<   2014年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

 

アンティークデビュー元年。

実はオーディオより長い、腕時計好き歴。

中学時代からF1の影響からか、TAG HEUER(タグホイヤー)が好きで、

(でもドライバーはマンセルが好きだった、笑)

4000シリーズをお年玉を貯金して買い(クオーツ)
a0123978_148459.jpg
大学の時にあこがれの6000シリーズを(自動巻)
a0123978_149613.jpg
これはまだ持っています。

去年ぜんまいが切れたようで・・・治さねば。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
そして遂に今年、アンティークの沼に足先をちょびっと・・・
a0123978_16273554.jpg


アンティークの世界は大変奥が深い上に色々「壁」がるので

(精度、防水性、頑丈さ、取り扱い、なにより状態)

ずっと踏み出すのを我慢していましたが・・・

仕事先近くであまりの状態の良さと自分のツボを押さえたものに出逢ってしまい((笑)

「店」というより「自分の趣味」な店主だったので信用できる!と直感。

踏み出してしまいました。

メンテも思ったよりずっと安くて安心。

お気に入りのコレ
a0123978_225426.jpg
インペリアルというメーカーのクロノグラフ。

a0123978_4294483.jpg
ムーブメント(キャリパー)は番号は不明ですがヴィーナスです。

1950年代とは思えない綺麗さと存在感に、完全ノックアウトです。

~
[PR]

by kennoy-mini | 2014-12-27 16:30 | 時計。 | Comments(5)  

恒例の・・・。

先日のことですが、津で仕事があったので、三重といえば・・・
という事で寄らせて頂きました!soundbox邸。

ああ、オートグラフが欠けた写真だ・・・
a0123978_030542.jpg
アナログプレーヤーが・・・
a0123978_0332095.jpg
a0123978_034215.jpg
増えた!!ガラードです。

今回はこっちが大活躍
a0123978_0351042.jpg
僕が755Cを入手したのをboxさんは予めご存知だったので、
同じ?ユニットが入っているランドセルも中沢山聴かせて下さいました。
アンプにはおNEWのSV2300LMも。2A3で鳴らされているそうです。
プッシュプルですね。僕もいつか欲しい、プッシュプル。

SCORE教授もですが、box師匠も「この音源ならこのスピーカー(アンプ)で聴きたい」という
明確なイメージがあります。
僕にはそこまでの拘りはありません。
本業ではなんとなくあります、この曲ならこのホール、楽器、弓で弾きたいという感じ。
オーディオではそこまで「この音でなきゃ!」というのは無いので、
とても参考になります。切り替えて頂くと、確かに分かります。

自分にとって、大きいスピーカーは「大きなホール」というイメージです。
ホールは自分では(普通)所有できないので、だから大きなスピーカーを
自分は欲しいとは思わないんだ、と気づきました。
20cmや25cmくらいが自分には程よいです。

その後も・・・
a0123978_1362434.jpg
a0123978_1365632.jpg
a0123978_139172.jpg
a0123978_1373378.jpg
くうがサンと「時計サミット」開催!
a0123978_1381069.jpg
色んなことがあり、夢のような2日間でした。

boxさん夫妻、いつも本当にありがとうございます!
[PR]

by Kennoy-mini | 2014-12-24 01:40 | オーディオ雑感。 | Comments(6)  

ユニット入れ替え!

ようやくランドセルのユニット入れ替えを敢行しました。
a0123978_230245.jpg
a0123978_2304684.jpg
a0123978_2311319.jpg
a0123978_2315073.jpg

一時的に入れていたALTEC CD308-8AからALTEC 755Cへ。


結果は・・・大満足!!まるでデフォルトの組み合わせのようです。
平面バッフルではバランスが少し難しい755Cでしたが、9tの効果もあるのか
全く問題のないバランス。寧ろ少し低域が多めな位です。
少し平面的に音が並ぶ印象の308に較べ、ちゃんと空気表現、ねいろも良い。
これで完全に固定しようと思います。ここがベスト。



<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<
ALTEC 755CとLM755Aの違いですが(ランドセル時)、なんというか・・・表現方法というか描くものが違う印象です。ただ容積がランドセルはかなり狭いので、755Cの方が(経年で動きやすいというのもあり)音楽がメリハリ良く伝わります。ねいろ自体はLM755の方が(特にクラシックでは)良いのですが。755Cだとちょうどチェロの下の音域あたりでブゥンと共振??して芳醇な響きを出します。ランドセルの存在としてはもしかしたらヴィンテージユニットの方がなんとなく合っているかも。755Eや409B、その他欧州ユニットでも聴いてみたいものです。
[PR]

by kennoy-mini | 2014-12-23 23:24 | オーディオ雑感。 | Comments(2)  

色々な意味でいそがしい。

色々ネタの時系列が崩れていますが・・・仕事で津に行った際に四日市のsoundbox様宅に寄らせていただいたりしました。詳しくはもうsoundbox様のブログでUpされていますが、こちらからじゃまた後日に。現在は怒涛の第九週間が始まっており、26日の大阪公演まで続きます。今回は初めての指揮者ですが、かなり速い。日頃いろんなテンポの第九に対応していますが・・・結構弾けるギリギリの箇所が((笑)。最終日まで油断なりません。まぁ、いいことか。
[PR]

by Kennoy-mini | 2014-12-20 10:57 | その他雑感。 | Comments(0)  

色々・・・

mc-3が終了、mc-3+になる(値上がり)ようですね。最近は定番商品が急に生産打ち切りになったりすることが世の中的に増えたので油断なりません。物価もじわじわ上がってきているので、厳しいなぁ。為替の都合もありますしね。
[PR]

by kennoy-mini | 2014-12-19 12:10 | オーディオ雑感。 | Comments(0)  

8インチ。

平面バッフルに使う8インチユニットですが、とりあえず409Bにしました。出音のバランスがいいのと、音が少しマイク(ステージ)に寄る感じが気に入ったので。面白かったのは409Bに限り、自分のバッフルでは前付けの方が音がよかったでした。その他のユニットは皆後ろが良さそうでした。755系はフレームの穴が小さいので多分それが悪さをしているんでしょう。
また、755C、LM755A、409Bで衝立や天板の位置を変えたくなります。409Bだと上を塞がなくても充分いけます。755は少し塞ぐといい感じ。755Cはランドセルに入れ、思い切ってビンテージ色にしようかとも思っています。
[PR]

by Kennoy-mini | 2014-12-09 21:56 | オーディオ雑感。 | Comments(0)  

初コール。

先日のことですが、聴いてきました。
a0123978_6342134.jpg

あの有名な「アンフォゲッタブル」を聴きたくて、ブルーノートでの2日目公演に行ってきました。
最初にバンドメンバーいよる前座的なものがあり、数曲弾いたのちに、後ろからコールさま御見参。
その歌は(恐らく波乱な)人生を刻まれた声に感じました。

声や歌も素晴らしかったのですが、修羅場をくぐり抜けたものの持つ独特な空気がとても印象的でした。
なんというか・・・夢の中の人のような空気。
容姿は・・・失礼ながら欧米にはよく居そうなオシャレなおばあちゃん((笑)。
でもその存在は、取り巻きも多い雰囲気からも大きさがわかります。
そして場も半ば、するするとスクリーンが降りてきて・・・父との共演。
不勉強ながら知らない曲でした。場は大盛り上がり。

そして・・・最後かアンコールで再びスクリーンが・・・
そう!あの「アンフォゲッタブル」。
ああ、来てよかったな・・・と、場にいた大半の人が思ったことでしょう(笑)。
自分も大満足。

因みに一緒に行った彼女が一言、「ウチで聴いたオーディオの方がいい音だったね」
そ、それは・・・なんという事を((笑)。確かにブルーノートのPAシステムは・・・
微妙というか、若干雰囲気に欠けるサウンドではありました。
おお、こわ(笑)勿論コールさまのせいではありません。
帰宅後、父ナットキングの歌声をまた堪能。父も本当に美声ですなぁ。
良い声は何にも代えがたい武器ですね。
[PR]

by Kennoy-mini | 2014-12-07 23:15 | 音楽雑感。 | Comments(4)  

コンサート、無事終了!

a0123978_530319.jpg
直前までばたばたでしたが、なんとか終わりました。ここを通じていらしてくださった方に本当に感謝します。

手前味噌ながらなかなかな出来になった気がします。久し振りの仲間は着実に経験を積んでいて、練習では一切しなかったようなアプローチをしてそれに応えあったり、打ち合わせとは違うテンポで弾いたり。それぞれがそのときに感じた「直感、本心」を楽器(演奏)を通じて表現し、結果かなりの化学変化がおきていた気がします。自分も前日に楽器を良い状態に調整できたおかげもあり、一人ではだせないような音(響き)を出せた気が。こういうときに限って録音はしていなかったりするんだようなぁ・・・ま、そんなもんです((笑)。トータル80分くらいの長い曲をお客様も素晴らしい集中で聴いてくださり、良い空間でした。流石にくたくたになりましたが((笑)。

歓談でも皆様からなかなかよい反応を頂きましたが、なかでもrockyさまの「バッハもまるで現代の音楽のようですね」というような言葉がとても嬉しかったです。

勿論古典なので調性こそあるのですが、対位法(簡単にいうとメロディと伴奏ではなく、声部が複数ありそれぞれが対等なつくりの音楽技法)とマニアックな数学性(バッハは数字遊びが大好き)は、実は現代音楽とも大いに共通しています。複数人数で弾く時はこの「対位法感」を出すのが難しいのですが(ついメロディックに歌いすぎてしまう)今回はその点でも健闘していたと思います。
しかしバッハは本当に凄い!!ゴールドベルク変奏曲自体についてはまた書きたいと思います。
[PR]

by Kennoy-mini | 2014-12-06 07:40 | 音楽雑感。 | Comments(12)  

12/5コンサートします。

告知が遅くなりましたが、来る12月5日(金)にコンサートをします。今回は室内楽、弦楽三重奏です。場所は前回自分がリサイタルをしたところと同じ、渋谷ヒカリエから徒歩10分ほどのラトリエというサロンで、19時開演。全席自由で3000円也(学生2500円)です(後日チラシをのせます、今日は日時の告知のみ)
a0123978_6263040.jpg

a0123978_6264544.jpg
a0123978_6265898.jpg



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
曲ですがバッハのゴールドベルク変奏曲(弦楽三重奏版)1曲のみですが、全部繰り返しをするのでかなりの聴き応えになると思います。この曲は最初にアリアのテーマを提示し、30もの変奏を経てまた同じテーマを弾いて曲を閉じます。その中に沢山のドラマがあり、人生さえ感じます。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
チケットですが、チラシの番号に問い合わせでも大丈夫ですが、以前と同じくこの記事のコメント欄に(非公開コメントにチェックを入れて)フルネーム、ないしは指定ネームと枚数(たとえばケンノイミニ 2枚希望、みたいな)入れて下されば、こちらで予約としてチケットを当日精算扱いで確保いたします。キャンセルの場合はなるべく前日までに(当日昼もコメント欄チェックしますね)コメント欄にお知らせ下さいませ。

ぜひ、お気軽にいらしてくださいませ。
リサイタルで大好評だったドリンク関係は検討中(笑)。1ドリンクつけるかもしれません。
[PR]

by kennoy-mini | 2014-12-03 06:31 | その他雑感。 | Comments(16)