<   2011年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧

 

「球王」59号の感想。

管球王国59号を読んでみました。久し振りで新旧300B、22種の聴き較べの記事が。
読んでみて・・・「うーん、わかったような分からないような」(結局買ったケド…笑)。
ちょっと感想を書きます。別に悪口を書きたいわけではありません。そのつもりで読んでください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
WE300Bも年代順に5種類の試聴記事があるのですが、どうも読んでいると…よく分からない。ぼかしつつなんとなく「刻印が良い」「刻印は万能」ありきで書かれているように感じる内容。確かに年代でWE300Bも音は全然違うんでしょう。scoreさんも仰っていましたし。だったら逆に表現をぼかさなくてもいいのでは?
仕様の違いの知識を持っていると「仕様の違いを聴き取る」方向にいきがちです。試聴しているお二人も様々な年代のWE管を沢山聴いていらっしゃると思うので、WEとその他の管との違い、現行管とNOS管の根本的違いなどのコメントがもっとあれば…。逆に「この年代より後はWEとは言えません!」「やっぱり刻印は最高ですね」くらいの言い切りの方がまだ良いと(笑)。いっそWEだけブラインドでやるとか(笑)。

私見ですがWE300Bは復刻でもやはりWE。その大前提は崩れないと思うので、なるべく同じ条件(事前の慣らしなど)で、教習所の問題のようなテクニカルな表現はナシで、もう少しストレートな表現が欲しかった。できればWE300Bの知識/体験があまりない、先入観のない方の感想をひとりふたり混ぜると、とても面白い記事になったと思うのですが。STCとセトロン300Bのコメントは多少素直でわかりやすかったですが。あまり知識がなかったからなのかな・・・


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
現行中国管も、イマイチ良いんだか悪いんだか。これだけあればジャズ向き、クラシック向き等あると思うのでもう少し「好み、好みではない」「~向き」などの明言が欲しいと思ってしまいます。なんとなく「先に仕様書を見て、読みながらそれにあてはまる違いを聴きとろうとして聴き取った試聴内容」に感じました。先に先ず音を聴いてから「ああ、こういう仕様なのか」という順だと感想が全然違うと思います。

一番謎だったのはTA-300Bの回で「いずれの現代管とも音の出方がことなる~あえて似通ったところがあるとすればWEかな~」とあります。その後に一応「しなやか、エッジがシャープ~」とはありますが、今回の比較試聴の目玉管でもあり、WE300Bも5種類揃っている訳なのですから、WEっぽいというなら「この年代のWEに近い」と言い切って欲しかったです。逆にちょっと怪しいリップサービスだと思ってしまうのは自分だけ??値段的には復刻WE300B(の相場)に近い訳で、それなら復刻WEとの比較や、国産オールド300Bとの比較などをすれば納得なのですが…国産オールド300Bが今回ラインナップにないのは失敗でしたねぇ。

仕事柄、いろんな弓や楽器を触ったり、同じ作者のものを較べたりする事もあります。当然同じ作者でも違います。相手が木材ですし。木材に2つと同じものはないですから。そうすると、よいものほど「この曲には最高」とか「音色が」「音の飛びが」「ソロ向き」「室内楽向き」とか、全部よいながらも必ず相対的に得意分野があるもんです。バランスが良いものは結構凡庸な事が多いです。なんでも(本人にとって)頼りになるものはあっても万能はないんではないかな。その意味では、WE300B刻印は万能的なのかしら。なら、そう書いてほしい、と。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
・・・なんだか、どう見ても悪口にしかきこえませんね、苦笑。戯言ですから。
いや、良い企画なので欲がでたのです。

失礼しました。
[PR]

by kennoy-mini | 2011-01-31 21:07 | オーディオ雑感。 | Comments(4)  

収穫多き優勝。

                          日本1-0豪

延長後半・・・このままPKかと大半の人が思っていたところでゴール!なんとオーストラリアを振り切りました。結果はまあよかったですが、今大会の収穫は大きいと感じました。
まず何よりザッケローニ(以下ザック)がアジアの諸国と対戦し傾向、パターンを体感、経験した事。W杯予選の直接の相手ですからかなりの収穫になったでしょう。中東の徹底したロングボール作戦や超守備的作戦、韓国のスタミナ、オーストラリアの老獪さとフィジカル、なかなか理想とは違う戦法も必要になります。


自分のザック評ですが、あまり期待してなかったのですが(笑)、いまのところまずまずの好評価。まず学習能力があります。韓国戦終盤、5バックにして逃げ切りを図りました。が結果は同点に。日本人には守って逃げ切るメンタリティーはありません。ある程度攻め、ボールキープをして時間をかける事が一番の守備になります。それを、ちゃんとオーストラリア戦では同じ轍を踏まなかったところはよかったです。
後は自分に責任のかかった場面でどんな人間性を発揮するか。選手起用、交代手法は意外と手堅いですが、なかなか楽しみです。


日本代表の課題は…まず日本は相変わらずシュートが少ない。もうちょっと打ってもいいと思います。自分が対日本のDFなら「どうせシュートを打ってこないもんね」と思いますもん。
また守備でのクリア、こぼれ球の処理がとても気になります。ただ前方にクリアしても相手に拾われたらまた放り込まれるのでもう少し繋ごうとしても良いと。こぼれ球を拾う選手がいない。そういう守備的MFが欲しいです。DFの1列前の壁が。


攻撃面ですが、日本は「人を使う選手」が多いので逆にもっと「人に使われる選手、使われる動き」が欲しいですね。こっちのやりたい事だけではなく相手が嫌がる事を徹底的にやってほしい。
[PR]

by kennoy-mini | 2011-01-30 19:01 | その他雑感。 | Comments(0)  

もうすぐ決勝。

そうです、アジアカップ決勝、日本対オーストレイリア!

オーストリアに行って「オーストリー」と言っても通じません、「ウスターライヒ」みたいな発音になります(笑)。
オーストラリアとはジーコさんが作ってくれた(?)因縁がありますねぇ。ドイツW杯でのあの忌まわしきケーヒルの2得点…忘れませぬ。今回もいますねえ。

決勝は、はっきり言って僕は負けてもいいとも思っています。流石に真剣勝負のこの舞台で日本、ザックがどんな手を打ちどんな戦いをするかが楽しみです。香川のいない日本がどんな攻めをするか。テンション上がるなあ。注目は今野のカバーリングと、修羅場をくぐっている遠藤の統率かな。遠藤は今まで少しサボっていた様にも見えるから(笑)、決勝は何かやってくれるかと。
[PR]

by kennoy-mini | 2011-01-29 21:35 | その他雑感。 | Comments(0)  

少し休み。

風邪気味+足が痛く(座骨神経痛??)ちょっと静養中です。

そんななか、先日ちょっと「真空管の師匠」宅に寄りました。
a0123978_23294817.jpg

オーディオラボ・オガワさんからシーメンスが帰ってきたのです。状態が良かったらしく、ツイーターのビリつきの修正のみで済んだので予想外に早く戻ってきました。師匠曰く「そういえば当初はこんな音だった、という音になりました」との事です。音の記憶って凄いですね。

ついでに自分のナス300Bを挿してみました。
a0123978_23375210.jpg
845はキット付属。6SN7はtung-sol。この組み合わせも良いです。ナスは置いてきました。
[PR]

by kennoy-mini | 2011-01-25 23:42 | オーディオ雑感。 | Comments(2)  

懸案を少しずつ。

先ずmodel2を「3本足」にしました。電動ドリルで穴あけ。以前の位置と同一線上にあけました。本当は後ろ(背面)を1本足にしたかったのですが基板を取り外さねばいかなかったので我慢して前足で。
a0123978_152763.jpg


続いてSPケーブルを選手交代。ベルデンからWE線(らしい)に。
a0123978_156382.jpg
写真を撮って初めて、STの接続を左右で違っていた事にきづきました!いかんいかん。皆様も時々確認しましょう(笑)。
もともと導入ありきで入手したので比較テストは無し。気づいたらまた書きます。


P.S.東京を留守にしていてキット屋さんのアンケート、出しそびれてしまいました。しまった…といっても要望は特にないですが。おそらくmini91BはLM310Aの登場によりそう遠くないうちにリニューアルされるでしょうし、廉価セレクターもしかり。「真空管の師匠」が待ち望んでいる昇圧トランスも【確か開発中とおっしゃっていたので)そのうち出るでしょう。

いつかキット屋さんで見たいのは「本当の真空管プリメイン300Bアンプ(プリ部一体型)」と、後はSPとセットで10万前後のアンプセット。なんなら「木製真空管ipod対応(RCA入力付)アンプ一体型SPシステム」のようなものがあれば友人にも奨めやすい。
[PR]

by kennoy-mini | 2011-01-17 01:45 | オーディオ雑感。 | Comments(0)  

木製SPスタンド。

a0123978_0451464.jpg


ちょっと出張してました。今月はもう東京のみです。年末の片付けで再び腰を痛めたので少しペースを落としつつ自室の片付け&オーディオ整備をしていきます。

そんな中、バック工芸社のSPスタンド、BESIC-5を試してみました。たまたま以前MODEL2を載せた時にとてもよい音だったので素性が良い事は分かっていました。その音は・・・

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
とても綺麗な音です。「間近な音」のSV-91BがSV-2(2007)になったような音。豊かな柔らかい音が包み込みます。木製だから静寂さがなくなるかと思いましたが、そんな事をありません。スタンドの足は勿論振動しています。天板がないので直接SPの振動が足に伝わっています。オガワさんはその足が響きを放射する狙い…のような事を仰っていた気がします。個人的にはこの「足の向き」にポイントがある気がしています。

ただ多少使いこなしにコツも要るようで…まず御影石との相性が我が家では最悪でした。床に直置きの方がよかった。後、低音の処理が難しい…あまり出ないんです。今とは全面的に方向性を変えないといけないようです。高さもちょっと低いので、もし導入するには足を延長したタイプをオーダーする事になるだろうなぁ。
後は音の方向性です。とっても良い音だったのです…が、我が家での「音楽モニター」としての音が後退してサロン的な音になるのです。ソースを楽しむ、会場にいる雰囲気にするにはうってつけの音ですが今の自分の方向性とはちょっと違う。好みの問題ですね。

…という訳で結論を言うと導入は無し。そもそもうちのデフォルトのTAOCスタンドは申し分ないです。ですが、木製スタンドでオートグラフミニを鳴らす事は一度やってみたかったので、大変勉強になりました。オガワさんに感謝です。レンタル試聴する価値は大有りでした。とても綺麗な音でした。
[PR]

by kennoy-mini | 2011-01-16 22:36 | オーディオ雑感。 | Comments(0)  

準備。

a0123978_372367.jpg
オガワさんからお借りしたバック工芸社のSPスタンドをセットし、みとこさんから譲って頂いたWEケーブルをようやく一組分切断、バナナプラグをセットし半田処理しました。近いうちに試してみます。ここまでが面倒くさかった…(笑)。
[PR]

by kennoy-mini | 2011-01-09 00:01 | オーディオ雑感。 | Comments(2)  

旅の記録3.

a0123978_1874985.jpg
a0123978_188394.jpg
すっかり忘れていました。オーディオラボ オガワさんを訪問した時の話を。

お店は山形市から更に行った鶴岡です。仕事で鶴岡に行ったのですが、ついでに「真空管の師匠」のSPユニットのオーバーホールを依頼しようと車で持参したのです。(後日連絡があり、どうやらコーンは張り替えなし、ビリつきだけとる、後は点検という事になりました)1階は「町の電気屋さん」。2階が「オーディオ部門」となっていました。
2階にあがると試聴室に入る前にオーディオ機器がずらっと。試聴室には既製品のSPに加えオリジナルブランド「バック工芸社」の製品が色々あります。(実はSPスタンドを借りたのですがなかなか良さそう。後日レポートしようと思います)下の写真はオガワ社長の作業部屋のシステム。LE8Tフルレンジを細長い箱にいれています。TWQTの中に板が入っていない、要するに共鳴管のようなSP。吸音材も無し、SPの底が穴が閉じられていないという独自の考えの箱でした。板も表は厚く、側板を薄くして響かせる考えだそうで、ここには書きませんが色々ノウハウを語って頂けました。研究中だそうですが本当に優しく、それでいて説得力があり、聴き疲れしない良い音でした。
[PR]

by kennoy-mini | 2011-01-06 18:12 | オーディオ雑感。 | Comments(2)  

腰痛2011。

暮れやお正月のプチ片付け(実は今もやっている)が祟ったか、少しビリビリ度が、増してきました。ここのところ割と良かったのですが・・・。最近は椅子から立ち上がった10秒間以外さえしのげば大丈夫な状況でしたが・・・このところはちょっと「神経にさわってるな」というのがよく分かります。。暮れの掃除と今やっている自室の模様替え、集中レッスンでちょッちゅ悪化してますなあ。気をつけます。

そんな中、自室で一番重いTV台とTV、テーブルとベッドを動かしました。これさえ動けばオーディオのセッティング替えも出来ます!暫く散らばった小物をまとめたらオーディオを再セットしようと思います。「真空管の師匠」宅に出張中のⅢLzも、ようやく置けそうなスペースが。
あ、オーディオラボ・オガワさんに出していた師匠の「シーメンス・コアキシャルユニット」も、近々戻ってきます。どうやらエッジやコーンは張替えの必要がないようで、早い帰艦となりましたね。万全のシーメンス、どんな音がするんだろう??興味津々です。
            (↓ハイハイ堂から画像拝借。木は違いますが師匠と同じ形。)
a0123978_23164941.jpg
a0123978_2317760.jpg
a0123978_23172222.jpg

[PR]

by kennoy-mini | 2011-01-04 00:35 | オーディオ雑感。 | Comments(4)  

ウィーンフィル・ニューイヤーコンサートを見た。

今年のウィーンフィル・ニューイヤーコンサートはリンツ生まれのウェルザーメストが指揮でした。いつもこのコンサートはなんだかんだで見ている率が高いです。
いつも注目するのが「指揮者がどのくらい仕切るか」です。ウィーンフィルは皆共通言語で話す集団なので(皆沖縄生まれみたいな??)、そこに他国他県の人が仕切るのはあまり効果的ではないのです。ベルリンになると多国籍なので「話す」というより「歌う」方向になります。それでもドイツ語を話せない団員はいない筈なので、ある程度共通言語的な意思になりますが、ウィーンほどではない。去年のバレンボイムはなかなかよかったです。あれぐらいのカリスマがあるとどぢらでも大丈夫。メストは無難な感じでした。ちょっと我慢している風もあって面白かった。

笑ったのがたまにピッコロ奏者が「耳栓」をしていた事。斜め後ろに小太鼓がいてうるさいからでしょう。・・・でも、ピッコロて相当うるさいんです(笑)。集中したいんでしょう。

それにしてもチェロ6人であそこまで豊かな響き・・・勿論巧いからでしょうけど、やっぱりホールも相当良い。


再放送はBS-hiで1/3のAM11時から。
[PR]

by kennoy-mini | 2011-01-02 16:48 | 音楽雑感。 | Comments(9)