<   2010年 05月 ( 16 )   > この月の画像一覧

 

お久し振りの訪問。

a0123978_17411873.jpg


岐阜で仕事があったので、ちょっと足を伸ばしキット屋ショールームに寄らせていただきました。ちょっと…とは言いましたが試聴する気は満々。大橋さんは日曜日という事もあってか、リラックスモード。(もっとしっかり休んでいただきたいな・・・)と思いながら日曜に試聴に付き合って頂くという矛盾(笑)。既に「第9のIさん」もいらしていました。今回はIさんに会う事も目的の一つです。着いたら「オートグラフ・MID」がVP-2500で朗々と鳴っていました。
(CEC-TL51X↦192S(DAC)↦192A/D(プリ)↦VP2500(PX25パラシングル)



まずは雑談がてらSPを、持ち込んだⅢLZ(HPD295)をそのままのシステムで繋いで頂きました。まだ寝ぼけていたし本日1台目なので、このシステムでの音は全く覚えていません(笑)。仕事が終わった開放感で耳もオフモード。
とはいえそのままでは意味がないので、耳を起こす意味でもSV-91Bに繋いで頂きました。Iさんが「中域が分厚くなりましたね」。流石に同じ「300B党員」、慣れた音・・・といった感じに二人とも安心しました。その後ⅢLZの使いこなしを色々大橋さんに説明いただきました。

このSPはロールオフ、エナジー設定が付いていて(皆さんはご存知ですよね、笑。自分は慣れていません)自分はこの使いこなしがよく分からなかったのでアドバイスがほしかったのです。大橋さんは「ロールオフは高域の落ち方の設定です。多いパターンはロールオフをまず上げて(最大まで??)、エナジーで効きを調節する・・・というやり方です」との事。現状の設定は・・・ロールオフが上げ気味になっていたようです。ロールオフを上げると高域が効く、その事で低域に影響が出て低音感もしっかりしてくる、というのが、自分のこのSPでの印象です。


・・・正直、SV-91Bでも(うーん、まあよく鳴ってはいるが・・・惚れるまではいかないなぁ)という感じ。大橋さんも「置いていっていいですよ、笑」なんて言うし・・・少々戸惑いながら・・・ふと思いつきSV-501SEを出してきていただきました。
予想外の展開でした。501SEの方が、91Bより合っていたのです!第9のIさんも「91Bより明らかに良いですね」と即答。まさかのまさかです。91Bの方がドライブ力がある、というのが聴く前の予想だったのに。自分には「これしかない!」という音でした。SV-4でも鳴らしてもらおうか・・・とも思いましたが300B管で鳴るのが一番なので(聴かぬが勝ちだ!)と我慢(笑)。Iさんと二人で「やはりSPにアンプを合わせる、SPとアンプは相性があるんですね」と、身をもって体験しました。

今、というか今年は501SEを買うお金は無い・・・でもとりあえず自分のⅢLZが本領を発揮した音はチェックできたので試聴の目的は達成。有園さんに自分の旧9Tのチェックをしてもらい(ありがとうございます!!)、無事合格を戴き(やった!)、ついでにⅢLZを9T SEで鳴らしていただきました。

9TSEは、SEになってVOLが一つになりました(一つになったのに2連、というそうです)、以前は左右独立。(こちらは単連というそう)これはゲインが下がった為可能になったそうで、以前はゲインがかなり高かったため左右で分けないと微妙な音量の差が出る可能性があったそうです。どちらも必然なんですね。勉強になりました。
9TSEでの音は・・・テレフンケン球で鳴らしている事もあり、Ei球よりしなやかです。大橋さんは「テレフンケンの方が音の繋がりが良い」と表現していました。もともと9Tはシャープ・クール系なので300Bより表現がクールなのはある意味当然です。ドライブ力は文句なしです。個人的には温度感は300Bの方があるかな、300B党員としては(笑)。


この後、大橋さんと共に第9のIさん宅に移動です。目的は・・・憧れのハーヴェスコンパクト7ES-3の音を聴かせて頂く為です!すごく楽しみ!!(続く)
[PR]

by kennoy-mini | 2010-05-31 17:41 | オーディオ雑感。 | Comments(0)  

我慢の時期…

試練…の金欠。今年はもう身動きがとれない(笑)。この時期は色々必要経費の支払いに追われます。

そんな時こそ今後の展望を練りたいと思います。買えないときこそ冷静に妄想を。単純に資金の事はお置いておいて、今後欲しい機器は…

・CECのTL-51(XかXR)。これはもう新品は手に入らないので、逆に腰を据えてゆっくり良い中古を捜します。

・もう一台DAC。これはSV-192Sでなくてももう1台MODEL2でもいいかな、と思っています。シンプルですし、まだ本当の実力をしらないのでもっと掘り下げたい。また結構TVから音楽(番組)を聴く事も増えてきたのでTV音声をデジタルで出してMODEL2で出すのもいいかな、と。

・SUONO・・・。これは今年は無理。越年決定。廉価版出ないかなー。


お…意外と少ない(笑)。実験としては、オートグラフ・ミニに追加しているST-25(スーパーツイータ)を樽アンプでドライブしたらどうなるか…というのはいつか試してみたい事です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ここからは現実的な、また安価、もしくは既に着手可能な課題(遊びに近い)。

・SV-17KのJENSEN化。これは是非やりたいです。17Kは9T(ver.2)と違って蓋を開ける事もストレスになりません(笑)。6V6球もRCAとマルコニがあるのでもう充分。

・kitLS3/5AにTAKE T  BUTPUREをビルトイン。実はもう持っているのですが、配線が面倒くさい…どこに貼るか…という問題もあるし。できれば上に置かず、バッフル上に張りたいところ。

・SPユニットに箱をつける事。今、ALTECの405-8H、CF308(だったかな?)、パイオニアのPE-101Aと3ペアも裸ユニットがあるので早く作ってあげないと。とりあえず適当な箱を流用し10cm用の後面開放実験箱を作ろうと思います。



こんな感じです。2010後半は結構趣味的、実験的な感じになりそうです。
[PR]

by kennoy-mini | 2010-05-19 02:37 | オーディオ雑感。 | Comments(0)  

魔法。

昨日の「アタッカ(曲間を間を置かず弾く)の必然性」を少し説明したいと思います。

チャイ5の1楽章の最後は「ミソシ」の和音で終わります。これは1楽章(ホ単調)の主和音、所謂Ⅰ度というやつです。因みにシの音は誰も弾いていません。「ミソ」が鳴る事で「シ」は聴いている人のイメージの中で鳴っているのです。これはチャイコフスキーの「魔法」。

そして2楽章の出だしは「シレファ♯」の和音。実際には下から「シファ♯シレ」。これはロ単調のⅠ度の響きなのですが、ロ短調では「ミソシ」の和音はⅣ度。「ミソシ→シレファ♯」…これは「アーメン」となるのです!

勿論ただ「アーメン」になればいい…という意味ではありません。要は調性音楽は「この音に行きたい」という方向性があり、そして「アーメン」という概念があるからには、「ミ」の音は「シ」に降りたい、という見えない方向性が働きます。そして「シ」の音が実際には鳴っていないからこそ、低い「ソ」の音は、半音下の「ファ♯」に向かいたい力がより働くのです。結果、1楽章と2楽章が切れ目無く、より「重く」響きます。

テミルO-Oフさんはそんな事は一言も言いませんでした、ただ「アタッカ」と。いや、口で「アタッカ」とさえ言わず、ただ指揮を止めなかった。けれど、そこまで絶対に感じているからこその「アタッカ」です。そして彼が振るとⅠ楽章が終わり「ミソ(シ)」の主和音の余韻がじわーっとⅣ度の「ミソシ」の意味に変わるのがわかります。意味が変わると「シレファ♯」の響きの重みがとてつもない必然性を帯びてきます。これはほかの指揮者がただアタッカを真似すれば出来る芸当では絶対ない。
それに、大抵の指揮者は大体「間」を置きます。お客さんは咳をして、オーケストラは一呼吸整える。そして改めて2楽章に入ります。なので気分が入れ替わり、意外と明るい響き(この先のニ長調が見えてしまう響き)に(今思うと)なってしまいます。簡単に言うと「カラオケのイントロ」になります(笑)。そうすると、その先のホルンのメロディーが単なる「おいしいメロディー」どまりに過ぎなくなり、特別なもの(天から降ってくる響き)にはなりません。
(これに気づいた自分は偉いかも、笑)

いやー、びっくりした。こんなに「音と音の間を歌える、気持ちを込められる指揮者」がこの世にいるとは。「魔法」をみました。
[PR]

by kennoy-mini | 2010-05-15 23:00 | 音楽雑感。 | Comments(0)  

素晴らしい指揮者。

オーディオの話題ばかりアップしていますが働いていない訳ではありません(笑)。
今回の仕事の指揮者(テOOカーノフ)は歴代3本の指に入る素晴らしい指揮者です。発言もウィットに富み、大変楽しませてくれます。チャイ5の1から2楽章への導入の「アタッカへの必然性」をこんなに感じたのは初めてでした。そして2楽章の最初、弦は地上の音楽、その後のホルンは「天から降ってくる音楽」らしいです。同じ世界ではないんですって!!ナルホド。
[PR]

by kennoy-mini | 2010-05-14 22:55 | 音楽雑感。 | Comments(0)  

SV-9T(ver.2)完成!

本当は9Tはダイニング用アンプになる筈でした…それがラジオの入りがとても悪く、真空管アンプで聴くと雑音で聴けたもんではありません。しかもその原因が、横にある冷蔵庫のせいっぽいのです。冷蔵庫は流石に場所替え出来ないので(笑)、ダイニングの真空管導入が頓挫しています。今日ブースターアンテナを買ってきたので今度もう一度試して、駄目だったら違う場所に設置するかもしれません。

しかし、おかげさまで9Tのアンプ内部のノイズ問題は解決しました。やはりラグ板の角度が少しトランス側に傾いていたせいっぽいです。シールド板に寄りすぎて影響を与えていた様です。ぐいっと増幅側に倒して(少しですが)、ヒーター線もシールド板から避ける方向で蓋を閉めたら(蓋は相変わらずきつめ)、見事静かになりました。まあラグ板の角度の甘さはキット屋さんに罪はありません、そこまで確認していたら大変です。
新型(SV-9Tse)は全然レイアウトも違いますし、恐らくノイズにも充分対策は練ってあるでしょう。もともと静かなアンプですし。ちょっと運が悪かったです。早く作らなかったからでしょう(笑)。

寝る前に9T+kitLSでマウントバーニーオーケストラでリラックス。癒しです(あのエコー的な弦の響きはプレイヤーが音を延ばしてずらしてやっているそうで…職人技だ)
[PR]

by kennoy-mini | 2010-05-12 23:19 | ken球王国。 | Comments(0)  

再びオフ会(その3)

やはり自分は300B党員です(笑)。少し9Tはクールな表現、対してmini300は倍音の出方が弦楽器奏者好み。これはアナログでも一緒。ただmini300はプリ無しと有りでSPのドライブ力が結構違います。
9Tは単体でも…寧ろ下手なプリより単体の方がその真価を発揮するかもしれません。よくわかりませんがプッシュプルとプリアンプはシングルより入念なマッチングがいるんでしょう。
またアナログの倍音と300Bの倍音は少し似ています。ウォームすぎると思ったら9Tの方がいいかもしれません。

当分9Tは単体で使用する事に決めました。効果的に追加するならプリより…先にmodel2かな。今ならソフトンさん扱いですが。場所もとりにくいし、シンプルな作りが自分好みです。
[PR]

by kennoy-mini | 2010-05-11 00:34 | オーディオ雑感。 | Comments(0)  

再びオフ会(その2)

a0123978_1843115.jpg


今回初の試聴を行いました…それは「樽プリのフォノイコライザー部を使ったアナログ試聴」。ただ、自分はアナログは全くウブで一切何もわかりません。(それだけに偏見が無い…とも言えますが)

まず、9Tを樽プリにつなぎ、フォノポジションをMCに。画像には師匠自作の、上杉さんの回路を参考にした自作のフォノイコが写っていますが今回は使わず。樽プリのフォノ部は、自分は初めて聴くのでコメントしませんが「これはよく出来ていますね、よい音ですよ」と師匠。そしてCDとアナログの差は…やはりありますね。喩えると普通の管とWE管の差の種類に似ている、と感じました。
[PR]

by kennoy-mini | 2010-05-10 18:19 | オーディオ雑感。 | Comments(0)  

再びオフ会(その1)

a0123978_2363552.jpg


再びオフ会をさせて頂きました。今回はmodel2,SV-9TにVP-mini300Mk-ⅡとSV--20D(樽プリ)を追加です。
まず、感じたのは樽プリと300Bの相性の良さ。エレキットTU-873もmini300も、特にチェロでは(やっぱり300Bだ!)という表現で、これはSPがシーメンスだろうと共通です。樽プリの助けもあり、かなり良さが出ていました。

9Tですが、特に単体ではとても良いです。樽プリとは…少し合っていないかも、という印象です。というより樽プリと300Bが相性良すぎます。SV-3等で少し響きを足した方がいいのかしら…ちょっと試してみないとわかりません。(試しませんが、笑)

そして9Tのノイズ問題ですが、2つのラグ板をなるべく増幅側に倒してトランスシールド板から離し、尚且つヒータートランス配線も迂回させてセットした結果静かになりましたので、これでもう完成宣言します。また出たら…その時はその時。
[PR]

by kennoy-mini | 2010-05-09 23:37 | オーディオ雑感。 | Comments(0)  

急遽オフ会(その3)。

a0123978_4101318.jpg


そうそう、師匠と「TELEFUNKEN」の話題になりました。師匠のテレフンケン評は「好バランス、これといって特徴がないが良い音」という評価。なるほど、ブルーマウンテンの様な?と伺ったら「良い喩えですね」とお褒めのお言葉を(笑)。
そして「結婚祝いにはテレフンケンE88CCを贈ってあげます」とも!
これは…とりあえず1回は絶対しないと(笑)。

9Tですが、どうも個人的にはTANNOYだとその本領を発揮していない気がします…というよりTANNOYには300Bが合う。これは真理です(笑)。なんでだろう…。
仮説ですが(最近仮説が多い)、高域のエネルギー感と関係ありそうな気がしています。
TANNOYは同軸で高域はいわばホーン状なので、少ないエネルギーで直進性がある。なので300Bシングル辺りでちょうど良い。
LS系は高域がソフトドームで直進性が少ない(エリアが広い)、なので押し出しの強いアンプで高域の直進性を出すと良い。300Bは押し出しで勝負…というより共感させる表現力ですからねえ。
[PR]

by kennoy-mini | 2010-05-07 00:10 | オーディオ雑感。 | Comments(0)  

急遽オフ会(その2)。

a0123978_16464227.jpg



今回、9Tを持ち込んでうちでは見せない音をみせたのは「響きの多さ」。今まで刈谷でちょい聴きした時もあまり「プッシュプル独特の響きの多さ」を感じたことはあまりありませんでしたが、今回シーメンスを通して聴いた時、あるタイミングで(あれ、残響がどれも長いな)と感じたのです。
それはもう帰りがけの時で、一度アンプをエレキットに戻し、model2も外し、最後にもう一度9T単体でCDを再生した時でした。最初に9Tを繋いだ時は初めからmodel2を繋いでの試聴でした。9Tのみの時に自分の耳には響きの長さに若干違和感を感じたのです。

そこで改めて9Tにmodel2を繋いだ状態で再試聴した所、確かに同じく響きは長め…ただその残響の収束の仕方、倍音の自然さがmodel2無しと有りで全く別物になる事がわかり、ちょっと唖然としました。確かに今回のmodel2はTESLA E88CCを1年使いこんだ状態ですし、ケーブルもSAECの同軸で「最強状態」でしたが…それにしても実体感が違いました。最後に聴いたサバリッシュ指揮の「英雄の生涯」、オーマンディ指揮の「キージェ中尉、火の鳥、ハーリヤーノシュ」は、それはそれは素晴らしい響き。平面バッフルの自然な鳴りに9Tの押し出しがぴたりとマッチ、二人で「これはいいですね」となりました。

実は「真空管の師匠」、845管を使ったアンプに興味津々なのですが、正直9Tの方が合っていそうな気がします(笑)。師匠も「このアンプは1台あっても良いですね」と仰っていました。
ただ、師匠宅にはプリアンプがありません。恐らくこの手ごわいSPにはプリは必須だと思うのですが…師匠も「もうCD直結に固執もあまり良くない…と、このDACを繋いで思いました」と、プリ追加も視野に…というよりmodel2に完全に興味が(笑)。確かにデジタルにあまり拘りがない師匠には192Sよりmodel2が合っているかも。自分も当分model2でよいです。6DJ8も貯まりましたし。

今度お邪魔する時は樽プリを持ち込んで再検証しよう、と考えています。
[PR]

by kennoy-mini | 2010-05-06 16:45 | オーディオ雑感。 | Comments(0)