<   2013年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

あたかも・・・。

受験は・・結局「1勝1敗」。ほぼ想像通りでした。でも二人とも形にはなったので一安心。
高校3年間は演奏者としては極めて大事な時間なので、是非頑張って欲しいと願う・・・
と思っていたら引き続き指導を頼まれました(笑)。
信頼されるというのは新たなモチベーションをうみますね。

最近はちゃんとSV-91Bの電源が入っています、でも聴くのは殆どグールドかグラッペリ(笑)。
でも91Bで聴くとカーステや他のシステムでは気づかなかった事がわかります。
更に整流管をWEにすると・・・開場/ステージ、手元の雰囲気がよく分かります。
422にしたり274にしたり・・・残念ですがWEと並ぶものは今まで出会ったことがありません。
STC4274が唯一、ちょっと違う毛色ですが並びうる質に感じますが。
なので最近は「隠れた名整流管探し」は辞めました。


ちゃんとBOX師匠、SCORE教授が
自発的に調査してくださるしぃ(笑)


ただ、WEと較べなければ良い整流管は沢山あると思います。
直接比較をしなければそんなに気になりません。
較べると・・・やはりWEの勝ち、となる事が多いので、最初からWEに逝くこばちゃんさんは
ある意味「最短ルート」。賢いと思います。
ただ、それももう完全にふつうには手が出ない値段になってきていますね。
もうこれからの入手はキツイなぁ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
最近、演奏もですが「あたかも~」をテーマにしています。
あたかも、その場でその曲が生まれたかの様に弾く(ことが出来れば最高)。
あたかも、その場にいたかの様な音が出るようにオーディオを鳴らす。
そのための手段を選ばない、最適な選択を。
そのための追い込み、仕込みを心がけています。
[PR]

by kennoy-mini | 2013-01-27 18:58 | 音楽雑感。 | Comments(15)  

後は待つだけ。

今年度は2人、音楽高校受験生を教えています。
今日、ようやく最後のレッスンを。後はあさっての高校受験日を待つのみ。

最近思うのは「人間、演奏する際気にかける課題は多くてもせいぜい3つ」という点。
後は感覚、本能、集中に任せた方が良い結果を生むと感じます。

言いたい事は沢山あるが3つに絞らないといけない、これが難しい・・・
でも、人生をかけた演奏を垣間見るのはなかなか面白いです。
人生に必死なニンゲンにしかできない音楽ってあります。
[PR]

by kennoy-mini | 2013-01-20 22:06 | 音楽雑感。 | Comments(8)  

ローズ色々・・・

ローズウッドの定義や種類は大変多いそうです。
バイオリン族よりギターの方がローズはメジャーな材。
うちにある「ローズ」と言われるものも色が色々・・・

(その1)
a0123978_6295764.jpg
(その2、これはインドローズ)
a0123978_630143.jpg
(その3)これは橙に近い茶色です。
a0123978_6302945.jpg
(左がその4、右その5)
a0123978_633630.jpg
(こちらも同じその4。光の種類、加減で色がこんなに違くみえます。70g)
a0123978_6343895.jpg
a0123978_634511.jpg
(その5も。結構赤い。これが一番軽くて68g。今まで使用した同型の最大は78gでした)
a0123978_636917.jpg
a0123978_6362484.jpg


(その6)
a0123978_6425145.jpg
これが問題。何故というと・・・歴代最重量、86g!セオリー無視なのに音/反応抜群!!
普通黒くて軽いのが良い、重いのは反応がちょっと重たくなる筈、なのに・・・。
何故だ・・・えらく黒いし。でも黒檀ではない。
ローズじゃなくてアフリカンブラック系なのか?
a0123978_6431642.jpg
でもよく見ると赤っぽいから・・・ローズなのか??
それとも???
a0123978_6434877.jpg
その5と並べると・・・その差が歴然。
a0123978_641333.jpg
a0123978_6452586.jpg


その他、巷にはこんな色のローズも・・・
a0123978_6493162.jpg
a0123978_6512079.jpg
調べたら・・・これ全部ローズと呼ぶそうで・・・
a0123978_6521023.jpg


自分が聞いたのは「目が詰まっていて黒くて軽いのがよい」と聞いていました。
今までは大体この法則できましたが・・・この「その6」86gが何故か良いのです。
重いのに反応が速く、音跳びが良い感じ。

真っ黒に近い位黒い。メーカーは「ローズ」として販売。
普通、この型の重いの75~78gくらい。
今までの経験では、重いのは少し柔らかめで赤い部分が多いのが大方。

・・・分からなくなった(笑)。
まぁつけて音が良かったら、それでOKでいいんですが・・・
これだけ目方が違うのは、やはりローズでもちょっとアウトローな材料なのか?

ローズでググるとブラジリアンローズ(ハカランダ、バイア・ローズウッド、
リオ・ローズウッド)が最高級で、ほぼ入手は絶望的。
ホンジュラスローズもあまりなく、最近はインドやマダガスカルその他が多いようです。
いつかブラジリアンローズ材を入手して、特注でテールピースを作ってみたい・・・(涎)
[PR]

by kennoy-mini | 2013-01-13 09:29 | kennoy工房。 | Comments(10)  

パーツ屋。

こんばんは、パーツ屋KENNOY工房デス(笑)
a0123978_6281348.jpg
これはヴァイオリン用のテールピース。ローズウッドです。
東京近郊の友人に頼まれまして・・・
a0123978_621159.jpg
多分、いい材料だと思います・・・今回は見立てがちょっと不安。
a0123978_6265298.jpg
a0123978_629258.jpg
チェロは目方や色あいにでやすいのでわかりやすいんですが。

ローズウッドは定義が広く、また産地も色々あるので自分みたいな素人には
非常に良し悪しが難しい木材です。反応もツゲよりちょっとだけ重たいです。
でも、ローズはとても良い(深い)音がするんですよね。
未だに分からないのは目方。黒い方が良い、というのはわかるんですが、目方が
重い方が詰まっていて良いのか、軽い方が良いのか・・・???

対してツゲやフェルナン(弓の材)は反応重視。
一時期フェルナンは演奏家同士で大流行しました。
自分も通算で結構試しました。木材なので1個1個違うんです。
a0123978_6362032.jpg
その後だいぶ処分して、現在は1本。それも予備。
反応の鈍い楽器にはとてもよいのですが、速い楽器には反応が速すぎて
逆に音にタメ(深み)が感じにくくなります。
また、木材なので二つと同じものが無い。最後は結局、相性。
そして材は大抵、良いものから消費されていく・・・
なので複数ストックせざるをえない(笑)

VnやVa用も、試しに買ってみたら・・・
a0123978_6443124.jpg
a0123978_6444087.jpg

案の定友人達に需要があり、既に半分捌けました。ほぼ仕入れ値で譲っていますヨ。
普通演奏家は駒やテールピースまでストックしたりはしないんですが・・・
最近レヴェルの高い材料が、昔より出ないんですよね。
また、職人さんもやっぱり人や楽器のランクに合わせて良い材をあてがいますし(まぁ人情ですよね)。
またお店の駒やテールピースのストックはそれなりにローテーションするので、
良い材のストックが無い場合もあります。
ならば・・・自分で持ち込めば文句はあるまい!

ただ・・・ほどほどにしないとね(笑)
[PR]

by kennoy-mini | 2013-01-11 19:15 | kennoy工房。 | Comments(6)  

昨日の夜食・・・

友人からわけていただいた、えいらくの翡翠麺を・・・
a0123978_1961932.jpg
中華街のほとんどの店に「粉モノ」を卸しているといわれるえいらく製麺所。
メンマなどは去年食べてしまったので素麺でしたが・・・美味い。
生麺なので、ちゃんと傷みます(と書いてある)。
冷凍していたのをほぐして。
本気でほぐさないと、だまになります。
お湯とスープ湯は必ず別に!かなり湯が粉に染まりますから。

a0123978_1975774.jpg
美味、美味。
[PR]

by kennoy-mini | 2013-01-03 19:10 | 飲食雑感。 | Comments(10)  

謹賀新年。

a0123978_17134864.jpg
年越しは・・・なんとなく練習をして
(いつもは年末年始は仕事さえなければ数日は弾かないのですが)
だらだらと年をまたぎました。

普段あまり弾かない曲などをさらい、風呂入って寝・・・昼起床。

お雑煮を6個餅を食べ、只今コーヒータイム。

平穏が一番幸せ。


今年も宜しくお願い致します。はっぴーにゅーいやー。
[PR]

by kennoy-mini | 2013-01-01 17:18 | その他雑感。 | Comments(18)