人気ブログランキング |

管球オーディオ雑感記。

cello300b.exblog.jp

オーディオ、その他雑感記。

ブログトップ

理論。

今年2回目、人生2回目の四国。今回は徳島です。
今回は時間がなくて「オーディオ巡礼」は全く無理(笑)。
かなり曲目が多い仕事(オケ)なのでケアしながら頑張っていきます。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
今年はどうも肩、加えて親指にも痛み出る時があるので色々見直しています。
そのなかで「4スタンス理論」というのが最近一部業界内で流行っていまして(笑)。

(これが一番わかりやすい)
https://www.youtube.com/watch?v=hRHdJoVs8_o

この考えからボウイングを見直すと、なんと自分が長年(ここを長く気をつければ習得できるのかな)と思っていた考えが実は自分には合っていなかったという答えのヒントになりました。理想や目的は同じ、手段(体の使い方)は正反対というか。痛みがきっかけで思わぬ拾い物をしました。長くやっていると加齢により??(以前出来た動きが出来ない)という事も感じていたので、こういった考え方を整理すること、改めて己を知る事は非常に有益だと感じました。あくまでヒントでこの先は自分、ではあるんですが。




Commented by moccinocraft at 2017-07-19 18:09
ハコですか~?

YOUTUBE拝見しました。体の動かし方の基本が判るみたいですね、私A1らしい...そして、この後どうするかは本人次第なんですかね。山登りに役立ちそう!
Commented by kennoy-mini at 2017-07-19 23:54
徳島記念オケという在京オケ関係中心のオケのお仕事なんです。

自分はB1なんですよ。調べてから二の腕の意識が180度変わりました。
ベストな感覚ってスムーズ過ぎて手応えないのでこういう理解は大事!
Commented by KOSE at 2017-07-23 11:48 x
いつも見させて頂いております。
「4スタンス理論」が弓の持ち方やボーイングに関係があると言う事だと思うのですが、もうちょっと具体的にはどんな事なのでしょうか?
Commented by kennoy-mini at 2017-07-24 11:01
KOSEさま、はじめまして(ですよね??)

ボウイングは円運動に例えられるのですが、その回転方向がスタンスのタイプによって人それぞれ(自分に合う正解は人と違う可能性があるという事)、左手の指の押さえる角度もスタンスによって垂直が向いている人と寝かせるのが向いている人がいる、とかですかね。
なので構えや持ち方、支え方を自分のスタンスにあったものを選択しないと実践で真価を発揮し辛いと。これは自分の先生の受け売りですが「極論では楽器は音楽を表現する為の道具に過ぎない」ので、その「道具」を如何に自然に扱う為にからだの「利き」に合わせた構えや動作にするか、という考えです。同じテクニックでも自分の師匠と気をつける方向が正反対、という可能性も大いにある、というのがミソです。自分も円の回転が逆でした。なので最近痛みとなって表れたという。

シンプルにいえばスタンス診断で自分に当てはまるやり方と演奏技術をすり合わせていけば、最も自然に弾けるという事と自分は考えています。他の事柄にも応用は利くと思います。
Commented by KOSE at 2017-07-27 08:54 x
さっそくのご説明ありがとうございます。

自分のタイプ考えて、色々やってみます。

むか~し、先生の説明が実は過去に先生が言われたことをそっくりに言っているだけで実は先生違った様にやっていたことが判明。先生、自分は言った通りやっているとばかり思ってたそうです。

それからはきちんと自分で考えて納得してやるようにしています。

こう言う新しい理論で、物事が一把一絡げで片づけられず、新しい見方で改善するこは良いことだと思います。
Commented by kennoy-mini at 2017-07-27 14:33
自分の大学時代の先生は一番初めに「私はチェロは教えられない、でも自分が経験したことを伝える事はできる」と仰っていました。ある意味その通りで、感覚というものは本人にしか答えはありません。全てはヒントなのでしょうね。
by kennoy-mini | 2017-07-19 03:54 | その他雑感。 | Comments(6)