<   2011年 08月 ( 20 )   > この月の画像一覧

 

お薦めDVD。

これを紹介するのをすっかり忘れていました。
a0123978_6214910.jpg


http://www.hmv.co.jp/product/detail/3523515

チェロのペレーニ(先生)のDVD。はい、ちょっと自慢ですが4回ほど海外の講習会で習いました。今までの人生で衝撃を受けたチェリスト外人部門NO,1です。音楽も素晴らしいし、また演奏も「規格外」なのです。アブノーマルなくらい凄いです(笑)。

このDVDの良いところは・・・2枚組なところ・・・ではなくて(笑)、リスト音楽院ホールでのライブの模様なのです。つまり「海外のホールで聴いている気分」になれます。
お薦めです。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
昨日から再びセッティング微調整。SP背面のスペースが埋まってしまい、やはり音場感が後退してしまったので。オートグラフミニはリヤバスレフで、このバスレフを「制する」のがとても難しい。冗談じゃなく1mm動くと音場感が変わります。ハマると「壁に浮かぶイリュージョン」を手に入れられるのですが・・・

昨日分かったのが「SP位置を変えたらSTの正相、逆相は改めて追試せよ」という事。特に前後にSPを動かした場合はマストです。なので、最近は前後の距離を変更する場合は一旦STの接続を外しておき、位置決めをしたところで再度STを接続、正相、逆相をテスト。うちでは、合っていないと音が引っ込むのですぐわかります。

後は・・・やはりプリはステンスパイクがベスト。よく分かりました。
結局昨日はSP位置が決まりきらず。今回は手ごわい・・・
[PR]

by kennoy-mini | 2011-08-31 09:20 | 音楽雑感。 | Comments(5)  

うちのアナログの特徴。

うちのアナログのラインナップは比較的手堅いアイテムで固められていますが、その中でも特徴があるものがいくつかあるそうです。

まずDL-103。
a0123978_2326645.jpg
ここにscoreさん特製(手作り!ホームセンターの板だそう)の黒檀板が挟んであります。これで103の真面目さ(?)に響きを足しているそうです。



そして、これ。
a0123978_23283567.jpg
「効いてるな~、間違いないよ。」(dodonkoさん、scoreさん共に納得)

ピアレスの昇圧トランス。このSV-722はscore教授からお借りしているものなのですが、「トランスを選択したいため」、内臓の昇圧トランスをつけていないそうです。そこにたまたま自分の持っていたピアレスの4722トランスを接続。なんでも「ピアレスとDL-103の相性は管球生活でもあったが相性抜群!」だそう。
「普通の103の音じゃあないよね」
「そうですねぇ。いいっすねぇ」
~とのやりとり。ふぅん、そうなんだ(爆)。持ち主分かってないし。
でも、DENONの昇圧トランスとピアレスを聞き比べた経験はあるので、ピアレスのふくよかさ(心地よさ)はなんとなく知っています。そんなに高くないし(市場で4、5マン位)でもいいトランスですね。顔も可愛いし(笑)。


そして昨日、お遊びで722の12AX7を「1~2番をムラード、3番をTESLAに」替えてみたところ、結構出音が変わりました。かなり五感に触れるというか、主観的、記憶に触るような音になりました。scoreさんがトスカニーニを聴いて色々思いにふけったのも、この変更もゼロではないでしょう。

面白い、深いもんですね。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
P.S.  月末で色々支払いをしていたら・・・まだ「ホップ」は出来無そう(ちゅどーん)
     ただ、SP背面のレイアウト変更で更なるセッティングの見直しの余地もあるので、
     頑張って追い込もうかな。
     
     それより自室が文字通り「バケツをひっくり返したような状態」なので、
     こっちをなんとかしないと・・・
[PR]

by kennoy-mini | 2011-08-29 23:36 | オーディオ雑感。 | Comments(11)  

バキュームオフ。

今日は「バキュームオフ会」という不思議なオフ会でした。
元々はアナログのアームが動いてしまい、scoreさんにSOS、「じゃ、いきましょか?」という訳で、急遽「調整兼オフ会」に。メンバーはいつものscoreさんとdodonkoさん。アナログの右大臣、左大臣です。

まず・・・助っ人がいるうちに思い切ってレイアウト変更を。
a0123978_22581244.jpg
以前はこの状態でしたが・・・


a0123978_2321031.jpg
↑こうなりました。scoreさんに御協力願って自室の同タイプのTVラックを運んできて重ねました。これで大幅収納能力UP!!そしてアナログプレーヤーへのアクセスが大幅向上です。
今までバスレフポート部の空間を大事にするため手を付けずにきましたが・・・遂に妥協(笑)。因みに見慣れない機器は父親のアンプやMDデッキなどです。このラックの棚は無垢板ではありませんが、意外と音が良いので活かします。

そして、ちょっと動いてしまったアームをscoreさんに再調整。おかげさまで、以前にも増してよい音がしている気がします。



a0123978_23133530.jpg
SPの対面にあたる壁も収納を増やしました。これで10月の「真空管サミット(仮)」までには整理される・・・でしょう(笑)。




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
さて、dodonkoさんも合流。ここからバキュームへ。
a0123978_23173696.jpg
a0123978_23194625.jpg
おお、これがVPIのバキュームクリーナー様か!!一体どんな仕組みだろう??


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
説明しよう!
a0123978_23205446.jpg
まず、レコードをセットして挟みこみ、ターンテーブルと固定。


a0123978_2322139.jpg
レイカのようなレコード専門クリーナーを垂らし・・・


a0123978_23242466.jpg
刷毛や「デンターシステマ」で引き伸ばし、また手ごわい汚れを更にピンポイントで攻めます。


a0123978_23254556.jpg
これがクライマックス。ノズルをセットし・・・


a0123978_2327328.jpg
バキュームスイッチをON!するとノズルが轟音を立て(まあ掃除機のようなレヴェル)掃除機の要領で一気に薬品と汚れを吸い上げます。これは・・・素晴らしい。時間もさる事ながら・・・盤の中に入っていた汚れを綺麗に吸出し、本当にパチパチノイズが激減。

ちょっと惚れそうになりました(笑)。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
a0123978_23365160.jpg
そうして改めてレコードを聴きなおしたり、SV-722のフォノ段の12AX7を替えてみたり(TESLAとムラードのミックス、これが結構好評でした!)・・・

おかげさまでアナログの音が大変良くなりました。
dodonkoさん、scoreさん、いつも本当にありがとうございます!

ただ・・・おかげでアナログの音が、CDの音をだいぶブッちぎってしまいました(汗)。
・・・こりゃ~ヤバイ流れだぞ~・・・まずいぞ!!どうする!?
[PR]

by kennoy-mini | 2011-08-28 23:53 | オーディオ雑感。 | Comments(25)  

3LZのスタンド問題。

最近色々悩んでいた自室の3LZのスタンド問題ですが・・・
結局TAOCのスタンドで落ち着く方向になりました(2脚目)。
IKEAのバースツールがバーチの無垢で高さも74cmあるので代用しようかと目論んで
組み立ててみましたが・・・念の為TAOCでの出音を較べたら・・・

弱音の表現力が全然違いました。TAOCの圧勝・・・残念。
やっぱりTAONNOYの箱鳴りのコントロールは難しいですね。
・・・でもこのTAOCスタンド、リビングのmini825に使っていたものなので、今度はリビングの825の取り回しに問題が(笑)。加えてTAOCだと60cm高と低いので、今度は自室の平面バッフルが3LZのサウンドエリアに被ってしまうのでこれも悩みどころ。

いっそ平面はリビングにしようかな・・・そしてリビングのmini825を自室のモニターSPに。
とりあえず暫く試行錯誤してみます。まとまったらUPします。

^~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
桂光300B、WEオールドの音がするならいいですね。
まずSCOREさんちで聴かせてもらってからにしようかな・・・(笑
[PR]

by kennoy-mini | 2011-08-26 23:41 | オーディオ雑感。 | Comments(4)  

弓選び。

まず、アンケートに御協力くださった皆様、ありがとうございました。方向性が見えてまいりました。感謝します。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
さて・・・soundboxさんが桂光300Bを聴き較べていた本日、こちらでは生徒の弓候補の弾き較べ。
2本ありますが同じ作者の弓です。値段も同じ。一応本人に選ばせるつもりですが、自分でも見当をつけておかないと。
上2本が自分の、下2本が候補の日本人の方の新作です。
a0123978_2342685.jpg
今どきはもう、新作でもフランス製だと平気で100万台近くからがザラになります!!昔はそこそこの評価でも製作者本人が亡くなって、もう数は減ることがあっても増えることはないですから。

なので現実的には、評価(価値)が上がったりしなくても優秀でセンスの良い日本人や中国人の弓が選択肢にあがる事が多くなります。余裕があればフレンチの素性の良いものを。


a0123978_23434532.jpg
下の方が材料が少し良いかな・・・と思っていましたが、弾いてみると甲乙付けがたい。同じ作者ですから当然似てます。
a0123978_23435849.jpg
操作感は上の方が自分の好み。でも判定難しいな・・・自分が使うわけでもないし。なんかWEオールドプリントとCWを聴き較べているような差・・・ってやった事ないけど(笑)。
相手は木材なので、材料の1本1本個性が違う。そして長所を活かすように作りも微妙に違います。
a0123978_23502138.jpg
a0123978_2351271.jpg
分かります?同じ形にしか見えません??そう思います(笑)。でも違うんですよ。

ただ、操るのは人間なので、較べているうちにやはり両方とも自分の音になっていきます。
こうなるともう難しい!ただコントロール感覚は明確に違うので、その辺の好みで決める事も大事。
いくら音がよくても感覚がMR2やR34、コルベットZR-1やシルビアのターボチューンでは毎日乗る方も大変ですからねぇ。


・・・ただ、じゃじゃ馬でもF40やTVRグリフィス等個性派、ディアブロや枕ー連(マクラーレン、笑)、500EやE63AMG、ルーフCTRクラスとかなら、そちらに自分を合わせる考えもありますが(完全妄想)。
ヴェイロン・・・あ、直線番長は困ります(笑)。弓は取り回しが大事ですから。ニンゲンでいう舌や口になりますから。

カツゼツが良くて、音に伸びがあって、音色が良くて、軽やかで、倍音が良く出て、音飛びも良くて・・・
なんて全部追うと凄い値段になるので、生徒にはまず音量と適度なしなり・腰・健康さが大事で、音色が適度にあれば。いくら音色が良くてももうヘタッテる、ペタペタ、ぺニャぺニャで限界点が低い弓ではボウイングが成長しません。

今週中は暫く弾き較べかな。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

a0123978_0323850.jpg

おまけ。通りがかりの高~い家具屋さんをなんとなく冷やかし半分で覗いたら・・・レジ近くに端材が。
これ、91B等の足にピッタリじゃない!!ウォールナットです。
1個100円だったから飛びついてしまいましたとさ(笑)。
恐ろしや、100円地獄・・・
[PR]

by kennoy-mini | 2011-08-25 23:39 | kennoy工房。 | Comments(10)  

突然ですがアンケート。

皆様に質問があるのですが・・・アンケートを取ってもいいですか?

ここによくいらっしゃって下さる方達は「TVモニター的な使い方のSPやアンプを、どんな組み合わせをしてらっしゃるのかな」、と。

知っているなかでも、全部TANNOYでカバーされる方、アルテック(系)の方、同じTV音源でもジャンルでTANNOY/ALTECを使い分ける方、いやいやLS系が最高!その他・・・色々いらっしゃると思いますが・・・。
アンプも様々でしょう。1台でカバー、「いやいや音声は6v6で」とか「映画はプッシュ、音楽は300Bシングルで」とか。ちょっと興味があって参考にしたいもんで。縛りとしては「あくまでTVやVTR、DVD、HDDのソースを鳴らす場合」です。

よかったらお暇な際、コメント欄にお書き下さい。
[PR]

by kennoy-mini | 2011-08-22 07:54 | ken球王国。 | Comments(20)  

引き出し整理中。

引き出しを整理していたら・・・あら、買った憶えのない管が(笑)。
近々買い足そうと思っていたWE396Aが2本出てきたのは笑いました。
この管は「みとこプリ」の要。2C51/WE396Aのダブルネームの方が音が良いそうですね。
この管は結構マイクロフォニックノイズが多いのも特徴。うちにも「ポコポコ」共振してしまうのが。ヒアリングしながら良質なペアを選別しようと思います。整流管はWE412でこれは1本予備が。
皆様も、たまに片付けると意外なお宝が眠っていたりするかも・・・!
見慣れないものを見つけると、その時考えていた事を思い出し、面白いですね。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
そうそう、カルミニョーラのCDの音が妙にきついなあ・・・と思って、よく見たらマスターではなく焼いたCD。
試しにマスターCDで聴いたら・・・やっぱりだいぶ違いました。
やっぱりちゃんとマスターで聴かないとダメですね。反省です。
[PR]

by kennoy-mini | 2011-08-21 16:42 | オーディオ雑感。 | Comments(14)  

捜し物・・・。

ペレーニのロココのCDを捜していたら・・・代わりにこんなのが出てきました。
a0123978_1282316.jpg
B001MD54QY

ボロディンSQのチャイコSQ全集です。これは多分3回目くらいの録音です。
一緒に入っている弦楽6重奏「フィレンツェの思い出」という曲が実に格好いい曲です。チェロは「演歌」状態です(笑)。
ボロディンSQによる弦楽6重奏は、1回目がロストロとバシュメット、2回目がグートマンと共演していて、それはそれは凄かった。多分レコードのみですが。学生時代に学校の図書館で聴きました。

でもこの3回目のCDもバランスがとれていてよいです。もうチェロのベルリンスキー爺さんが数年前になくなってしまって・・・今はどうしているんだろう?昔ウィーンの空港で見かけ、その時ばかりはミーハーにも握手してもらいました(笑)。




P,S,  大橋さんのお父様を偲び、R・シュトラウスの「4つの最後の歌」をかけました。合掌。
[PR]

by kennoy-mini | 2011-08-21 01:40 | 音楽雑感。 | Comments(3)  

暫く入れ替え。

a0123978_6425521.jpg
ついに・・・91Bの定位置に501SEを置いてしまいました(笑)。
というのも、どうも91Bの調子が・・・多分左右に音量差があるのです。定位!?が左に寄ります。結構昔からの問題なので、みとこ先生かキット屋さんにチェックしてもらおうかと。300Bを入れ替えてもダメ、310管(337ですが・・・)を左右いれかえても左に寄ったままなんです。なんでだろ・・・。で今回501SEで鳴らすとあっさり解決。という事はプリやDACではなくて91Bに問題アリと。

・・・でも良い発見も。みとこプリと(不調ながらも)SV-91Bはベストマッチ!!見えてきましたね~組み合わせが。問題はSPをどちらにあわせるか。気分で入れ替えるには重過ぎるし(笑)。


~というわけで501SEにステンインシュレータ(大)をつけたり(効果絶大!)SV-310やmodel2の足を替えてみたり。結構変わるもんですよ~。
[PR]

by kennoy-mini | 2011-08-20 07:19 | オーディオ雑感。 | Comments(16)  

まろやか・・・

我が家の501SEは日ごとにまろやかになっていきます。やはりJENSENのエージングが進んでいるんでしょう。
SCOREさんも仰っていましたが、JENSENはいきなり効果が出る時と、結構時間がかかる場合とがあります。
なんでしょうね。カレーのような・・・
でも今回は、割と早い段階で変化を感じました。でも確かに100~200時間くらいは結構変化していきますね。SPケーブルも自分の感覚では1週間ほど落ち着くまでかかる気がします。あまり焦って評価をしてはいけません。

300Bですが、プライム3~5を流し聴きした感じでは、確かに5(ナス300B)とは相性が良いようです。デフォルトのエレハモも、意外とよくてびっくりしました。ここらへんもアンプとのマッチングなんでしょう。

そのうち整流管の聴き較べもせんとな・・・でもこれって大変疲れるんですよね(笑)。1日毎に差し替えるのは割と楽なんですが。soundboxさん、よくやったなぁ・・・。
人もオーディオもまず、長所を見極めこれを活かさないといけません。適材適所ですね。
SV-91BとSV-310は共通する整流管も多いですが、同じ管でもどちらに使うかでもがらっと変わります。パワーアンプの前段管や出力管は好みや気分でよいですが、プリの整流管は、その人の結構好き嫌い(生理的な好み)がはっきりするところだと感じます。

もう少しメインシステムを追い込んだら、次は自室の3LZですね。こちらは501SEが当分オートグラフミニに奪われてしまったのでノープランです。91B+みとこプリはどうかな、とも考えています。
・・・意外とエレキットTU873+SV-3でも鳴っているんですよね(爆)
[PR]

by kennoy-mini | 2011-08-18 23:42 | オーディオ雑感。 | Comments(8)