自分的本戦展望(1)まず守備から。

HDDを整理していたら14年ブラジルW杯のアルジェリア対ドイツの試合の録画が出てきました。決勝T1回戦ですね。そう、アルジェリアの監督は・・・ハリルホジッチ。ドイツは優勝したチーム。そんなドイツに対しアルジェリアは守備ブロックを築きながらもときおり矢のようなカウンターを仕掛け、0-0で延長戦へ。延長前半に遂にドイツが先制。後半にも追加点を挙げましたが直後になんとアルジェリアが見事なクロスにヘディングで反撃。反撃ムードですが時間切れでドイツが2-1でベスト8に残った試合でした。

これを見ると・・・「サッカーは守備の方が大事では」という事。世の中は昔から攻撃の布陣や戦法ばかりですが、例えば90分のうちに攻めている時間はざっくり50分以上としても40分は守っている事に。そのうち数回ミスすればすぐ失点する事を考えても、また全体のリズムのためにもまず守備布陣から考えるべきと思うのです。攻められてルーズボールを拾えばチャンスにもなりますし。

日本は10年南アフリカでは直前に岡ちゃんが守備的な戦術を取り本田の1トップという今までやっていなかった布陣を急造、カウンターの布石に松井等ウィンガーを配置。結果、決勝Tに残りました。
02年はトルシエが「フラット3」なる守備ラインその他管理された(主に)守備布陣を敷き、でもメリハリの利いた選手起用で見事予選通過。決勝Tでなんとなくトルコに負けたのは本当に勿体無かった。が全体として成功例でしょう。
06年はジーコジャパンで初戦オーストラリアに先制しながらどたばたの逆転負け。トラウマになりその後もぼろぼろでした。
14年ザックJAPANも「歴代最も強いのでは」と言われながら初戦コートジボワールにこれまた逆転負け。2戦目もギリシャ相手に0-0、3戦目は新星ハメス・ロドリゲス率いるコロンビアにけちょんけちょんにやられました。

岡ちゃんが急に戦術を変えたときはがっかりしましたが、要は「相手に攻撃を思うようにさせないのがサッカー」でもある訳です。野球の「知らない相手はピッチャー有利」と同じ感覚。因みにコートジボワール戦の先制点は本田のミドルシュート的な急襲、最初の失点の遠因も本田のボールロストから。この頃から既にボールの失い方があまり良くない。そして2点とも右クロスからやられています。せめて2点目は絶対クロスをあげさせてはいけなかった訳です。

続きます。








[PR]

# by kennoy-mini | 2017-09-12 04:38 | その他雑感。 | Comments(0)  

ぬわ~!!

ずっとマークしていた(値下がりを待っていた)フルレンジが売れてしまった・・・
a0123978_04595222.jpg
「適価」って難しいな。

[PR]

# by kennoy-mini | 2017-09-08 05:00 | オーディオ雑感。 | Comments(4)  

祝・ハリルジャパン予選突破!

無事、というか見事な流れで本戦出場を決めました、日本代表。今回はハリるホジッチを無条件で褒めましょう!何故か放り込んでこなかったオージーを見事に2-0で完封。前半終了間際にジャガー浅野、後半に井手口(すまん、ほとんど知らない選手だった)が追加点。初めてオーストラリアにW杯関係の試合で勝ちました。次戦はサウジでアウェイというやばい試合だったので今回決めてよかった。

というか、あっけないくらい日本の理想的ペースでした。ボール保持率なんていいんです。試合を支配して勝てれば。乾はあまり画面には映っていない気がしましたが機能していたようです。その他、サプライズのスタメン起用が見事に当たりました。自
身の去就がかかった試合でこの勇気は見事でした。それにしてもオージーどうした・・・?





[PR]

# by kennoy-mini | 2017-09-05 01:53 | その他雑感。 | Comments(0)  

ローC。

職人は楽器のシェイプ、厚み、材料、その他で(つまり見た目の情報で)楽器の音や可能性がかなり判るようです。今までそれがどうしても信じられませんでしたが(弾かないのに判るか!!と)、、、最近は(そうかもしれないな)と思います。大人になった自分(笑)。

よくテノールの世界で「ハイC」とか言いますが(高いドの音をばっちりキメル!の意?)自分のなかでチェロの好きな「ローC」があります。C音はチェロの最低音(開放弦)なので音色音程は変えられません、楽器の素養とボウイング一発です。その「C」の中にどんな成分があるかが重要なようです。自分が求めるのは「ちゃんと一番低く聴こえるねいろ」。Cは周波数としてはそんなに低い音ではないので(古典のオケ曲ではコントラバスがチェロと同じ音を1オクターブ低く弾くので低いと錯覚する)特にオーケストラでコントラバスが休むと腰高に感じます。
でも、敬愛するベルリンスキー御大(ボロディンSQのチェリスト)の音はまるでコントラバスも一緒に弾いているかのような低い印象のねいろがします。「一人でオーケストラ」のような音です!なので「ローC」も本当に「チェロの最も低い音」らしく聴こえます。この要素が欲しいのです。Vnも自分の好きなG線開放弦の音があります。ヴィオラは・・・イマイチ判りません(笑)。




[PR]

# by kennoy-mini | 2017-08-31 02:36 | kennoy工房。 | Comments(0)  

ねいろはどこまで作れるか。

音楽を表現する上で、音色(おんしょく)、そして「ねいろ」は大事な要素です。自分の中では「おんしょく」と「ねいろ」は別で、「音色」は自分の中で作るもの、「ねいろ」は自分プラス道具(楽器ですね)。で、音色については横に置いておいて(笑)、ねいろです。ねいろは楽器(弓)に依存する訳で、弦楽器でいえば形、材質、年代、厚み、パーツ、弦、張力あたりでしょうか。この内奏者本人が後からチョイスできるのはパーツと弦と張力。一番難易度高いのは張力。未だに試行錯誤しています。

張力は弦の長さの他に太さ、材質、種類があります。弦はどのメーカーも大体ソフト、ミディアム、ストロングがあり、当然メーカーによって同じストロングでも張力が違います。自分は結構上2本、下2本を同じメーカーと同じ張力で揃えます。五度があいやすい、良い質の共鳴がしやすいからです。ところが、例えば1番線の強さを替えると4番線のねいろや倍音が変わる。2番線を変えると3,4番線のねいろが変わる、といった事がまま起きます。ヴァイオリンでは外側と内側の弦の強さのバランスでよく調整するらしいのですが、これが楽器の形やアーチ(側面からみた表、裏板の膨らみ)で合うタイプが読めるらしいのです。でもチェロはヴァイオリンほど楽器としての(形の)完成度が低いのでそのセオリーをあまり使えません。もうきりがないので普段はあまり探しにいかないのですが最近楽器に可能性が上がってきているので、今年は節目で弦の種類を替えています。自分の中に「理想のC線」(最低音)のねいろがあるんです。最近までそれに気付いていませんでした。オールドの楽器でないと出ないねいろだと思いこんでいたので。

それが最近、時折出るようになったんです。(えっ?)と思いましたが下2本の弦を職人のアドバイスでゲージの細いタングステンにしてからバランスが変わり、それだけが原因でありませんが時折出る。どうやらその「理想のC」は固有の倍音バランスなんだな、と判りました。ゲージを細くすると低い倍音は出にくいイメージがあったのですが、上2本との張力バランスの違いで変化が生じました。
もう約25年使っているのですが、張力バランスはまだつめられそうです。まさかでしたが。可能性を見出せる事は本当に嬉しい。まだまだ勉強です。






[PR]

# by kennoy-mini | 2017-08-30 08:12 | kennoy工房。 | Comments(2)