<   2011年 03月 ( 18 )   > この月の画像一覧

 

SV-3トラブルシューティング(その2)。

にらめっこしましたが…今日はダメ。解消しませんでした。今の可能性としては、

・追い半田時の半田流しすぎによるショート
・配線間違い
・ボリューム基板上で接触している
・電源基板の半田不良

…かな、と思っています。電源基板はまだ(半田面が逆さまなので)触っていません。これも右チャンネルの信号と関係あるのかな?電源基板からの配線は追い半田しました。配線間違いは、多分今日キット屋から組み立て書が届くので、よ~く見れば解消するでしょう。

もしボリューム基板上の接触と半田流しすぎだとちょっとやっかいかも、と思っています。半田吸い取り線は持っていますがなかなか使うのが難しい。特に基板上の半田を綺麗に取り除くのはかなり難易度高し。

多分明日夜に先が見えてくると思います。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
土曜は東京文化で6時本番。「大地の歌」公演が中止になり、代わりにマーラー5番とバーバーのアダージョを弾きます。指揮は尾高さん。バーバーは一見凄まじく悲劇的な響きですが、よく聴くととても祈りの響きに満ちています。今回は純度の高いバーバーになりそうです。マラ5の4楽章アダージェットも、いつもとは違って聴こえるでしょうね。
[PR]

by kennoy-mini | 2011-03-31 22:29 | ken球王国。 | Comments(5)  

SV-3トラブルシューティング(その1)。

a0123978_22585798.jpg


調整1回目。なんと1回目で「ジー」ノイズは収まりました。素晴らしい!!
ひたすらシールド線系に追い半田。念の為ヴォリュームにも。これで「ジー」ノイズと音量ゼロでも音が出るトラブルは解消。

変わって「右チャンネルから音が出ない」トラブル。後はこれだけっぽい。セレクターを切り替えても一緒。LINE OUT(プリ出力)を1と2に差し替えても一緒。念の為SPの接続も確認済みなのでパワーアンプ側、SPの接続には問題なし。ようやくここまで判明。要はプリアウトの右(赤)から音(信号)が出ない、という事のようです。

今晩これからもうちょっとにらめっこします。

a0123978_23445188.jpg
(自分のSV-3の内部)

a0123978_2345514.jpg
(同じく)
[PR]

by kennoy-mini | 2011-03-30 22:57 | ken球王国。 | Comments(12)  

ノイズ。

G響の東京公演のため、一時帰京。そして・・・オクで代理入札してもらったSV-3も持って帰り、接続しましたが・・・

早速繋いでみたら、「ジー」っとノイズが。また、音量ゼロ状態でも結構音源の音がでてしまいます(笑)。内部を覗いてみると・・・配線自体はとても綺麗。
a0123978_29913.jpg



症状ははっきりしているので場所はボリューム周り、セレクター周りかな・・・と思っています。ただ、プリアンプは配線が多いので1箇所が問題でもその場所を特定するのは結構大変なんでしょう。それで前オーナーは手放したのかな、と思いました。

ただ、一瞬ボリュームを回したときの音は、大変期待をさせる音でした。組み立て書がついてこなかったので、来週対策をかんがえようと思います。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

しかし、オーディオのノイズ問題は難しいですね。やはり一度体験すると気になるし、原因箇所が特定できないと大きなストレスになります。数日前の大橋さんの日記に「どうしても原因がわからなくてSV-3を壊してしまった話」がありましたが・・・正直、気持ちだけはよくわかります。お気持ちだけは。その方はストレスの元を断ちたかったんでしょう。自分は真空管アンプデビューが完成品注文で本当によかったと思います。もし1台目が自分の組み立てで、しかもうまくいかなかったら、嫌いになっていたかもしれません。

自分は幸い、沢山「援軍」がいらっしゃるので(笑)、焦らず検討していきたいと思います。

・・・しかし、プリアンプの組み立ては大変そうですね・・・。
[PR]

by kennoy-mini | 2011-03-26 00:56 | ken球王国。 | Comments(13)  

ネタを取りに・・・。

明日から群馬。高崎は計画停電にモロ引っかかるので停電時を避け練習をする模様。また外人指揮者が来日せず、N尻さんが振るそう。どうなるか・・・メインはブラ2です。土曜日は墨田で東京公演。

今回の楽しみ・・・実はSV−3を館林の友人にYオクで落としてもらいました(自分も登録はしたがまだ新規扱いなのでなかなかオクに参戦できない)。それを今回受け取りに行く予定です。これは9T専用にするつもりです。どうも最近真価を発揮していない気がしてきたのでブラッシュアップです。

あ、そうそう、福島出身で仙台フィル中に被災した弟子が(実家はなんとか無事だったそう、仙フィルも)、kitLSを頼んでいたのは知っていましたが先日、遂にSV−9T SEもポチッたとか!福島の掃除を終え帰京したそうで、ようやく一息とか。きっと良い気晴らしになる事でしょう。お見舞いとしてEiの14GW8(PCL86) 4本をプレゼントしました。

いいなぁ、自分も作りたい!!
[PR]

by kennoy-mini | 2011-03-22 22:23 | その他雑感。 | Comments(5)  

一息。

19、20日は自分にとって震災後初の本番(オケ)でした。どちらもやってよかったと思います。お客様といつも以上に交流できた気がしました。どちらも1100人近くの方がいらっしゃいました。
世の中的には「今コンサートをするのはどうか」という意見もありますが、確かに被災地はもっと必要なものがあるのは当然。でも東京では傷んだ心を癒し、祈りを捧げる事がいつも以上に必要だと感じました。終演後団員さんたちと義捐金の呼びかけをし、沢山の方が募金して下さいました。ありがとうございます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
帰宅後仮眠をし、その後オーディオを少し。mini91Bはナス、91には暫くPrime ver4にしようと思っています。今週は水曜から群馬なのであまり聴けません。
[PR]

by kennoy-mini | 2011-03-21 03:32 | その他雑感。 | Comments(7)  

今週のオーディオ事情。

最近思う事があります。自分の役割、出来る事として「自分の身の回りの人、直接被災はしていないが心が痛んだり虚しさを感じてしまった人を少しでも癒し、支える事が出来たら・・・」と。このブログもそんな存在であるとしたら嬉しいです。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
節電はしつつ、オーディオも少しづつ。
SV−9Tの管をテレフンケンを外してEiに替えました・・・がこれが意外に良くて嬉しい誤算です。kitLSにSV−9Tの単独使用のせいなのか・・・はっきり言ってテレフンケンより実態感があるとさえ思わされます。CDPがいわゆる最安DVDプレーヤなのもあるのかもしれません。近々プリアンプを挟もうと思っているので、そうしたらまた感想が変わるでしょう。

またModel2の調子(第九のIさんから譲って頂いた方ではない)が悪く、大橋さんに問い合わせたら時々聞くトラブルだという事。電源オンでスタンバイ状態から抜けなかったりサンプリングレートのランプが移動し止まらなくなったりします。再度の電源オンオフで落ち着いたりするので、騙しながら当分使います。ちょうど良いので蓋をあけて追い半田し、その後6DJ8系の球を、その日毎に入れ替えてみようかなと思います。

また、みとこさんから了解が出たので近いうちにmini91BもJENSEN化します。このコンデンサに自分はすっかり魅了されました。内部部品等に凝る方の気持ちが少し分かりました(笑)。
[PR]

by kennoy-mini | 2011-03-19 02:09 | オーディオ雑感。 | Comments(10)  

二つの嬉しい事。

大変な毎日ですが、16日は個人的に良い事が二つありました。一つは、調整に出していた弓がグレードアップして帰ってきた事。軽い弓がったので色々以前の持ち主かその前の持ち主が色々「改造」してありました。それを少しオリジナルに近い方向にふりました。
a0123978_13391562.jpg
↑親指の辺りは木がすり減ってきたので少し足してあります。色がつやつやしている辺りです。

a0123978_13393681.jpg
↑実はこの弓、一度先が折れているんです。はさみで挟んだちょっと上の辺りから綺麗に横に。よくある事故で、価値は激減しますが昔と違って接着技術が進化したのでちゃんと治ります。

a0123978_13394712.jpg
↑この角度でみると補強の木が縦に入っているのがわかるでしょうか。木目が交差しているので、寧ろ元より強くなるそうです。ちゃんと弓と同じ「フェルナンブーコ」という木です。これはブラジルの特定の場所でしかとれない木で、既に伐採制限されています。禁止だったかも。

今回の調整のメインは「反り直し」。弓は出来立てはまっすぐで、それをアルコールランプで温めながら反りを付けていくのです。これが人によって全然仕上がり、機能性が違う!!弓は人間の「口」の様な大事なものなので、機能性は重要なのです。
以前の反りは少し剛性重視でついていたのですが、より「素を活かす」方向で調整してもらいました。結局それが一番自然で強さ、しなやかさも出る。改めて実感。目方は普通のチェロ弓の重さより軽くなりましたが、ようやく「一本筋が通った感じ」。これから更に馴染ませようと思います。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
もう一つは・・・みとこさんから「みとこプリ」の概要画像を頂きました!!ワクワクします。

a0123978_13402034.jpg

どんな音になるでしょうか・・・超楽しみ。
[PR]

by kennoy-mini | 2011-03-17 07:40 | その他雑感。 | Comments(0)  

スタンス。

…色々世間の話を聞いてると「お金を使う、落とす事でお金が回る事が今こそ大事」らしいですね。こういう貢献なら自分も出来る(笑)。
きっと今回の余震活動は1年くらいは続くんでしょう。スマトラの余震は1年後にも来たらしいので。
そうとなると、あまり最初からストイックに節約、節電を考えすぎると息切れが怖いですね。上手に付き合おうと思います。

現状では募金以外になかなか目に見える貢献は難しいですが、まずは出来る事から。そして日常プラスアルファ、くらいの貢献が長続きする秘訣かな、と。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
さて、こういうとき音楽を・・・何を聴くか。ちょっと対照的な4枚を紹介したいと思います。
      (左上 SRCR2569 右上 PHCP-10367)
a0123978_317013.jpg
     (左下 SRCR2734 右下 SICC263-4)
a0123978_321249.jpg


左上はビルスマのヴィヴァルディのチェロソナタ集、左下は以前も紹介したカルミニョーラの「リュート、VnとCELLOのためのトリオ集」。この2枚は今この重い空気の中でも聴きやすい、そして癒されやすい2枚です。人間的な響き、日常の喜びを感じる2枚です。半音低いピッチですが受け入れやすいと思います。綺麗に半音低いから。

右の2枚は重め。上はグルミオーのモーツァルト、それも室内楽です。特に弦楽五重奏曲K,516ト短調はモーツァルトの最高傑作のひとつだと思います。下はジュリー二の振るバッハのロ短調ミサ。超重厚。ジュリーニはチョンミョンフンの先生でもありますね。このCDは自分が身内を2年前に亡くした時に3日間聴きまくったCDです。右の2枚は古いのでちょっと入手が難しいかも。
[PR]

by kennoy-mini | 2011-03-16 00:10 | 音楽雑感。 | Comments(4)  

こういう時こそ更新かなぁ・・・。

こういう時はブログの内容も難しいですね。ただ、ニュースばかりみているのも(自分も皆様も)辛いと思うので、考えた結果更新は続ける事に。新たな試聴実験などは自粛して、色々雑感を書いていこうと思います。
宜しくお願い致します。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
[PR]

by kennoy-mini | 2011-03-15 00:08 | その他雑感。 | Comments(2)  

計画停電、そして・・・

うちの地区、川崎市では(今のところ)13:50~19:30が停電時間。何が困るだろうと考えると・・・

・トイレ
・お風呂の湯沸し
・冷蔵庫(意外と盲点!)
・固定電話
・給油所
・銀行ATM

・・・とりあえず思いつくのはそんなところでしょうか。え、信号も・・・車危ないかぁ・・・

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
いつまでも現実を受け入れないのもよくないので、ひっくり返っていたスピーカー類に手をつけました。根津さん宅と同じく吹っ飛んだオートグラフ・ミニをスタンドにセット、傷付いたオートグラフミニは、かえってオールドTANNOYの様な味が出てきました(モノは考え方次第!)。
スーパーツイータをセット(端子がぐらぐらになったが音は大丈夫そう)、暫くは毎回SPをSPスタンドにセットする使い方を想定。

久し振りにSV-91Bに灯を入れ、SV-310・Model2、マランツSA8400・・・(あ、電源投入は逆順ですね)、そこから出てきた音は・・・悲しげな、悲しい程沁みる音でした。切なかった。
(今日はプリの整流管はCV378、91BはRCA 5U4G)
明日からは節電。一応使いますが無駄につけっぱなしにしないようにしないと!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
明日はサントリーで本番(注:14日午前に中止決定)。英雄の生涯とモーツァルトの40番。コンサートの最初に献奏としてG線上のアリアを弦楽合奏で。
今日その練習しましたが・・・もう涙・・・。こういう時にハーモニーの力は凄いです。5度から1度(楽典的には全終止といいます)、4度から1度の和音進行(俗にアーメン終止といいます)、色んな調を経由してメインの調性に戻ってくる度に込み上げるものがあります・・・

もし、音楽を捧げるつもりでオーディオを聴くなら、ミサは勿論ですが(フォーレのレクイエムやバッハのロ短調ミサあたりが僕は身近です)ベートーベンの弦楽四重奏の16番の3楽章や15番の3楽章あたりが思いつきます。モーツァルトのクラリネット5重奏の2楽章は、カザルスか誰かの葬儀でも演奏されたと聞きます。


P.S. 7月31日に新潟のだいしホールで友人と室内楽の本番をする予定なのですが(まだ詳細は全然これから、決まったらUpします)、後半はブラームスのクラ5と決定済みでしたが、前半が全く決まっていませんでした。できるだけ捧げるにふさわしい曲目を並べたい・・・と話し合っています。
[PR]

by kennoy-mini | 2011-03-13 23:16 | 音楽雑感。 | Comments(2)