<   2012年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

 

意外な伏兵。

五輪におけるサッカーのことです。
なでしこはともかく(五輪で金とったら本当に凄い!)男子までも!
あのスペインに結構互角でやりあった末に勝ってしまった(笑)。

ただなでしこは守備に不安ありますね。特に試合中に修正できない悪癖を感じます。
頑張れ!
[PR]

by kennoy-mini | 2012-07-27 18:32 | その他雑感。 | Comments(0)  

うーん・・・

実は楽器の知識はゼロに等しいので、勉強がてら買ってよんでみました。

ヴァイオリンの名器と名曲
a0123978_7533233.jpg
入門的な本ですがそれだけに分かりやすい。アマティの製作時期1年違いの2作品比較などもあり、写真も綺麗なのでそれだけでも価値があります。あ、写真はヴァイオリンだけです(笑)。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
付録CDに、ヴァイオリニストの漆原啓子さんによるストラディヴァリとモダンヴァイオリンの弾き較べコーナーがありまして・・・比較対象のモダンヴァイオリンはヴォルマッジア・ヴィットリオ(1992製)とマリオ・ガッダ(1971製)。

Q1 どちらがストラド/ヴィットリオか?
Q2 どちらがストラド/ガッダか?
Q3 どちらがストラド/ヴィットリオか?
Q4 3挺試奏。どれがストラド/ガッダ/ヴィットリオか?

ヴィットリオは1992ですしモダン??新作扱い・・・という感じですが。ガッダもギリギリのモダンかしら。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
・・・正直に申しましょう。流石にストラドは分かりました。Q1は最初だし一度だけ聴きなおしましたが(笑)聴きなおして「こっちだよな?」というのはなんとか直ぐに。音、というより弾き手の気持ちになって、より感情表現移入しているのを見つけるのはそう難しくはありませんでした。

ただQ4の3択問題・・・ストラドはわかりましたがガッダ/ヴィットリオの答えが逆さま(苦笑)。しかも答えを確認(巻末に答え載ってる)した後に聴いても??うーん・・・

思うに・・・本には「この2挺は当日初めて弾いた」というようなことが書いてあったので、録音の際この2挺それぞれのよさを鳴らし分けるまでにはいかなかったのかな、と思います。要はストラドとの比較がメインですし。オールドは勿論ですが新作でもやはり鳴らし方(長所)はそれぞれ違ってきます。思うに、2挺を漆原先生が暫く(数日レベル)弾きこみ、その後に収録したら・・・相当な「超難問CD」になっていたと思います。超一流奏者ですから、直ぐにガッダ/ヴィットリオからストラド的な音の要素を再現できたんじゃないかな。

・・・な~んて。自分を擁護してみました(爆)う~ん・・・また聴いてみよう。
ともあれ、勉強になりました。
[PR]

by kennoy-mini | 2012-07-27 00:52 | 音楽雑感。 | Comments(6)  

今年最後の・・・(予定)。

何故か集まってしまった6SN7系。
球だけは後から集めるのは大変なので・・・
a0123978_1475427.jpg
英国系ですね。
前から一度でいいから聴いてみたかった球です。
a0123978_148298.jpg
a0123978_148425.jpg

これで今年の「球集め」は打ち止め予定です。
というか余計なストックは少しづつ放出、減らしていこうと思います。
6SN7も5692、ECC32、GEと変に王道ブランドが揃ってしまいました。
殆ど中古球ですが(笑)。中古じゃないと手がでん。
今回の6SN7系も・・・四日市試聴室送りになったりして(笑)。

こないだのキット屋フィリップス5R4GY販売は、ぐっと我慢できました。
「おとなになった・・・!」と実感した瞬間でした(爆)
[PR]

by kennoy-mini | 2012-07-26 01:46 | オーディオ雑感。 | Comments(10)  

NOS??

錦糸町の某ホール楽屋の自販機。
a0123978_6434626.jpg
あれ、OLD・・・??まさかのNOS??
[PR]

by kennoy-mini | 2012-07-23 00:43 | その他雑感。 | Comments(8)  

バッハの無伴奏。

ちょっくら東京を留守にしていました。
たまにはネットなしもいいもんです。

久し振りでみとこ先生の言葉のごみ箱」を開いたら・・・
http://www001.upp.so-net.ne.jp/EGU/gomibako.html


【ミーシャ・マイスキーはカザルスの演奏を聴いて
クレイジーと思ったそうですが
そのカザルスはマイスキーの演奏を聴いて
君の演奏はバッハとは無関係だね、といったとか。
私には両方クレイジーに聞こえますが。
もちろん褒め言葉です。
無伴奏チェロに関してはいろいろ持ってますが
みんな個性的ですね。
近年は懐古主義的というか
作曲当時の演奏の再現がはやっている感じですが
時代時代に、その時代により合った演奏が
行われて時代に合った解釈をされるというのが
クラシックの良さだと思います。
バッハのジャズもロックも私は否定しません。
いいものはいいのです】


~とありました。
カザルスの言葉は褒め言葉かは微妙ですが(笑)
マイスキーのバッハは確かにバッハと無関係かも。
ただ彼の「音符に生命を吹き込む才能」はぴか一だと思います。
これでなおかつバッハの音楽、精神性と関連があればよいのですけどね。
カザルスも好きなように弾いているように見えて実は
バッハに必要な要素が素晴らしく入っていたりします。

音楽家がバッハを弾くと、本当にその人の全てがさらされます。
恐い反面、同じバッハは2つとない。
コンクール等でバッハを聴いていても本当に面白いです。
[PR]

by kennoy-mini | 2012-07-22 16:56 | 音楽雑感。 | Comments(2)  

こ、これは・・・!!!

「あの3人」は知っているのかしら・・・
a0123978_9374173.jpg
a0123978_9374761.jpg

[PR]

by kennoy-mini | 2012-07-14 09:38 | その他雑感。 | Comments(16)  

さて、と・・・

今週来週でかなりの事が一段落。ぼちぼち頑張るか、といった流れです(笑)。

オーディオ関係は、なるべく新しい事に目を向けず、セッティングもそれほど凝らずに
使いこなし、場合によっては若干のリストラも視野に行こうと思います。
この数年間、真空管アンプが生み出す響き/倍音の正しさに魅了され、
そして随分耳が鍛えられました。ちょっと前まではあまり分かりませんでしたが、
今ははっきりと本業に活きているな、と感じます。
不覚にもTU870単体+kitLSで聴くチェロのCDで気づきました。

「これで必要な事が充分わかる」。

勿論mc3や192S、TL3Nなどの機器を使って聴く音は、それは素晴らしいです。
これは今でもかわらない。でも先のシンプル構成でもいいんです。
だったらシンプルな方がいい・・・とも思いました。
近くにscore教授も住んでるし(笑)。
時々オートグラフの音が聴けるのはとてもありがたいです。
昔の良い演奏、特に名指揮者の雰囲気は、やはり一番雰囲気がわかりますから。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
シンプルでいい・・・と言いましたがでもそれはいろんな世界、音を知って
自分の耳の「脳内補完」がかなり進化したんだと思います。
数年間どっぷりハマった経験は非常に貴重でした。財産です。
少しペースを落として、「音を聴く事」から「生み出す事」に回帰しようと思います。
・・・といっても今までも一応どちらもやっていましたが(笑)。

ただ、ここ数年の「本気度」は真空管>本業だったような・・・(爆)
お願い誰か、否定して下さい(笑)。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
・・・とはいえ、いつまたオーディオ熱が再燃するかわからないので(自爆)
引き続き興味ある球だけはケアします。
とはいえ・・・もうだいたい揃ったかな。
後は一部予備と、「とある球」位ですね。
しかも「とある球」はお金さえあれば入手経路を知っているので心配ありません。
あ、あとはオールドWE300B(笑)。これだけは難関ですが。
これも経路がないことはないので資金と「勇気」だけ。
まぁ復刻やナス、プライム4でもいいのですけどね。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
この一月、古めの楽器を御借りして弾いたり、逆に完全に新しい楽器を弾いたり、
自分の楽器を新しい着眼点で調整したり。
盛りだくさんでした。
道具が変わると気分も変わります。音の選択肢も変わります。
で、いざ自分の持ち物に戻ると新たな面が発見できる。
またどの楽器でも出る、自分固有の音も分かります。
それによって「自分自身」、ルーツを知る事もできる。
面白い体験でした。

楽器は道具といえども個性、人間性があるので(人の作ったものだから)
それを懐柔する場合もあれば懐柔される場合も。
(懐柔は良い意味でのです、他の言葉を探したんですが思いつかなかった・・・)
とても面白い勉強で、楽しいです。
何より相手は「木材」なので二つと同じ反応のものが無い!
完全にケースバイケース。
奥が深いです。
自分の楽器も新たな方向性/弾き方を見つけたので、先が楽しみです。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
・・・でも月末に我が家に来る、多分両親の「終の住処」・・・ならぬ
車が一番楽しみかも!来てみて印象が分かったら報告します。

僕・・・チェロのきっかけは「稼いでいい車に乗りたい!」が原点なんですよね(笑)。
小学生の頃の話ですが。
先生が嘘かホントか、「○○は1ステージうん百万だぞ」
なんてけしかけたりして。・・・騙された(笑)。

今は・・・目標は違います(笑)が、車はやはり大好きです。
好みの車でハンドルを握って、ただ移動しているだけでも幸せを感じますね。
[PR]

by kennoy-mini | 2012-07-13 02:28 | 音楽雑感。 | Comments(10)  

凄い湿気だ・・・。

だいぶ間が空いてしまいましたね。皆さんの日記はちゃんとウォッチしていました。
メインオーディオはもう随分ストップ。下旬あたりから再稼動かしら。
最近は、こばちゃんさんから譲っていただいたTUー890が結構活躍しています(笑)。

多分月内には色々エンジンがかかるでしょう。
[PR]

by kennoy-mini | 2012-07-06 23:06 | その他雑感。 | Comments(8)