<   2017年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

ローC。

職人は楽器のシェイプ、厚み、材料、その他で(つまり見た目の情報で)楽器の音や可能性がかなり判るようです。今までそれがどうしても信じられませんでしたが(弾かないのに判るか!!と)、、、最近は(そうかもしれないな)と思います。大人になった自分(笑)。

よくテノールの世界で「ハイC」とか言いますが(高いドの音をばっちりキメル!の意?)自分のなかでチェロの好きな「ローC」があります。C音はチェロの最低音(開放弦)なので音色音程は変えられません、楽器の素養とボウイング一発です。その「C」の中にどんな成分があるかが重要なようです。自分が求めるのは「ちゃんと一番低く聴こえるねいろ」。Cは周波数としてはそんなに低い音ではないので(古典のオケ曲ではコントラバスがチェロと同じ音を1オクターブ低く弾くので低いと錯覚する)特にオーケストラでコントラバスが休むと腰高に感じます。
でも、敬愛するベルリンスキー御大(ボロディンSQのチェリスト)の音はまるでコントラバスも一緒に弾いているかのような低い印象のねいろがします。「一人でオーケストラ」のような音です!なので「ローC」も本当に「チェロの最も低い音」らしく聴こえます。この要素が欲しいのです。Vnも自分の好きなG線開放弦の音があります。ヴィオラは・・・イマイチ判りません(笑)。




[PR]

by kennoy-mini | 2017-08-31 02:36 | kennoy工房。 | Comments(0)  

ねいろはどこまで作れるか。

音楽を表現する上で、音色(おんしょく)、そして「ねいろ」は大事な要素です。自分の中では「おんしょく」と「ねいろ」は別で、「音色」は自分の中で作るもの、「ねいろ」は自分プラス道具(楽器ですね)。で、音色については横に置いておいて(笑)、ねいろです。ねいろは楽器(弓)に依存する訳で、弦楽器でいえば形、材質、年代、厚み、パーツ、弦、張力あたりでしょうか。この内奏者本人が後からチョイスできるのはパーツと弦と張力。一番難易度高いのは張力。未だに試行錯誤しています。

張力は弦の長さの他に太さ、材質、種類があります。弦はどのメーカーも大体ソフト、ミディアム、ストロングがあり、当然メーカーによって同じストロングでも張力が違います。自分は結構上2本、下2本を同じメーカーと同じ張力で揃えます。五度があいやすい、良い質の共鳴がしやすいからです。ところが、例えば1番線の強さを替えると4番線のねいろや倍音が変わる。2番線を変えると3,4番線のねいろが変わる、といった事がまま起きます。ヴァイオリンでは外側と内側の弦の強さのバランスでよく調整するらしいのですが、これが楽器の形やアーチ(側面からみた表、裏板の膨らみ)で合うタイプが読めるらしいのです。でもチェロはヴァイオリンほど楽器としての(形の)完成度が低いのでそのセオリーをあまり使えません。もうきりがないので普段はあまり探しにいかないのですが最近楽器に可能性が上がってきているので、今年は節目で弦の種類を替えています。自分の中に「理想のC線」(最低音)のねいろがあるんです。最近までそれに気付いていませんでした。オールドの楽器でないと出ないねいろだと思いこんでいたので。

それが最近、時折出るようになったんです。(えっ?)と思いましたが下2本の弦を職人のアドバイスでゲージの細いタングステンにしてからバランスが変わり、それだけが原因でありませんが時折出る。どうやらその「理想のC」は固有の倍音バランスなんだな、と判りました。ゲージを細くすると低い倍音は出にくいイメージがあったのですが、上2本との張力バランスの違いで変化が生じました。
もう約25年使っているのですが、張力バランスはまだつめられそうです。まさかでしたが。可能性を見出せる事は本当に嬉しい。まだまだ勉強です。






[PR]

by kennoy-mini | 2017-08-30 08:12 | kennoy工房。 | Comments(2)  

立ち読み。

久しぶりで「球王」を立ち読み。

300Bプッシュで現行球のブラインドテスト。ほう・・・。

B&Wのスピーカーでかぁ。

でもなかなか面白かった。

やはり良い音の環境は大事。

久しぶりにいじってみようかな。






[PR]

by kennoy-mini | 2017-08-27 23:53 | オーディオ雑感。 | Comments(0)  

本番のち、まわる寿司。

a0123978_138140.jpg
今年の新発田公演。対抗配置です。
(大人になるまで「大公配置」だと思っていたのは公然の秘密・・・)
盛況でした。おとなの音楽教室的なプログラムだったこともあり、なかなかテンションの高い内容。
ゲネプロでは運命の「じゃじゃじゃジャーン」の最初の「じゃ」で飛び出しまして(爆)
実はよくある事故ですが。本番はセイフティに、もとい、よく確認して出ました。
(昨日と振り方違うよね・・・)と後で元生徒と話しましたが
他に誰も出なかったということは自分が悪いということで(笑)。
いいんです、練習ですから!練習のうちに間違えとけ、が自分のポリシーです。

でも個人的には仕事しやすい指揮者でした。
ちゃんと「本番のために練習、打ち合わせをするタイプ」だったので。
結構いるんです、「練習のための練習」をする指揮者が。
それだと困るんです、本番にピークが来るようにやってくださると本当に助かるんです。
なのでいつもなら敢えてしない、重箱の隅を突くような質問をさせてもらいました。
結果的に聞いて良かったです。皆が本番で迷いなく出来たので。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
で・・・本番前は喫茶「2楽章」へ。
a0123978_1362767.jpg
a0123978_1364118.jpg
一年ぶりの来訪。以前頂いた資料のお礼を伝え、また色々話し込みました。

そして本番後は・・・ホールから程近くの寿司「一心」へ!
a0123978_137479.jpg
a0123978_1371658.jpg
a0123978_13741100.jpg
a0123978_1372998.jpg
沢山食べてしまいました。まぐろも日本ので美味。大トロの炙りが白眉でした。
何故か新潟店より美味い気がします。ネタは同じはずなんですが。
ウニは札幌で食べたし北海道産で値段も東京と同じだったので我慢しました。エライ!
実り多いツアーでした。






[PR]

by kennoy-mini | 2017-08-06 02:28 | 音楽雑感。 | Comments(0)  

山形の定例コース。

山形2日目、段取りの良い指揮者で練習が早く終わったので、(チャンスが来た!)と
お昼のみ営業の「梅蕎麦」へ。
大好きな蕎麦屋の一軒で、いつも大体「野菜天ぷら二色せいろ(大)」を注文します。
夏は「紫蘇切り」と普通の二色。

a0123978_1352366.jpg
a0123978_1353996.jpg
今回は当日の粉の都合で小麦粉がナントカ・・・と書いてあったせいか、
完璧ではありませんでしたがそれでも美味でした。
ちなみに大盛りにしなくても、食後の蕎麦湯が別でつくるとろっとろなものなので
これでお腹が結構膨らみます。
a0123978_1392622.jpg
ポタージュのようです。
その後は中心地のカフェ「シャンソン物語」でロイヤルミルクティを頂き(経営変わった?)
蔵王の大露天風呂を堪能し(お気に入りです)、
かみのやまの「宝亭」でまたも蕎麦を手繰り、偶然当日はかみのやまは花火大会だったので
花火を間近で観覧。その後クルマで新潟の新発田まで爆走(笑)。
新発田第一ホテルは・・・ノーコメント(笑)。
まぁ寝るだけだったからいいでしょう。






[PR]

by kennoy-mini | 2017-08-05 21:04 | 飲食雑感。 | Comments(0)  

久々のにく。

もう一週間前になりますが・・・山形に行きました。
一日目、練習後に元生徒を拉致って蔵王のふもと、味の園「楓庵」に。
(写真が足りなかったので以前のも使用)
a0123978_1342736.jpg
a0123978_1344689.jpg
a0123978_13571.jpg

久々でたべた塩カルビは絶品。片面のみ10秒焼きで食べます。
以前は5秒で食べていました(笑)、最近は自主規制しています。
ま、5秒でもいいんですが。夏ですし。
追加でタンも。これもすばらしー。
a0123978_1391294.jpg
二人で浴びるように肉ばかり食べました。満足。







[PR]

by kennoy-mini | 2017-08-05 20:50 | 飲食雑感。 | Comments(0)