしていた事なんですが、
今回店主から「以前の風防は微妙にクロノ秒針が風防と干渉していました」との恐ろしい話。

《このテの話は実はよくあるんです。問題はここからで、自分のは大丈夫だったんですが(ばれないだろう・・・)とこっそりクロノ秒針の先を風防のカーブに当たらないように切断する「シゴト」をする職人がヨノナカにはいるんです。手持ちの風防に在庫がない時に(新たに風防を手配するのが面倒だ)・・・という事でしょう。これに関してはオリジナルに対しての冒涜だと自分は思います。不必要な改変で、新たに風防を用意/別作する事はそんなに大変な事ではないですから》

今回自分の時計は、針に手はつけられていませんでした。ほっ。
問題は、もともとの風防が針とのクリアランスがぎりぎりセーフだと判断、
しかもベゼルに対し緩めのサイズの風防が付いていたという店の職人の、
「雑な判断、シゴト」だったという事。恐らく仕入れ経路が雑で、メンテ担当の職人が
(仕入れ時もともと付いていた風防なんだから・・・まぁ、いけるだろ)
・・・と手を打ったのと、なんとなく想像つきます。
ここの店も関西での超有名店なのですが自分はもうここにメンテに出す事はないでしょう。
本当にゲンメツしました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
で・・・新しい風防は針に触れないよう高さがずいぶん高くなり、プラ風防独特のカーブによる
屈折率の妙で以前より数倍魅力的な表情になりました。
風防ひとつでこんなに表情が変わるのか!と、強烈なアッパーを喰らった感じです。
風防、恐るべし・・・
良い勉強になりました。面白いなぁ!!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
もう一件、用事を済ませました。
手持ちの真空管で人気/価値がある管2種を(一番の秘蔵モノは既に行き先決定)
購入元で下取りにだすならどのくらいなのか、簡単な見積もりを出して頂きました。
店主さんには「これ・・・本当に手放すの?」と言われ、グラリ(笑)。
オークションの方が値が付くよ、とも。まぁ、そうですよね。
簡単な通電検査をしてくださり状態も確認、大体の様子が判りました。
なるべく手放さないよう、いざという時は・・・という心つもりに。
もう自分のフトコロでは再入手は厳しいですから。
[PR]

by kennoy-mini | 2016-01-31 01:12 | 時計。 | Comments(5)