人気ブログランキング |

2010年 12月 03日 ( 1 )

セッティング見直し。

a0123978_0202044.jpg
↑スタンドのグラウンディングは紆余曲折の末、再びこのような形になりました。まず床に遮音シートを敷き、ホームセンターで買った御影石の下に黒檀半球を4つセット、さらに防振ゴムの上に御影石を置きます。その上にTAOCスタンドを、付属のスパイクを使わずに黒檀ブロックで受けます。帯域バランスは付属のスパイクの方が良さそうなのですが、SPの振動、倍音の実体感が黒檀ブロックの方が聴きやすいのです。帯域バランスは他のところでも調整できそうなので、ここはSPの振動の自然さを重視しました。ここはほぼ決定。

a0123978_0205557.jpg
↑model2のグラウンディングは研究中。ここがかなりの肝になりそう。かなり帯域バランスが変わります。今は山本音響工芸の訳有り黒檀スパイク(毎年真空管フェアで出している傷有り、木目難有りの格安品)をテスト中。現在の仮の姿です。
a0123978_0211232.jpg
↑SV-310の整流管も目下色々テストしています。STC4274Bもなかなか良いです。これは決め手が難しい。因みにこちらは、現在はもう写真の状態とは変わっています。まとまったらまたUPしようかと思います。

変化が大きいのがST(スーパーツイーター)の前後の位置。SPコーンとツライチにするか、同軸ユニットの高域ホーンの位置とツライチにするかで随分変わります。最近、ちょっとバランスが気になる時は専らここで調整します。
by kennoy-mini | 2010-12-03 00:23 | オーディオ雑感。 | Comments(3)

オーディオ、その他雑感記。


by kennoy-mini
プロフィールを見る
更新通知を受け取る