<   2014年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

色々整理(整備)。

去年は楽器関係の整備にかなり追われました。おかげさまで一段落したので今年はオーディオの整備/ラインナップ見直しに着手しようと思います。

オーディオ関係は、やっとランドセルスピーカーがかなり解れてきたので追加していた吸音材(フェルト)を撤去、みとこさんプリにしたら更に素晴らしい音に!なのでランドセルはWE球アンプのラインナップで統一しようと画策しています。プリに関してはこばさんにもこないだプリを作って頂いたので近々まとめて聞き比べして、適材適所を割り当てようと思います。資金があればVT52以外でもWEの高くない球を使ったパワーアンプをオーダーしたいですが、(VT52アンプ含め)これは来年、再来年かな。3Lz(HPD295、箱はtannoyオリジナルだがバスレフポートに綿が詰まっている「チェービニング」というタイプ)はあまり聴く機会も少ないので放逐も考えています(エッジも元気だし、高く売れないかしら(笑))。良いスピーカーなんですがあまり音楽だけ聴く時間が少なくなってきたので、今の自分には宝の持ち腐れ。オートグラフミニ/WEランドセルレプリカ/自作平面バッフルがあれば十分。ただ、とある20cmフルレンジユニットはC~Eの中古お買い得品辺りを限度になんとなくウォッチしています。

楽器はオーバーホール 後1年半経ち、安定期に入りました。当初は音が締まりまくり、かなり閉口したのですが駒を柔らかい材にした以外はひたすら時間が経つのを待ちながら使い続けました。実は弦も妙に劣化が早くて困っていましたが、知り合いに「OHした楽器はしばらく弦の消耗が早いよ」とアドバイス頂いてからは鈍感力を身につける方向に持っていきました(笑)。代わりに常日頃から(どうやって楽器のまだ動いていない箇所を動かすか)を意識し、中でもスクロール(糸巻き部分)とネックを動かすボウイングがある程度できるようになってから、みるみる鳴ってきました。ネックとスクロールは力づくのボウイングでは絶対動かないのでコツが必要・・・これ以上は企業秘密かな(笑)。まぁ自分だけの感覚ですからどのみち説明不可能ですが。
[PR]

by kennoy-mini | 2014-07-24 16:35 | オーディオ雑感。 | Comments(3)  

W杯、終わった。

W杯、終わりましたねぇ。今回は本当にほぼすべての試合が面白かった。3位決定戦でさえ。開幕戦からクロアチア対ブラジルという好カードでしかもネイマールが決めるという・・・。ネイマールは噂では聞いていましたが、間違いない「ホンモノ」ですね。すばらしいです。西村主審は正直、フレッジの巧妙なプレイに少々欺かれたきらいはありましたね。PK判定騒動は残念でした。その他オランダにぼろぼろにされたスペイン、初戦負けると通過率8%という圧倒的不利データを前回優勝のスペインに続きひっくり返したギリシャ、コスタリカの見事なラインコントロール、本当にうまかったコロンビア、怪我したディマリアやさらに言えばテベスを召集していればわからなかったかもしれないアルゼンチン、ブラジルに歴史的大敗を浴びせて優勝したドイツ、そのドイツを一番苦しめたガーナなどなど。本当に堪能しました。

日本は・・・あまりにも残念でした。コンディション、采配、流れ、守備、そして単純な攻撃・・・とにかくすべての悪い面が出たような。ザッケローニはこれで4年後W杯をどこかで指揮したらきっと良い監督と采配をできると思います、今回は見通しが甘すぎた。まだまだ日本のようなチームには「予選突破請負人」的な監督でないと本番は厳しいのかもしれません。まさか左サイドであれだけけちょんけちょんにされるとは。
[PR]

by kennoy-mini | 2014-07-17 03:45 | その他雑感。 | Comments(0)  

Tさま宅訪問。

先日、Tさま宅で真空管オフ会があり、自分も参加させていただきました。Tさま宅は以前自宅改装前に伺ったことはあるのですが改装後は初。リフォーム関係のお仕事をされていることもあり、新しいオーディオルームはそれは見事なものでした。というのもスピーカーがオリジナル箱のオートグラフ。すばらしい音なのですが、調教もすばらしく手がかかるらしく・・・(笑)SOUNDBOXさんやSCOREさんなどのオートグラフ使いのエッセンスをおそらく参考にされつつ、ばっちり「対オートグラフ専用部屋」を作られました。今回は発起人の大橋さんはじめ参加者も多かったので自分は「受講者」というより「聴講者」のような状態でしたが、それでもキット屋フラッグシップアンプによるオートグラフの音はまた見事でした。なんかCD持参すべきだった~!!

途中から大橋さんが持参したSV-2300LMが、この日は大活躍。まだ発売前のアンプかつ300B(2A3切り替え可)プッシュプルアンプにしては手ごろなアンプなので皆さんの本気度が・・・(笑)。ざっくり説明すると6C6→6SN7→300B(2A3)の交流点火プッシュプルで自己バイアス(ハムバランスは手動で)。ヒーター切り替えはレバーひとつ。6SN7差し替えではほとんど音に変化はでないらしい・・・

~という感じのアンプ。当日もオートグラフを見事にドライブしていたのですが、面白かったのは300Bと2A3の差し替え試聴。部屋やソース、管自体にも拠るのですが、弦楽器の実体感が強かったのは2A3の方に自分は感じました。「300B党員が何を!」と言われるかもしれませんが(笑)、そう思ったんだもの。確かにふくよかな300B、比較的クールな2A3というキャラはあったのですが、自分がただただ実体感だけを求めた印象は、2A3の方に軍配が上がりました。何度か差し替えて頂いても印象は変わらず。初めてじっくり聴いた2A3という球にとても好印象でした。

またTさまのお宅には機会あれば訪問させて頂きたいなと考えております。というのも前回訪問時に728スピーカーに内心ノックアウトされていたので。もう一度あの音は聴いてみたい!あれは自分の好みにどストライクでした。
Tさま、ありがとうございました!!
[PR]

by kennoy-mini | 2014-07-17 03:18 | オーディオ雑感。 | Comments(2)