<   2011年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 

疲れた~。

無事東北から帰京しました。
で、お土産。
a0123978_23124912.jpg
白いヤツに一番期待しています(爆)
[PR]

by kennoy-mini | 2011-09-26 23:14 | 飲食雑感。 | Comments(11)  

暫く潜伏中。

びーた(旅)と無気力状態が重なり、暫く更新をさぼっていました。来て頂いた方、申し訳ありません。しかし今週はまたびーたです。

無気力の原因の一つにオーディオもあります。どうも「以前出ていた音が出ない」んです。特にオーディオラックを増設してから。対策として、ラックを少し移動させてSP背後のスペースを左右対称に近づけるアイデアを持っていますが、これでもあまり変わらなかった場合、レッスン室のSPをオートグラフミニから3LZに入れ替えしようかと思っています。
オートグラフミニの音場感はハマると本当に素晴らしいのですが一旦ぐずると手強い。そしてあまりにも部屋の影響をもろに受けるので、少々食傷気味。
3LZは以前弱音の解れが出ず、また25cmというのが自分にとって大口径だったのですが、各所で本家オートグラフを聞いている内に段々違和感も無くなってきました。それに今は501SEも有るし(笑)。

という訳で、少し変革の時期かもしれません。結局元鞘に戻るかもしれませんが、色々試してみようと思います。
[PR]

by kennoy-mini | 2011-09-22 02:23 | オーディオ雑感。 | Comments(2)  

スポーツの秋。

きっと今頃、soundboxさんはF1を見ている事でしょう(笑)。
僕もクルマは好きなのでF1も昔はみていました。最近もときたま見ています。DRSというのは空力を可変するシステムのことなんですね。

今年は結構面白いかも。

そうそう、なでしこは見事でした。多少つまらない試合、苦しい試合もありましたが正直男子のウズベキ戦より面白かったし、何よりアジア予選の雰囲気(相手チームが間違いなく守備重視、カウンター、引き分けか1点逃げ切りを狙ってくる。攻めはロングボール一辺倒)の難しさ、何より日程の過密さを考えると上出来でしょう。沢、宮間に続くパサー、ゲームメーカーがいないのがちょっと心配ですが。

今年はサッカーも面白い年になりそうです。マンUにズタボロにされ、移籍市場終了間際に駆け込み補強をしたアーセナル、監督が違う人になりなんだかエトーもいなくなりなんだか別チームになりそうなインテル、オーナーの潤沢な資金で面白い補強をしたマラガとマンチェスターシティなど・・・。個人としてはアーセナルからマンCに移籍したナスリ(フランス)、インテルに移ったフォルランが注目です。
[PR]

by kennoy-mini | 2011-09-12 01:16 | その他雑感。 | Comments(2)  

まさにオーディオ雑感。

昨日、用事があって平日にも拘らずscoreさん宅にお邪魔させて頂きました。ありがとうございました。

いや~、でもいいですなぁオートグラフ。すっかり「包まれて」しまいました(笑)。音が濃いのは勿論、音がうるさくないんですよね。あの「オーディオではないような響き」にすっかり魅了されました。しかも着々と進化されているし。少しづつ「以前の大橋さん宅のオートグラフの響き、使いこなし」に近づいているような気もします。



帰宅して自分の音を聴いてみると・・・色々わかるもんですねぇ。再び「泥沼」が始まりましたとさ(笑)。ただ、段々「セオリーにあわせたセッティング」から「部屋に合わせたセッティング(例外多数)」にシフトしてきています。結局部屋の音、響きを聴くわけで、それにあわせた場所にしないといけませんね。最近結構棚などが入り空間が変わってきたので、よぉく吟味していこうと思います。機器は固定なので、あとはSP位置、角度だけなんですけどね。あともう一皮むけたら本当に最高なのですが。色々やってみます。

最終的に音を聴くより「イメージを喚起する音」を出したいもんです。根津さんは「ワクワクする音」と仰っていましたが同じ意味に捉えています。その手助けとして古い球(特に前段)を吟味して使っています。出力管の違いは、最初は気になりますがひとたび集中するとあまり気にならなくなります。次の日になると忘れます(笑)。
[PR]

by kennoy-mini | 2011-09-08 22:12 | オーディオ雑感。 | Comments(6)  

やっと再調整終了。

レコードラック、オーディオラックを増やしてからSPの再セッティング、大変手を焼いていましたが漸くまとまりました。正直(もう前の音場感はでないかも・・・)と半ば諦めモードでしたが、ようやく「これだ!」という音が。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~^
ラック増設前は大変音場感が出ていて満足だったのですが、少しだけ高域が鋭く、耳に突く感じがありました。再調整にあたり、「生音は音が大きくても高音が痛いと思うことはない、なので痛くない音を」と思ってセッティングをしようとしましたが、それが泥沼でした。
難しいもんです。

a0123978_12472680.jpg
うちの音の肝、「SPスタンドのあおりセッティング」です。後ろ足を短く、前足を長くしています。
この「スタンドのあおり」、ラック増設後一旦辞めていました。そしてまず木材インシュを試し・・・これは即却下。敷物が御影石でない場合、スパイクの方が圧倒的に良い。次に、スタンドのスパイクにステン/真鍮受けなどを試した末・・・(スパイクを短くした方が固有の音がのりにくいかな、高域のうるささがとれるかな)と思って「あおり」をやめました。で・・・(おお、高音がうるさくない!これはうまくいった)と喜んでいました。またSPの位置も変え、これで完璧!と思っていました。

しかし最近・・・(あれ、501SE時の中低域の解れ、厚みが薄いな・・・前はもっとあったのに)と気づきました。そっから泥沼。以前出ていた音が出ない・・・というのは、経験者しか分からない、大変不幸なものです。最初は(ラックが入ったから、もっと壁から離さないとなぁ)と思って色々試しましたが、どうも違う。そこから何日も悩み・・・
昨日ふと、(ちょっとSPスタンドのあおりを戻してみるか・・・逆にもっとあおってみるかな)と再チャレンジ・・・お、キタキタ!!やっと以前あった音場感が。

a0123978_12563483.jpg
普通、SP(スタンド含め)をあおる場合の狙いは、【ユニットを耳の高さに合わせるため、床の一次反射を和らげるため】だと思うのですが、オートグラフミニの場合は【リアバスレフポートの空気、背面音を壁に平行に反射させるのではなく、微妙に斜めに当てる事で拡散、背面音を部屋に回す事】が最重要。これは新鮮な発見でした。ポートが背面にあるSPは、もしかしたら壁に平行にあてるより少し角度をつけると、スピーカーの新しい面が見れるかもしれませんね。フロントバスレフや密閉箱だとこんなにシビアではないんですけどね。
でもこのSPは背面ポートであることで【オートグラフ的な部屋の空気を動かす感じ】を表現するので・・・手間はかかるが本気を出すと凄い、わがままな奴です(笑)。
a0123978_13252785.jpg
そして、後一歩足りない音色感、響きの厚みをスーパーツイータで。壁との距離を変更した結果・・・今度は正相がベストに。距離で変わりますね。防振ゴムの上の木材はブラックチェリー。実はこれ、「無垢材コースター」(笑)。無垢の家具屋さんを見つけると・・・つい家具そっちのけで(なんか使えるものないかな?)と物色してしまいます。ハマるとオーディオ専門パーツよりずっと安いし。これは750円だったかな。これが「オーディオ用」と付くと2枚で3000円~!?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
という訳でようやく決まりました。以前より良いと・・・思います。今度scoreさんにチェックしてもらおう(笑)。
リファレンス状態が(ある程度)定まったので、最近流行の(?)各種整流管遊びもできそう。ただ、整流管は本領発揮までは2、30分はかかるから、それぞれの長所を感じるために一日2本を限度に替えて遊んでみようと思います。

後は部屋かな~。もう少し微妙に反射を調整、吸ってあげたいところがあるんですよね。でも吸い過ぎもいかんので悩ましい。簡単に量を調整できる、吸音カーテンで対応しようかな・・・と思っとるところです。
[PR]

by kennoy-mini | 2011-09-06 13:59 | オーディオ雑感。 | Comments(16)  

リラックスに・・・

a0123978_6191999.jpg
ESCB-2181

最近、時々聴くCDです。矢野顕子さんですね。
ピアノ弾き語りオンリーのCDなんですが・・・矢野さん、ピアノがめちゃセンス良い!というか巧いです。和声感と音色が最高。
あの「独特の声」は、最初こそ違和感を感じますが(笑)すぐ馴れてきて、それよりピアノにどうしても耳がいく・・・



雰囲気が良い上にノリの良い曲もあるので、特にリラックスや
作業の効率をはかりたい時(笑)にとても良いCDです。

多分一度聴いて馴れると、2回目以降から副交感神経が働いて安らぐ・・・気がします。
因みに全部日本語の歌です。
[PR]

by kennoy-mini | 2011-09-05 10:18 | 音楽雑感。 | Comments(4)  

憧れ。

ちょっとネタも尽きてきつつあるので、色々妄想・・・というか憧れの機器を。

CD-34とJBLのLE-8Tですね。
a0123978_001894.jpg

a0123978_003628.jpg
http://audio-heritage.jp/JBL/unit/le8t.html

CD-34は昔、父が使っていました。春に一度店頭で、システムの中にCD-34が入ったセットを聴きましたが・・・なんか懐かしい思いがしました。絶対思い出もあるでしょう。

ただ、この機種は所謂ビンテージ品ですし、デジタル出力はありません。しかもDACが大いに音作りに貢献していると聞いたので、実際迎え入れて、音が気になっても(基本的に)あまりいじれません。という訳で思い出のままで終わらせる事に。

LE-8Tは、今まで変則的な構造のバージョン(TWQTとドロンコーン付)で2度聴きましたが、2度共に自然な音飛びでとても惹かれました。クラシックも全く問題なさそうです。
今でも根気よく探せば、入手自体は出来そう。アルニコの8Tとフェライトの8T-Hがあるようですね。昔の管球王国を見ていたら「平面バッフル」でもとても高評価を受けていたので・・・いつか平面で試してみたいですね。300Bシングルもとても相性が良いそうです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
因みにアンプには特に憧れはありません。しいて言えば「うちで300Bプッシュを繋ぐとどんな音かなぁ・・・・」なんて考える事はありますが、あくまで妄想の範囲。

SPには憧れは色々ありますが・・・現実を考えると、もう大丈夫。
自室は、2セット以上SPを切り替えるつもりなので(ORBのMC-SSで切り替え予定。ただ個人的にはこれを通すと若干の音の鮮度低下を感じますね。一日経てば忘れる範囲ですが・・・)予定ではTVモニターとしてmini825かkit LSを、クラシックはTANNOY 3LZ、PCモニターとして405-8HかPE-101Aをオーラトーン的な箱で自作をしてみようかと想像しています。
実はユニット持ち、「SP貧乏」です(笑)。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
P.S. カテゴリーの「貸し出し試聴」の欄にSPを登録してあります。どれも比較的美品や完全動作品です。
ご興味のある方は鍵コメントでメールアドレスを頂ければ。
お気軽にどうぞ。プライム3~5等も登録しようかと思っています。

「貸し出し試聴」のカテゴリーをクリックするとページが飛びます。
日記では・・・最後まで読まないと出てきません(笑)。日付を古く設定してあるので。
[PR]

by kennoy-mini | 2011-09-01 07:42 | オーディオ雑感。 | Comments(9)