<   2011年 07月 ( 16 )   > この月の画像一覧

 

お知らせ。

お知らせです。コンサートに出演します。
a0123978_17345878.jpg


東日本大震災チャリティーコンサート
井上静香と仲間たち
~クラリネット五重奏の午後~

7月 31日(日)14:00 新潟市のだいしホールで。13:15からロビーコンサートもあります。
本プロにない曲を弾きます。自分もソロを1曲。  

チケット 3000円

電話 025-229-8111他(チラシの番号も)
新潟市中央区東堀前通七番町1071番地1 [第四銀行本店内]


チケットは直接お問い合わせか、ここに鍵コメント頂ければ置き券致します。

メイン(後半)はブラームスのクラリネット5重奏で、前半は小品(デュオ、弦楽トリオ、vnソロ)です。チケットは3000円です。



宜しくお願い致します。
[PR]

by kennoy-mini | 2011-07-31 16:43 | その他雑感。 | Comments(20)  

アナログは楽しいのう。

なんか、CDをかける時よりウキウキしますね(笑)。

アナログをセットしてみて、我が家のCD再生の問題点もわかりました。それは「DACに依存しすぎていた事」。アナログとの響きの差が激しく、どうやら最近SPのセッティングをさぼってDACとアップサンプリングに頼っていました。

・・・という訳で、SPの位置見直し。結果・・・SPを壁から70cm→100cm離す事に。不思議なことに、90cmでも105cmでもダメ、100cmが良い感じなんです。部屋との関係なんでしょう。おかげでかなり素晴らしい音になりました。問題はレッスンスペースなのですが・・・地震後毎回スタンドから降ろす事にしたのでクリア!レコードもCDも随分「気配」が出てきました!

この音なら本家オートグラフを聴いた後でも聴ける(笑)。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
アナログですが、音が少し左chに寄ります。scoreさんによるとそれはプレーヤーのセッティングで治るそうなので大人しく待ちます。また早く来ておくれ~(笑)。

・・・こうしてセッティングが決まってくると、極めて大事になってくるのが整流管。特にプリは「ねいろ、性格」をに大きく関わります。なにかチェロの表現、オーケストラの表現、ピアノの音が気になるときは大抵ここ。最近suondboxさんはRCA 5U4G(でしたっけ?)、scoreさんはSTC4274B。suondboxさんはWE274B他色々持っておりますがオールジャンルを聴かれるので懐の深いRCAを,scoreさんはクラシックオンリーなので、より弦が綺麗に重なりあうSTCを・・・という事だと思います。WE274Bもどちらかというとクラシックをきめ細かくしっかり聴かせるタイプですね。

うちは・・・どうしよ?
[PR]

by kennoy-mini | 2011-07-29 02:13 | オーディオ雑感。 | Comments(11)  

模様替えしたSCOREさん邸。

先日scoreさんちにお邪魔しましたが、オートグラフの位置が変わっておりました。
a0123978_2095837.jpg
おお、これは素晴らしい!
以前は部屋の短辺側にSPが置いてありましたが長手側に移動。空間が増え、オートグラフの厚みを残したまま霧が晴れました。以前の音も素晴らしかったですが、今回の音はより説得力があります。Vnソロ(1本)も全く破綻なく、サントリー大ホールでのリサイタルのよう。今の状態ならSP1組でいいんちゃうの!?なんて思いますが(笑)、そんな事ないそうです。

こうして短期間で聴くとsoundbox邸のオートグラフレプリカ(この呼び方でよいのかな?)との印象の差がよく分かります。

簡単に言うと「部屋の差、箱の差」。soundbox邸は空間が広く天井も高いのが特徴。それと箱がベニヤではなく樺合板、しかも出来立てなのでまだまだ箱が動ききっていません(失礼)。それを部屋の空間が箱代わりとなり、素晴らしい実体感をあらわしています。これから1年、2年とどんどんこなれていき、仕舞いには本家オートグラフを越える可能性も高いと思います。
これは自分の楽器の経験でもよく分かります。自分の楽器は1929年製で、中3から使いはじめてもう20年近くになりますが、全体的に普通のより板が厚く、箱も大きいのでそう簡単には鳴りませんでした。最近ようやく(本当に漸く)解れてきてました。まだまだ変わると思っています。
(最高の音を聴くためにもSOUNDBOX様は長生きしないといけませんね。笑)。

score邸のオートグラフは楽器でいうと「オールド」。もう箱も枯れきっているでしょう。よく振動が箱に伝わっており、非常に(ある意味)官能的、能動的に響いています。soundbox様のは音自体がリアルですが、score様のは雰囲気がリアル。気配とも違う、まさに「雰囲気」が香る、音は忘れても何か記憶に残る音です。

a0123978_2015827.jpg
メインアンプ群。86Bは調整中のため聴けませんでしたが、VP-3000の音が凄かったです。38Tも重心が下がりよかった。でも以前より全体がらっと変わる感じがなくなり、スィートスポットが広がった気がします。

a0123978_2015441.jpg
信号系。よくこれを移動したなぁ・・・
[PR]

by kennoy-mini | 2011-07-28 21:41 | オーディオ雑感。 | Comments(6)  

平面デビュー。

ホームセンターで平面バッフルを作ってもらいました。
a0123978_28316.jpg
本当は樺合板がよかったのですがこれは実験台なので(というか見当たらなかった)ラバーウッドで。
a0123978_2103452.jpg
ユニットはこれ。

a0123978_211406.jpg
意外といけます。
a0123978_2291589.jpg
後ろにタオルをかけてみたり・・・あ、3LZをscoreさまから取り上げてしまいました(笑)。まだ音出しはとりあえずレヴェル。ゆっくり煮詰めます。
[PR]

by kennoy-mini | 2011-07-28 02:15 | オーディオ雑感。 | Comments(16)  

アナログデビューへの道のり。

いやあ、遂にアナログデビューです(笑)。まさかです、この面倒くさがりが、ですよ!絶対自分だけでは腰を上げなかったでしょう。


ターンテーブル:DENON DP-75
アーム:SAEC WE-308 & SME3009S2 の2本アーム
a0123978_2551951.jpg
a0123978_22265923.jpg


a0123978_22233855.jpg

うちのアナログプレーヤーは実は頂きもので、頂いてからもう2年近く放置されていました。レコード盤もです。段ボール6箱頂いてそのまま。何がはいっているか存じていません。score師匠によると「各箱に少しづつお宝盤があるかもしれない!」と仰ってました。処分しなくてよかった(笑)。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
うちでアナログを鳴らすにあたり、最大の障害はプレーヤーのセッティングとフォノイコでした。しかしどちらもいとも簡単に解決。まずフォノイコは「樽プリのフォノイコがあるじゃん」と。ただ樽プリは自室専門にしたいのでいずれはフォノイコを買わないといけませんが・・・しかも今回はscore師匠が最近使っていないSV−722マランツを御貸し下されたので・・・当分借りちゃいます(笑)。現在はSV−722のフォノ部だけを使用、それをSV−310ラインにinしています。
a0123978_2228467.jpg
そうか、これでプリは1台で済む。レッスン室はなるべくシステムをシンプルにしたいので、好都合です。

そしてプレーヤーのセット等は・・・完全丸投げ(笑)。
a0123978_2229463.jpg
a0123978_22293729.jpg
メイン針はsoundboxさんからの頂きもののDL^103(爆)。
a0123978_2230354.jpg
もともとのアームにも出ん音ならぬDENON DL−103が付いていましたが、もう針が曲がっていて、これはもうダメなんだそうです。針圧や平行等は自分ではできないしやりたくないので、今まで触らなくて正解でしたね。
そしてなんとなく見た目が好き、そして値段が手頃だったので買っていたピアレス4722という昇圧トランスが大変良いんだそうです。
a0123978_22304120.jpg
これは「真空管の師匠」に譲るつもりだったのですが・・・そうもいかなくなってしまいました(笑)。「弓の師匠」宅でもDENONの昇圧と較べて」みましたが、圧倒的にピアレスがふくよかで聴きやすい。もしかしたら実体感があるのはDENONかもしれませんが、一度ピアレス聴いちゃうとか細く感じてしまいます。若干アナログはCDよりモニター調から離れた鳴り方で良いと思っています。でも追い込むと同じような音になっていくでしょうね。

残りのアームと針達。SME3009S2 とカートリッジ:SHURE V-15TYPEIII、他もろもろ。
a0123978_2232989.jpg

どんな音がするでしょうね。
[PR]

by kennoy-mini | 2011-07-26 12:45 | ken球王国。 | Comments(13)  

「アナログ沼」は浅かった!?

scoreさまにセッティングして頂き、アナログの音が出るようにしていただきました。本当にありがとうございます。
詳細はまた。



でも・・・


意外と浅いな(爆)。


(ウソです、scoreさまがいなかったら底なしだったでしょう、笑)
[PR]

by kennoy-mini | 2011-07-24 22:38 | オーディオ雑感。 | Comments(8)  

soundbox 様宅訪問記(その2)。

まずはみとこプリを皆で覗きます。僕はなにも分かりません。「シンプルやなぁ。無駄がない・・」
a0123978_23573910.jpg
そして皆で写真タイム(笑)。

スペースの関係でここに仮置き。
a0123978_2359863.jpg
皆でブルックナーを聴きます。
元はこのプリ、春日の5670単管プリの手直しをみとこさんに依頼した流れで派生した話でした。自分のリファレンスプリはSV-310なので「SV-310をベンチマークに見つつ・・・」というお願いをした覚えがあります。それと5670(WE396A)を使う、という縛りもあったかも。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
・・・というわけで試聴。scoreさんはみとこプリの音をよく知っています。「ブルックナー専門プリ」だそうです(笑)。suondboxさん、甥のdodonkoさんも興味深々です。

アンプも自作し回路にも精通するdodonkoさん(右)、あれ、真剣・・・
a0123978_002971.jpg


「参りました!」
a0123978_012383.jpg


(俺にはこれが足りなかったんや・・・)とdodonkoさん。
「えげつないプリやなぁ(褒めコトバだそうです)」とsoundboxさん。
a0123978_02281.jpg
このプリ、特にTANNOYと相性が良く、SV-310と敢えて較べると「クラシック専門、きめ細かく描く、広がりもあるが音が集まる、重なる響きが得意」な印象です。オーケストラがよく鳴りますね。また高域との繋がり、高域の響きがとても柔らかく、また低域もふくよか(少しだけ暖気運転がいりますが)。dodonkoさん、「大変勉強になりました、自分の小ささを思い知りました(なんじゃそりゃ)」だそうです。soundoboxさんも「こりゃええなあ。デッドコピーしたい位だわ」。

実はこのプリ、もっと気軽なプリだと勘違いしていたので意外なほど物量が投入されていたのを全く知らず(すいません、みとこ先生!)、今回scoreさんに預けたり、合宿で繋いでもらったりsoundboxさん宅で鳴らして、うちでの使用環境のイメージが湧いてきました。セットしたらアップするのでお待ち下さい。

その後も「ああでもない、こうでもない・・・」と夜は耽ってゆきました・・・
a0123978_031878.jpg

[PR]

by kennoy-mini | 2011-07-22 01:09 | オーディオ雑感。 | Comments(12)  

soundbox 様宅訪問記(その1)

ウィンズ合宿の後、高速で移動(楽しいツーリングでした)、soundbox様宅に。噂通りの素晴らしいおうち。
玄関を抜けると、すぐにリビング兼オーディオルームが。
a0123978_2113459.jpg
オートグラフの1/1、デラ工房製です。
a0123978_2161462.jpg
scoreさん、勝手知ったる我が家のように電源を入れます(笑)。scoreさんはこの家は2回目。早速サウンドチェック。「ううむ、やっぱええなぁ」(本当に言ってます)

soundbox様のオートグラフは「おお、聴きやすい!」大径SPの重さ、気難しさがありません。日頃ブックシェルフを使っている(ビンテージ大型SPをあまり知らない)自分には全く違和感のない響き。真正面だとブックシェルフをそのまま大きくした、理想的なバランスの音です。

a0123978_2112148.jpg
この天井の高さがsoundbox様の最大の武器。

a0123978_21141794.jpg
SP正面側。レコード棚になっていて、反射をうまくいなしています。このレコード棚傍の音が一番気に入りました。
このオートグラフ、アナログが特に凄い!オルガンが本当に鳴っているようでした。
a0123978_21331532.jpg
再生環境はここに集約。SV-310が核となっています。



a0123978_21244283.jpg
そして有名なバルコニー(笑)。確かにここで聴くと絶品。部屋の響きが回り回ってここを通っていきます。1階で聴くと大型なのに比較的モダンな反応のよい音が、ここで聞くとビンテージ色がでます。
「ほんとうにすっきやなぁ、ここ」




a0123978_2142668.jpg
オーディオ好きにはオートグラフは形は知っているので、個人的にはこちらの方に目が・・・(soundbox様ゴメンナサイ)ALTEC604E平面バッフル、かなり分厚いバッフルです。
a0123978_219027.jpg
裏はこんな感じ。へぇー。
その音は・・・なるほど!SV-91Bでならしているせいか、比較的近い音。そしてなんでも鳴らしてしまうオールマイティさ。これはいいですね。

ここの音は、どれもすぐに耳が馴れます。今までで一番違和感がありませんでした。ビンテージらしさは自分には時として邪魔な印象を受けることがあるのですが、soudbox様はそこを巧くコントロールされています。
soundbox様はオーディオのベテランですが、耳(とこだわり)も筋金入り。経験に裏打ちされた引き出しが凄いです。
また、物量も確かに凄いのですがどれも完全にコントロールされており、ソースより大きい顔をしていないのが流石。「TANNOY様、ALTEC様、WE管様」的な感じがありません。あのビンテージショップのような「一見さんお断り」な雰囲気がないんです。また行きたいなあ。

そしてひとしきりだべったり戯れた後、リクエストのあった「みとこプリ」を繋ぐのですが・・・(続く)
[PR]

by kennoy-mini | 2011-07-21 21:53 | オーディオ雑感。 | Comments(6)  

ウィンズ合宿初参加。

a0123978_21215053.jpg
今回の合宿の主役。

a0123978_21223466.jpg
急遽scoreさんも。確かに良い箱ですね。


a0123978_21243078.jpg
ここは良い音しますね~雨季でも湿気が少ないそうです。それも重要な要素。
お仕事中の大橋さん。はかどってますか?

a0123978_21271862.jpg
大橋さん専用の寝床。意外とこういうの、僕は好きですが(笑)。

a0123978_21281297.jpg
ううん、良い眺め。

a0123978_21325547.jpg
初ピザにも挑戦。いびつだ・・・


a0123978_21332788.jpg
なんとか持ち直したか!?

a0123978_2134736.jpg
なかなか良い出来。美味しかった!!



というわけでウィンズ合宿、面白かったです。皆様、ありがとうございました。
[PR]

by kennoy-mini | 2011-07-20 21:36 | その他雑感。 | Comments(6)  

無事予定終了。

ツアー兼関西オーディオ巡礼も無事終えました。皆々様、ありがとうございます。

流石に台風の中の7/18の大阪→東京のクルマ移動はなかなか手ごたえがありました。
21時前に出発、途中仮眠も15分して(15分仮眠良い説を実行してみた、笑)、自宅には3:30。通行止めになりそうな東名を避けて中央道周りで帰りました。3、4回凄まじい豪雨にあいましたが、愛車GOLFちゃんは流石の安定感。特に高速は素晴らしいと思います。ツアー中一度ぐずりましたが(ハイオクに少しレギュラーガソリンを混ぜたのがいけなかった・・・もうしません!皆さんご注意を)現在は快調。明日は12ヶ月点検なので念入りにみてもらいます。

色々記事ネタはありますが、ひとまず生存確認を。
[PR]

by kennoy-mini | 2011-07-20 16:43 | その他雑感。 | Comments(7)