<   2011年 04月 ( 17 )   > この月の画像一覧

 

大橋さん、SCOREさんが訪問。

お待たせ致しました(笑)。本日、大橋さんとSCOREさんが我が家に訪問して下さいました。大橋さんは2回目。SCOREさんは初です。

先にSCOREさんが到着。うちの「近い、見える様な音」を聴いて頂きました。「指揮台の上の音だね。」と。なるほど確かに。詳細はいずれSCOREさんのブログの方に。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
その後二人で色々遊んでいたら、大橋さんも到着。開口一番「SV-192Sあるよ、聴いてみる?」そう言われて聴いてみない手はありません。SV-192S・・・思えば一度も単体で比較試聴した事はありませんでした、絶好のチャンス。

(TL51Xが調子悪くMC-3付では試せませんでした、しかしクロック同期はその日のうちに体験する事に…)
a0123978_1542863.jpg


驚きました・・・ある程度追い込んだ感のある、うちのmodel2とも全く別次元。今さら思い知りました(笑)。正直ここまで違うとは思わんだ。残念というか嬉しいというか・・・我が家のオーディオに大きな「伸びしろ」が発見された意味では嬉しいですが…買わざるおえないのは…先立つものが(泣)。SCOREさんやみとこさん、根津さんや第九のIさんの仰っていた事が自宅で目の当たりにされたのには、参りました(笑)。
もう表現力、空間、音色、SPの鳴りの余裕さ・・・まさに皆様の仰るとおりでございます。確かに別次元、別格です。特にうちのメインは防音室内にあるので、反応もまた格別なのです。



何より予想外、そして素晴らしかったのが、「古い録音、音源ほど音がリアルになる」点。これには大橋さんもSCOREさんもびっくりしていました。グルミオー、フルニエ、シャフラン、バックハウス、フォイヤマン・・・名だたる巨匠が「うちに来た!」という感じ。そもそも自分がオーディオを始めたのは「生で聴けなかった巨匠をオーディオで追体験すること」なので、メインシステムにはどうやら欠かせない相棒となりそうです。

SCOREさん「ぽちっとしなよ。」
大橋さん「そう、ポチっと。すぐだよ。」
(二人とも悪意は無いのは充分承知です、大橋さんも今日はオフモードですし)

と唆す(そそのかす)二人を聞き流しつつも(笑)、
「確かに、いつかぽちっとしないといかんな・・・」とは思いましたとさ(笑)。いつか必ず・・・!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
というわけで自分の29日のピークは「SV-192Sを自宅で体験した時」だったのですが、SCOREさんにとっての最大のピークは、その後SCOREさん宅に二人で移動した後に・・・
(大橋さんはお仕事の為うちでお別れ、訪問ありがとうございました!)
[PR]

by kennoy-mini | 2011-04-29 23:52 | ken球王国。 | Comments(8)  

ニッカ(その2)。

意外とウィスキーネタが盛り上がったので追加を。お土産用です。
a0123978_0444561.jpg


これが工場内限定販売の原酒(シェリー酒の樽を使い回しだったかな!?)。
高いので小瓶を。5U4Gと同じ位の容量(笑)。
a0123978_045338.jpg


こちらは極小小瓶詰め合わせ。携帯より小さく、E83CCより大きい(笑)。
a0123978_0452136.jpg



だからなんだ・・・という記事でした。お粗末。

P.S. TL3N・・・そんなに良いのですか・・・皆さんがあれだけベタ褒めするんだから
相当良いんだろうな…

ほ、欲しい・・・!!!いつか必ず・・・!!!
(別格とか別次元とかいうコトバに弱い事を発見、笑)
[PR]

by kennoy-mini | 2011-04-28 00:51 | その他雑感。 | Comments(7)  

ニッカ。

a0123978_254875.jpg

法事の後、余市(小樽の先)の「ニッカウヰスキー」工場を見学しました。
a0123978_262792.jpg
オーク、樽材ですね。確か村瀬さんのはサントリーの・・・??
ウイスキーは始めは無色、何年も樽で寝かせているうちに・・・琥珀色に。

a0123978_264727.jpg
初代、だったかな!?未開封なのですが、コルクから蒸発しているそうです。

a0123978_273071.jpg
初期のブラックニッカ。ニッカの由来はウイスキーが軌道に乗るまでやっていた「日本果汁」から来ているそうです。

・・・でもお酒はあまり得意ではありません(笑)。ウイスキーも難しい。ただ、香りは美味しいのは分かる。
「薫る音」を出してみたいです(笑)。ぷぅ~ん、と。
[PR]

by kennoy-mini | 2011-04-25 02:19 | その他雑感。 | Comments(10)  

初ハイブリッド。

ただいま北海道。法事で札幌です。
もっぱら「運転手役」なのですが、そこで借りたクルマがホンダ インサイト。ハイブリッドデビューです。インサイトのハイブリッドですが、基本的に主動力はエンジンでモーターはアシスト的な役割。プリウスのコンセプト(モーターのみの走行もある)とは少し違います。
で、乗った感想ですが…
a0123978_1553311.jpg



思ったよりいいです。CVTの加速の悪さをモーターが補足している印象。CVT車にありがちな「燃費重視のためダイレクトに繋がない感」が随分少ないです。正直「現行レガシイより良いかも…」と思っちゃいました(現行レガシィは酷い…改悪です、一世代前が良かった)。今回5人のってこの加速感ですから相当です。アイドリングストップ後もすぐ立ち上がるのでこれなら許せる。椅子もまずまず(椅子は大事ですから!)
a0123978_156355.jpg



悪いところ…まあスタイルかな。格好悪くはないかもですが誇れるスタイルでもない。また5人乗ると後方視界があまり良くないです。後、意外と硬い乗り心地。スタッドレスを考慮しても。質の良い硬さではないかな。
サイドブレーキがちゃんと手動式で、安心しました(笑)。現行レガシィは電気式ですから!あれはどうかと思う…
[PR]

by kennoy-mini | 2011-04-23 23:14 | その他雑感。 | Comments(8)  

再び調子にのって(笑)

SV-310とSVー20D樽プリ(コンデンサをJENSEN換装済)の比較試聴をしてみました。価格差からいくと無謀そうですが…意外といけるんですよ(笑)。
a0123978_22250.jpg

流石に、以前ノーマル状態の樽プリをSV-310と繋ぎ替えたときは(あ、較べちゃいかんな・・・)と思いましたが、
コンデンサをJENSENに換装(ノーマルもオイルペーパーコンデンサ)、球をTESLA E88CCを奢った樽プリSE(勝手に命名)は・・・かなりです!!
a0123978_222947.jpg
SV-310を聴いた後でも、SPの消え方、ステージが見える感じ、静けさこそ少し負けますが、音の厚み、良い意味でのキメの厚さ、高音のしなやかさは樽プリがちょっと上かも。
SV-3のJENSEN化も満足です。JENSENコンデンサを自分が気に入っているところは、「音の収束の仕方」です。広がりも良いですが、収束感が自分の求める「実体感」と綺麗にマッチします。

試しに、樽ケースに「足」を履かせてみたら・・・
a0123978_1502469.jpg
なんと!レンジ感が広がりました。という事は…置き方がレンジ感を奪っていたんですね。プリのグラウンディングは相当大事ですね。
この足なら安定感もありますし設置面も多いので地震に強いでしょう(ホームセンターの楓材の表札を3等分に切ってもらいました。足を全部中央に向けるのがミソです)。怖かったら薄いゴムマット敷けばいいし。

自分はSPは金属スパイク系がやはり一日の長があるかな…と思いますが(やはり空間再現力が。また木材だと帯域バランスに少し苦労します)、プリやDACのグラウンディングは積極的に木材を使います。 写真のように敷物を浮かせ、その足に木材を。これで結構音違うんですよね。

今、色々木材の足や板をテストしています。有力なのが黒檀、桜材、楓材(メープル)です。後、樽インシュレーター大もテスト中。
[PR]

by kennoy-mini | 2011-04-22 00:47 | オーディオ雑感。 | Comments(4)  

「謎は全て解けたっ!!」

って、これにピンと来る方はいらっしゃるのかしら(笑??


長らくメインオーディオには謎な問題がありました・それは「左右の音量感が違う」です。それも微妙に。右が弱いんです。オケの低音を受け持つことの多い右SPが弱いんです(泣)。

この手の問題を抱えている方、意外といらっしゃるかと思います。でもこれを立証するのも難しいし、原因を特定するのはもっと大変。特に地震でSPが落下したりしたのでSP内部の問題…だったらこれは面倒です。
ここ数日、この問題にかかりきりでした。ずっと部屋のせいだと思っていたんです。でも今日、ようやく見つけました!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
まず(順不同ですが)、SPを左右入れ替え→解決せず。これでSPは無罪。
次に、300Bを左右入れ替え→変わらず。300Bも無罪。
次に、310管を適当に入れ替え。変わらず。ここは可能性ありか。
そん次にSV-310プリの310…じゃなかった328管を入れ替え→よく分からず。しかし最近プリをSV-20Dにしても左右の差があるので、プリは無罪の可能性大。

…そして今日!!普段はCDプレーヤからmodel2を経由して聴いていたのですが(デジタル同軸)、たまたまCDPのRCA端子から直接プリに繋いだところ、「あれ、バランス治ってる・・・」はい、どうやら原因はmodel2か、中の6DJ8な事が判明。ようやく突き止めました。
で、最近立て続けに6DJ8球の調子が落ちているので、どうも犯人はmodel2本体かな・・・と思っています。この固体は以前記事にもした「電源ONでサンプリングレートのランプが安定しない」問題もありました。
よって「修理行き決定」。当分は、第九のIさんから譲って頂いた方のmodel2に切り替えます。
原因分かって、本当にすっきり!!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ところで、model2のRCAラインへの線(キットで組み立てるところ)を、標準でなくベルデンやWEのSPケーブル等を使って半田された方っていらっしゃるのかしら?ここって線替えると音変わるのかな・・・

なんてくだらない考えが浮かんできました(笑)。・・・修理に出す前に、試しに替えてみようかしら??


P.S.猫好きな方、こちらをどうぞ。
猫がIKEAを散策するCMの記事があります。
http://news.livedoor.com/article/detail/5048967/

[PR]

by kennoy-mini | 2011-04-20 20:25 | オーディオ雑感。 | Comments(8)  

RCA 5U4GとRCA 5R4GYの聴き較べ。

digicamek様よりリクエストがあったので、RCA 5U4GとRCA 5R4GYの聴き較べをSV-91Bでしてみました。
a0123978_17394316.jpg

システムはSPがオートグラフミニ、パワーアンプSV-91B(300Bはナス)、プリは今回はJENSENに換装したSV-20D樽プリで。model2はTESLA E88CC(ここは当分不動)。音源はビルスマのヴィヴァルディのソナタ集1枚のみ。

まずは久し振りのRCA 5R4GY。
a0123978_1740865.jpg
おお!なかなか良い!比較的淡色、水墨画に喩えられることの多いSV-91Bに色が入ります。重心は少し高めか。その分、流れが出ます。音のエッジが 緩めで、それが少し色付けに貢献しています。常用管ではありませんが(ストックはscoreさんにお譲りした)、たまに聴くと発見がありますね。



そして最近お気に入りのRCA 5U4G。同じRCAでも重心が低め。淡色系の表現ですね。和音がちゃんと下が厚めに響くのが気に入っています。
a0123978_17514191.jpg
SV-91Bが「らしく」鳴ります。よく締まった感じ。目下リファレンス管です。個人的には「ミニチュアWE274B」・・・といった趣きです。

本当は手持ち以外にも沢山整流管をお借り状態なので、全部整理して記事にしたいのですが(ゴメンナサイT様、管は全部無事デス)、もう暫くお待ち下さい。国産や仏産など目白押しで入手性は低そうなので、慎重に聴いて記事にしようと思っています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
地震で一度やめましたが、最近試しているのが「スーパーツイータの下に防振ゴムをかませているが、もう1枚良い木材をかます」です。地震後、毎回SPをスタンドから下ろす仕様にしたので、ならばと復活しました。
微妙な差ですが、結構違います(STの高さが少し上がる、という効果もあるとは思います)。STの真下に木材、その下に防振ゴムを挟みそしてSP天板、という訳です。ウィンズさんの樽コースターがとても音が良かったのですがTANNOYのST-25にはギリギリのサイズなので、今度一回り大きいサイズでお願いしようかと考えているところです。

最後にJENSEN換装を終えたSV-3の化粧直し。だいぶ音が落ち着いてきたので(絶好調!)一旦グレードアップ終了とし、表の黒い表示板を取りつけ、ついでにセレクターとVOLツマミを交換。
a0123978_188995.jpg
少し硬派な雰囲気に。トーンコンのツマミも同じ系にするか少し変えてみるか、妄想しておるところでゴザイマス(笑)。本当はこちらも樽ケースにしたい・・・
[PR]

by kennoy-mini | 2011-04-18 18:14 | ken球王国。 | Comments(8)  

JENSENレポート。

a0123978_2226105.jpg

少しづつ各アンプのJENSENコンデンサも落ち着いてきました。まだ経過ですが報告を。結局「換えて良かった!」です。

自分がオーディオの音の変更(内部の変更、真空管の交代など)の判断基準は・・・
要は「実体感が上がるかどうか(クラシックにおいて)」~です。その点、JENSEN換装で「実体感が上がった」ので満足です。
おおまかに言うと、録音の(空間の)前後感、上下感の実体感を感じます。所謂「低音が出るようになった!」「高音が~」という変化とはちょっと違いますね。一見「音が痩せた」ような錯覚にも陥りますが、それとはちょっと質が違うと思います。
ただ、またパワーアンプのJENSEN換装直後は、明らかにふくよかさが減りました。そういえばSV-91Bの時もそうでした。どちらかというとプリの方がJENSENは馴染むのが早いかも。現在はだいぶ厚みが戻ってきました。
今日は、中身をいじっていないTU-873で聴いています。SV-3はあまりトーン調整に頼る必要が少なくなってきました。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
そんな今回JENSENに付け替えた2台のプリ(SV-3、SV-20D樽プリ)ですが、同じ6DJ8球のプリでも性格は結構違います。何故かサッカーに例えると(笑)、SV-3は「中央突破型」、SV-20Dは「サイド突破型」です。SV-310もニュートラルからサイド突破型寄り…かな(笑)。

SV-3は演奏音自体や演奏の中心を積極的に描くタイプ。積極的にソースと一体化して鳴ろうとします。音も左右に広がるというより、より中心に音を集めたがる、前にと向かうという鳴り方を得意としますね。
対してSV-20Dは(較べると、ですが)周り(空間)から描く傾向。「音を俯瞰して見る感覚」があります。そしてそれはJENSEN換装で更に強まりました。SV-310だともっと明確に空間を描き、「音を見る」様な感覚。


6DJ8球の相性も、それぞれのアンプで少々違うかもしれません。なんとなくですが、SV-20Dは音が厚め、SV-3はすっきり目の球が合っていそうな気がします。ただ6DJ8系は球が馴染むまで時間がかかるので、判断が難しい。
[PR]

by kennoy-mini | 2011-04-16 23:18 | ken球王国。 | Comments(4)  

調子にのって・・・

どうやらSV-20D樽プリのJENSEN化が良い手ごたえだったので、
(まだ換えて3日目です、SV-20D特有の音の速さ、クロスレシオな感じは少し後退したかもしれませんが、その代わり「見える音、SV-310的な音」になった気が。でも話半分で!後は好みでしょうね)
調子にのって(笑)、SV-3もJENSEN化に踏み切りました。勢いが大事ですから。

まず元の状態。↓
a0123978_2129567.jpg


↓そしてJENSEN(0.47uF)を入れたときのイメージ。で…デカい。果たして入るのか!?
a0123978_21294974.jpg

↓①まず電源基板側JENSENのラグ側(コンデンサの黒線側)だけ半田づけ。
a0123978_21381144.jpg

↓②そして、もう一方(セレクター側)のJENSENの黒線側をラグに半田。本来の位置のラグが熱でプラスチックが溶けかかっているので空いてたラグを利用。
a0123978_21391739.jpg

↓③そのまま反対の足を半田。届きにくいので抵抗にからげて半田してしまった・・・
a0123978_21393836.jpg

↓④最後に電源基板側の①のJENSENの反対の足を半田。ラグに当たるのでグラスチューブと絶縁チューブの二重に。
a0123978_21415161.jpg


ふう。なんとか仕上がりました。セレクターも無事機能、ちゃんと左右からも音がでます。

・・・でも、正直あまりお薦めの改造ではないかも。
~といっても音的な話ではなく、スペースの都合。かなり綿密なシュミレーションをしないと入らない、届かない。最初は(絶対無理だ~!)と思いました(笑)。
特に電源基板寄りの方の足が足らず、「タコ足にしようか」とも思いましたが絶縁チューブなどが余っていたのでどうにか対処しました。でもこの変更は、見た目がスマートではないですね。

こちらもまた暫くエージングです。
[PR]

by kennoy-mini | 2011-04-15 22:03 | オーディオ雑感。 | Comments(6)  

JENSEN換装後・・・。

JENSEN換装後ですが、何故か時々最弱音でも音が歪む事があり、どうやらCDPが傷んだ様子。TV入力だと問題ないので。もしかしたらSV-3のトラブルシューティングの時に傷んでしまったのかもしれません。電源いれっぱなしでRCAプラグを何度も抜き差ししてしまったので。うーん、厄介な事になったな。

樽プリは、音質的には今のところ良い、空間表現が上がってきました…ですがその分少し厚みが減った気もします。まだエージングが充分ではないですね。もう少し我慢です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
そんななか、プライム3が出てきました。
a0123978_3131145.jpg
そういえば根津さんにスヴェトラーナ300Bをお借りした時にプライム3を預けていたのをすっかり忘れていました(笑)。リスニングしたら300B比較試聴記を再編集します。

師匠宅に置かせてもらってるⅢLz(HPD295)は、どうも【色の多いアンプ】が合っているようです。その中でSV-2(2007)は手が届かないので、やはり本命、SV-501SEが有力かな。

mini91B自体は良いアンプで気に入っていて、本家SV-91Bより重心の低いかもしれない音が素晴らしいです。ⅢLzもちゃんと鳴りましたが、SV-2で鳴らした直後に繋げると…やはり表現力(色数)がSPに対して物足りないと思いました。ⅢLzはビンテージユニットなので、それなりに色の多さが必要な気がしました。4気筒直噴ターボ(mini91B)より6気筒NA(501SE)みたいな??
同じ300BシングルでもSCOREさんの仰るように設計、回路でやはり随分違いますね。

SV-3用のJENSEN・・・めちゃでかくてひるんでいます。
a0123978_316414.jpg

ひ、人差し指よりでかい(笑)。これは計算外。ようくレイアウトを考えないと、ホンマに入りません。じっくり考えます。
[PR]

by kennoy-mini | 2011-04-14 22:33 | ken球王国。 | Comments(14)