<   2012年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

 

訪問。

先日大阪出張の折に日本人製作家の岩井さんのお店にお邪魔しました。
http://www.d1.dion.ne.jp/~luccio/home1.html
友人が岩井さん製作のチェロを使っていて、その修理の「運び屋担当」。
仕事が大阪だったので帰りに寄った次第。
高槻駅近くです。

お店の中は・・・ご自身の作品群!
a0123978_18193983.jpg
a0123978_181950100.jpg
自作のリュート・マンドリンもあります
a0123978_1820115.jpg
a0123978_18201098.jpg
コンバス、装飾チェロも!
a0123978_19202686.jpg
a0123978_19204527.jpg
現代では特に需要のない装飾楽器ですが、昔は王様への献呈用に結構ありました。
音は・・・変わりません(多分)。

HPを見てもなんでも作れるかたらしく・・・
a0123978_19114091.jpg
a0123978_19121999.jpg
音は聞きそびれましたがSPも。

それ以上にびっくりなのは・・・
a0123978_19131639.jpg

a0123978_19132712.jpg
a0123978_19133754.jpg
メガネは「レンズだけで結構です」といってもなかなかフレーム無しで売ってもらえず
苦労したそうです(苦笑)

極めつけ!これはすごぃ!
a0123978_19155531.jpg
a0123978_1916567.jpg
a0123978_19161439.jpg
a0123978_19162113.jpg


少しお話も伺ったりチェロを弾かせてもらったりしました。
「材を乾燥させる際に適度に気象にさらしてあらかじめ動かす(材を甘やかさない)と、
作ってからあまり動かない」
「製作者51%、材料の良し悪しと組み合わせの妙が残り」
「正直、経年変化には勝てない・・・どんなに古い材で作っても最初は新しめの音」
など、興味深い持論をお持ちでした。
色々な修羅場をくぐった仙人、にみえました。

確かに単純に精巧さではいまや日本人は優秀ですし、道具は現代の方が有利。
本場クレモナにはセンスの良い製作者も何人か。
良い材料の仕入れ先も・・大体同じ(産地が同じですから)。
楽器の型も情報の世界との距離が近づいたことで共通化が進み、個性が平均化される昨今、
どこで個性(差)が出るかといえば・・・材の組み合わせ、という訳です。
表のスプルス(トウヒ、松系)、裏板他のメイプル(カエデ、楓も種類が沢山でしょう)、
相手は木材ですから種類は同じでも堅さや木目、繊維方向のねじれなど
組み合わせは無限。

a0123978_19474247.jpg
(203年の年輪、という事だそうで・・・自然の偉大さを感じます)

いやぁ、勉強になりました。
また来週あたりに友人と再訪問となりそうです。
[PR]

by kennoy-mini | 2012-11-28 19:58 | kennoy工房。 | Comments(12)  

木目フェチブームなう。

a0123978_717773.jpg
綺麗な杢じゃのう・・・

よし、東京メイプル(楓材)ショーといきますか。
今回は全部カエデです。

(駒はフランス語でシュバレ、イタリア語ではポンティチェリ、英語ではブリッジ)


オーベルト デラックス①
a0123978_1513259.jpg
a0123978_1513911.jpg
a0123978_1515114.jpg
a0123978_1515774.jpg
a0123978_1531917.jpg
オーベルト デラックス②
a0123978_153671.jpg
a0123978_153395.jpg
a0123978_1534788.jpg
デスピオ スーペリオ
a0123978_1543129.jpg
a0123978_154419.jpg
a0123978_1544832.jpg
オーベルト ラックス
a0123978_1553774.jpg
a0123978_1554584.jpg
a0123978_1555621.jpg
a0123978_156213.jpg
ミロスタム ロイヤル①
a0123978_1582833.jpg
a0123978_1585566.jpg
a0123978_159721.jpg
a0123978_1591456.jpg
ミロスタム ロイヤル②
a0123978_203455.jpg
a0123978_204458.jpg
a0123978_205052.jpg
各社なんとなく雰囲気違います。
吟味した甲斐あり、写真にするとナカナカ絵になる・・・
(どれから使おうかな・・・)と妄想する楽しい毎日。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
a0123978_722622.jpg
現在使用中の駒。
悪くはないが、割と平凡な材なんですよね・・・
あまりオーラがない、というか。
まぁ音が良ければなんでも良いもんですが。
a0123978_77351.jpg
a0123978_733027.jpg
この足を楽器のカーブにぴたりと合わせて削るのが難しいわけで、職人の差が。
樹の特性をよく知っていないと・・・

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
おまけ・・・
a0123978_653019.jpg
同じカエデでも裏板に使うとこういう木目。
a0123978_6542785.jpg

a0123978_6562551.jpg
これは同じカエデですが樹の取り方が違います。
a0123978_773894.jpg
これはポプラ。
カエデより少し柔らかく、巧く使うとカンつき(堅い鳴り方)が抑えられて良い音がします。

ヴァイオリン族の裏板はカエデ・・・と相場が決まっていますが、
稀にポプラや柳などを使う場合があります。
駒に限っては9割(ほぼ10割に近い)カエデ、ごく稀にプラタナスを使う場合があります。
勿論同じカエデでも樹齢や産地、取り方など様々な要因で質、そして音が変わってきます。
上手な職人は樹と「会話」して、厚みや組み合わせを吟味していくようです。
[PR]

by kennoy-mini | 2012-11-28 01:50 | kennoy工房。 | Comments(14)  

大阪方面びーた。

クルマで行って参りましたよ!家のXトレイル(クリーンディーゼル6MT)
a0123978_0192088.jpg
後ろが本当にフルフラットになるので試しに布団を積んだら・・・
a0123978_4181170.jpg

寝れる(爆)敷布団さえちゃんと敷けば。
快適、同乗者も快眠だったようです。

次回は敷布団をグレードUPしよう(そこかい!?)
エンジンも快調。2千回転で110km出るようです。
3千回転で・・・(凄いそうです)
トルク万歳!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
大阪の本番はつつがなく終わり(盛り上がりました)、
翌日はまず京都、嵐山にてツレ(ニュアンスがふるい!)と待ち合わせ。
a0123978_4184213.jpg
a0123978_4185662.jpg
a0123978_4191264.jpg

a0123978_142846.jpg
a0123978_143591.jpg
原宿、表参道のような人ごみでした。
京都、高槻の楽器屋さんに寄って用事を済まして・・・帰りにお決まりのコース(爆)
soundbox師匠宅にお邪魔。
今回、ネタはコイツ。
a0123978_172342.jpg
ランブルのグリッドミルをコーヒー師匠でもあるbox師匠に分析依頼。
「ふむ、これは均一にひける」
「雑味がないね・・・」
「これは面白い・・・興味深い!」
a0123978_1101126.jpg
a0123978_110438.jpg


なかなか興味を持ってもらえたようです。
そして美味しいパンを頂き(食べすぎ・・・)、
楽しみにしていたペレーニ演奏のバッハ/ガンバソナタのレコードを聴かせて頂きました。
これはオーディオを始めるきっかけにもなったレコードです。
最上の音で聴かせて頂きました。

その後もだべったり、ちょっと演奏したりして・・・
とても楽しい時間を過ごさせて頂きました。
ありがとうございました。

box師匠のオートグラフは着々と解れてきています。
熟成って大事です。

Xトレイルは直進安定性が後一歩。
オケの人(以前所有)に話したら「タワーバーは効果あるよ」とのこと。
検討しようかな・・・
[PR]

by kennoy-mini | 2012-11-22 01:16 | Comments(8)  

初DPF警告。

今晩は久し振りで深夜爆走(SAで車中泊、爆睡)予定。
明日夜大阪(シンフォニーホール)でY響の夜本番、
あさって昼は友人に頼まれて高槻の日本人弦楽器製作家のところへ。
高槻はいったことないので他の予定を入れる勇気が出ず・・・。
帰りは月曜深夜か火曜明け方かしら・・・

Xトレイル(ディーゼルのMT)は昨日DPF警告ランプが。
フィルターが汚れすす払いをするのでしょうか。
暫く高速走行をするかボタンをおして10分ほどアイドリングするか、という作業。
なので・・・待乗り15km往復をを2、3速でぶん回して信号待ち中にボタン作業をしたら・・・
ビンゴ。敢えてわざわざ停車してアイドリング作業時間なしで済みました。
[PR]

by kennoy-mini | 2012-11-18 22:51 | その他雑感。 | Comments(4)  

パーツ屋KENNOY工房・・・。

すっかり「パーツ屋KENNOY工房」と化している今日この頃(爆)
遂にvnの駒まで・・・まぁ頼まれたんですけどね(笑)
vn駒は安いなぁ・・・チェロは高い。
a0123978_5331090.jpg
a0123978_5333763.jpg
a0123978_533468.jpg
これはプラタナス(スズカケの樹)

選別基準は正面の木目の雰囲気、机に落とした時の音、そして樹のオーラ。
後は・・・
a0123978_535298.jpg
サイドから見た時の木目(グレイン)。
こいつが縦にはっきり入っていると良い、と聞いたので。
自分の手持ちのを見ても、確かに・・・。
意外とそういう材は少ないです。木材ですからムラがあって当然。

ついでに頼まれていないヴィオラ駒まで・・・(爆爆)
a0123978_5392776.jpg
a0123978_5393756.jpg
これもはっきりとグレインが。
一つ、あまりグレインが分かりにくいのもありますが・・・
a0123978_5402747.jpg
その代わり凄く古材っぽいオーラが出ていたので餞別。
これで更にこのまま寝かせるともっと良い駒になるでしょう。
廉価グレードだとこんな感じ。
a0123978_5532952.jpg
a0123978_554293.jpg
まぁそんなに違わないといえばそうですが・・・あ、材料段階での経年は違います。なので良い材をシッカリ寝かせたら廉価グレードも良いのがあるでしょう。
実際は・・・つけてみてのお楽しみとなりますが・・・(笑)

数見ると・・・意外と伝わってくるもんです、素人(自分)でも。
[PR]

by kennoy-mini | 2012-11-18 00:31 | kennoy工房。 | Comments(4)  

フェア。

弦楽器フェア2012に行ってきました。
この弦楽器フェア、毎年11月頭に2~3日開催されていますが、覗くのは実質初めて。
1000円で何度も入場でき、生演奏も沢山あるので実は相当お得かも。
そして色んな製作者の楽器やオールド楽器を生で触れるチャンスでもあります。
真空管フェアに似ていますね。
アマチュアや愛好家の方が多い印象ですが、なかなかどうして面白かったです。

生演奏はプロの演奏家がプロの製作者の楽器を何挺か弾きます。
色々感じましたが・・・やはり音は製作者より演奏家の音が勝る。
それも7割は演奏家の音に染まると感じました。
そんな中でも楽器が変わると・・・正直音より奏者と楽器の関係が変わります。
チェロはサイズやツボが本当に変わるので。
また日本人の楽器は比較的中高音重視、外人は中低音重視の音作りに感じて
「へ~」と思ったり。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
で、戦利品。最近「ローズウッド教」入信中です(爆)
最近ローズも良い質が少なく・・・
今回はインドローズの中で厳選しました。
本当は黒っぽいローズが良いとされていますが・・・なかなかない、か高い。
チェロはパーツも面積(質量)があるのでパーツで結構ねいろ(鳴り)が変わります。
どれが合うかは・・・ケースバイケース。
要は試して「良い音が出たもん勝ち」。
パーツは替えられるので演奏家が出来る数少ない「調整」の一つ。
最近だいぶパーツと音のイメージが分かってきました。
a0123978_0393732.jpg
a0123978_0395887.jpg
チェロ用のペグ。業者価格&割引で結構安かった!
a0123978_040386.jpg
これはヴィオラ用。知り合いにローズを奨める(配ったり)ため。
ヴィオラでは音、変わるのかな・・・後は駒やミュートを。
弦は最近はI LOVE STLINGSという通販サイトが安いのでそこで。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
フェアとは関係ないですが、楽器の珍しい資料を。
a0123978_623788.jpg
削られる前のチェロ板。
a0123978_645634.jpg
ニカワで貼り付けて一枚の板となります
a0123978_613113.jpg
左が裏板(楓)。
a0123978_663728.jpg
削る前のネック。これはバーズアイ(鳥木目)ですね。
a0123978_683657.jpg
a0123978_674375.jpg
a0123978_64682.jpg
削った後。
a0123978_610278.jpg
これはパーフリングを入れる前。装飾やひび割れ保護の役割などがあります。
a0123978_6111411.jpg
ニカワを流し込み・・・
a0123978_6114996.jpg
a0123978_6122849.jpg
a0123978_6125274.jpg
こうなります。

知らなかったのが・・・
a0123978_6143755.jpg
ここから一度ヘリのニスを落として・・・
a0123978_6153830.jpg
こうなる!これは知りませんでした。
a0123978_618314.jpg
これは紫外線を当てて木目に深みを出す図。
a0123978_619887.jpg
駒は大抵ある程度既製品から作りますが・・・
a0123978_6194614.jpg
中にはここから起こしたり。
これは多分楓ではなくプラタナス(すずかけの木)ですね。
プラタナスの駒はまだ使ったことありません。
今回入手できたので何年か寝かせたら一度試してみたいと思います。
柔らかいが反応が良いとか。楓より少し重いです。
[PR]

by kennoy-mini | 2012-11-14 00:55 | kennoy工房。 | Comments(2)  

遂に来た、グリッドミル!!!

ようやく手に入れました、ランブルのグリッドミル!
密かに積み立てしてました(笑)。
そして誕生日にかこつけて、数日前に購入。
a0123978_1513964.jpg
重さは8kgくらいでしょうか。電車で持ち帰りました(爆)
a0123978_1514922.jpg
a0123978_2371353.jpg
a0123978_2372195.jpg
やはり結構粗挽き。湯の落ちも速いです。暫くは慣れが必要。豆の分量を研究しなければ。
a0123978_2382496.jpg
うん!凄い香り。いつもの3倍増し位。同じ「粗挽き」でも全然違います。
なんでも「豆の細胞、断面の気泡を潰さない」んだそう。

またレポートしますが、気分は最高です!
[PR]

by kennoy-mini | 2012-11-13 02:44 | 飲食雑感。 | Comments(8)  

「超一流」は気分屋さん。

久し振りの演奏会。
カルミニョーラを聴きに行きました。
BOX師匠のレポート
http://multi845.exblog.jp/17144356/
もあり、期待に膨らみます。

そうだ、写真借りちゃおう(爆)
(自分が行ったのは11/13津田ホールです)
a0123978_1192329.jpg
500円のプログラム・・・僕は買えなかった(爆)box師匠、今度見せて。
a0123978_1205549.jpg


コンサートはモーツァルトとベートーベンのソナタ。ピアノはフォルテピアノかな、バイオリンも半音下げてます。最初こそ(響きが少ないかな・・・)と思いましたがみるみるホールを音が満たしていきます。
本当に素晴しかった!「セッション」といいますか、会話というか。まるでその場でどんどん即興で音符が産まれるかのごとく。その点でジャズの様です。

アンコールは・・・はい、お約束(笑)。モーツァルト24番をまるまる弾きました。
そして更に・・・「もっと弾こうよ!」と言ったのか・・・カルミニヨーラは一人で出て行き、舞台裏でダッシュする足音・・・ピアニストが楽屋にピアノ譜面を取りに行った足音でした(笑)。その間、勝手にピアノを触って調弦したり、お客さんとコンタクトをとったり・・・超一流は気分がのると凄いな・・・と思いました。
音は本当にフルに五感を使ってゼロから作り出した音なのに、楽器を持つスタンスは日本人が箸を扱うが如く自然。あるときはかみそりのような、あるときは水のような、あるときは空気のような、あるときは森のような音でした。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
終演後、サイン会。
a0123978_137696.jpg
一応CDは買いましたが・・・
a0123978_1363956.jpg
たまたま今日買って持っていた新品駒にサインしてもらいました。

サイン、読めない(笑)。
12をアラビア数字で書いたのはなんとなく分かりましたが・・・。
将来楽器に使って「この駒、なんか書いてあるね?」と聞かれたときにしたり顔で
「カルミニョーラのサイン入りの駒なんだよ」と答えるのが夢です(笑)。

でもこの駒・・・使う勇気があるのか自分(笑)。
まぁどうせ数年乾かすつもりでしたが・・・
当分飾ります。
a0123978_1432279.jpg


ご満悦。
[PR]

by kennoy-mini | 2012-11-13 01:49 | 音楽雑感。 | Comments(10)