<   2010年 02月 ( 19 )   > この月の画像一覧

 

バイアス見直し、6V6比較試聴等。

mini300のIp(バイアス)を見直したら0,64Vと全然低い値で鳴らしていました…やはり時々見直さないとですね。

IPを調整中にY響の本番がTVでやっていて(スクロバチェフスキ、ブルックナー9番)その本番にのっていたので、会場の音を思い出しながらIpを調整してみました!そうしたら予想外な結果に。
以前の手ごたえでは0,73辺りが好みだったのですが、上げすぎると天井から反射する響き感が後退する事が分かりました。結局、規定値の0,7V~0,69V辺りが会場の響き(の雰囲気)に近い…と感じました。
でもその設定で他の音源を聴くと、少々物足りないかな…あっさりした鳴りになってしまうCDもありました。
規定値通りで響きがでたからといって「原音に近いか?」とも限らないのですが、とりあえず規定値で暫く様子見する事に。
最終的には「一番聴きやすい音」がその部屋で鳴らす「原音」なんだと思います。1台のオーディオで、全てのソースで満足な音が出る訳ありませんから。

ただ、自分にとって「楽器から出た音が反射してホールの会場に回っている様子」が分かる事は大事です。
(その後ちょくちょく測ってみたら電源の影響?バイアス値が数時間後に違ったりするのであまり神経質に追い込まない事にしました)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
6V6管ですが、あまり詳細に書いても意味がないので(管の音を聴くのが主になってしまう)、最小限に書くと

・クラシックだと圧倒的にRCA JAN CRC-6V6(メタル管)
・重心が低め、聴きやすいマルコニ 6V6G
・オールマイティーなエレハモ6V6GT

…となりました。RCAのクラシックの中弱音のニュアンスは特筆すべきものでしたし、メタル管だから??静けさも一番感じられました。
またマルコニの「一般的な真空管のイメージに近い、包容力のある響きもとても良いものでした。うっすら出るグローも綺麗です。ダルマ型もgood。minimini300B的な佇まい。

(マルコニのグローが結構うごいていたので、購入先ではないのですが大橋さんに伺ったら「入力信号に追従して揺れる現象はしばしばあります。本来シングルアンプ=A級増幅で電流値は一定のはずですが電源部が瞬間的に追従できず出力管のIpが振られる事が結構あります」との事でした。)

ただ、こう書くといかにも激変してるようにも読めますがあくまで主観ですし、特にプリ無しではその差も小さめでした。そもそもエレハモでも不満はまったくありません。特にジャズやボーカル、小編成系は弾む低音感があり鳴りが良いエレハモはとても良いです。あえて特筆するとRCAとTANNOYはなかなか相性が良く(中高音が少し300B的だった)、面白い実験でした。
[PR]

by kennoy-mini | 2010-02-16 00:32 | ken球王国。 | Comments(0)  

珈琲の話。

普段から珈琲は自分でいれてよく飲みますが、最近基本的な事かもしれませんが「カップを温めておくと全然味が違う」という事を改めて知りました。たかが温度…ですがどうみても美味しい。やはり温度と味はおおいに関係あります。
そしてお湯を真中に落とすだけでお湯は全体に回っている事も改めて実感しました。最近のセオリーは、

・お湯を多めに沸かし、沸騰したらまずカップを温める→カップの湯を捨て(大事!)第1湯で蒸らす。湯量は挽いた豆が全部浸るか浸らない位→湯が落ちきる前に(大事!!)第2湯→濃い目なら少なくこまめに、薄めなら多目に→最後はお湯が落ち切る前にやめる(第2湯で主成分は出きっている、最後まで出すと雑味まで抽出してしまう、とどこかで読んだ)

これを厳守です。
[PR]

by kennoy-mini | 2010-02-15 01:18 | 飲食雑感。 | Comments(0)  

番外比較試聴。

…本当は6V6聴き比べを書いていたのですが、作成中にキー操作を誤り、文章を消去…もう一度書く元気が失せたのでまたいずれ。
そんな中、VP-mini300mk-ⅡとSV-17kの音の違いを探りたくなったので比べてみました。今回SPはTANNOYで。SPは、ようやくほぐれてきたIIILZ in Cabinet(Cheveningが本名!?HPD295ユニット)、樽プリでCDはミニコンポからライン出力(笑)。アートペッパーとグルミオーでの比較試聴です。

(いつも試聴は常に長所を探す、見つけるように心がけています。短所を敢えて探すのはつまらないので。短所というものは探すものではなく、悟るものだと思っています。長所が短所を覆い隠すほどの長所になればそれがベストです)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
当たり前ですが出音は違います。そしてやはりタンノイと300Bは相性が良い。ねじ伏せるリアリティではなく「身体が合う、生理的に合う」といったか感じでしょうか。また定位が17kよりだいぶ出ています。mini300は響きが多いので、プリ側で音を締めると一段と良く、その点で樽プリとの相性は最高です。また最近mini300の12AX7をRCAにしてから更に良くなりました。300B管はプライム3(GD4-300同等管)。17kは12AX7を替えてもそこまでがらっとは変わりません。アンプ側、トランス側でかなり音が決まっているんでしょうね。
17kでもⅢLZはしっかり鳴ります(プリの助けは要るけど)。ただ比べると、定位感はあまり得意なタイプではないかも。mini300はSPを消すタイプ、17kはSPを鳴らすタイプ…というと少し分かりやすいでしょうか。
17kだとプリ側は樽プリより「ふっくらしたタイプ」の方が相性が良さそうです。比べて初めて分かりました。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
そういえば我が家のVP-mini300mk-ⅡはJENSENコンデンサが2つ入った「ドーピング仕様」だった事を思い出しました(笑)。そのうち17kにもJENSENを入れて、またSPもALTECも交えて「再試合」をしてみたいと思います。
[PR]

by kennoy-mini | 2010-02-14 00:40 | オーディオ雑感。 | Comments(0)  

低価格(真空管)アンプにプリは必要?

質:果たして低価格(真空管)アンプにプリは必要なのか?
答:…最終的には必要。



…なーんて結果、意見だけでは面白くないので、自分なりの感想、雑感を書こうと思います。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
そもそも今回プリ必要論を書いたのは、SV-17kの6V6管交換比較試聴の厳密化ためにプリ有り(SV-20D樽プリ)で試聴したからです。何でプリを使ったかというと、ここがプリ必要論の一つの解だと思うのですが、

「パワーアンプの入力VOLを全開(別に全開でなくても良いが)に出来るから」
…という事。パワーアンプの入力VOLを最大にする事でアンプをアクセル全開に出来、「信号のリニアリティが上がる」らしいのですが、なるほど確かにアンプ(球)の真価をフルに味わえます。ヴィッツやFITクラスのCVT→MTくらいの差はあると思います(逆に分かりにくい??)。興味があったのでプリ有り/無しの比較試聴もしてみました。結果は・・・

はっきり言って17kだと「プリ無しでも充分楽しい音、17kなら値段とのバランスもあるし、プリ無しも有りかも」

…という、もう一つの解も出ました。ただ、「球交換派」や「定位が重要派」「手ごわいSPをドライブする人」「スーパーツイーターに興味がある人」「打楽器命!」「会場の空気感を聴きとりたい派」のいずれかにあたる人は…プリ追加は「最も簡単かつデメリットのない選択肢ではないか」と。
今回のプリの有無で聞き分けると、交換球の本来の性能を味わい尽くすには効果大ですし、楽器の位置関係も明らかに向上して感じられます。鳴りにくいSPはパワーアンプがアクセル全開になる事で一次元上にいけるし(特にウーファーの反応がよくなると感じます)、Sツイーターで高域を欲張るくらいなら何で入力VOLを絞って高域を落とすか、という本末転倒さになります。打楽器の微振動や会場の空気感は高い周波数の成分が多いので、これも入力VOLを上げれば随分変わります。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
プリ無しの良いところも書きたいと思います。個人的な感想です。
一番気に入った点は「ウォームな音に近い、聞き流しやすくリラックスしやすい」「一種のアナログライクな音を得やすい」点。プリ追加でかなり高域の鳴り方が変わってくるので音としてリアリティが出て、結果「惹きつけられる音、耳や能が活性化される音になる」「シャープに感じる」場合があります。決して悪い事ではありませんが「そんなにリアルに鳴らなくても・・・」という人もいるし、「やっぱり真空管はどこまでも暖かい素朴な音が好み」という人は場合によってはプリ無しが好みかもしれません。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
意外と問題なのは「世の中に手頃な値段の真空管プリの選択肢が少ない」という事かもしれません。身近なところではTU-875とSV-3、SV-20Dしか浮かんできません。メーカー問わず、もう少し選べても良いのかな…と思います。せめて2,5~5万クラスと5,5~9万辺りに1台づつくらいあれば・・・(あくまで自分本位な意見)。プリアンプ単体では音を出さないので需要が少ないのでしょうか。
3つ位しかないと、どうしても値段と機能で選ぶ要素が優先されてしまう。でも本当は安いながらも「響き重視」「スピードや反応重視」「とにかくソースの魅力を引き出す」「パワーアンプに忠実に」「なにより聴きやすい音で」等で選びたいものです。贅沢を言えば。
特にプリで音を締める、逆にプリで響き・潤いを与える効果は、個性の強いパワーアンプや手ごわいSPではとても有効な手段です。17kはその点ではあまりがらっととは変わりません。素でも充分が多数派でしょう。でもプリ追加試験で「オレのメインに近づきおって…!」と思う人も結構いるのではないかしら。プリがあったら、遊び半分で一度繋げるとなかなか面白いです。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
…という訳で17kにかなりの可能性、楽しさを感じている自分でした。中には「コンデンサをJENSEN化」している方もいるそうですし、まだ向上する可能性もある。なにより簡単にいじりやすいサイズと重さ、そのサイズに似合わない音がお気に入りです。まあ自力で組立てた第1号…これが多分に大きいのですが(笑)。
また弾力のある低域が300Bの低域とは一味違って、とても「楽しめる音」のアンプな気がします。

近く「球比較試聴編」もアップしたいと思います。3種聴き比べましたが、予想以上に違いました。
[PR]

by kennoy-mini | 2010-02-13 02:08 | オーディオ雑感。 | Comments(0)  

人は何故、300Bを替えるのか?

…なんだか「人は何故シリーズ」になってしまいました。
この問いには、ある一つの答えが。それは「WE300Bが買えない、手に入らないから」という、ミモフタモナイ答え(笑)。色んな年代のWEを聴き比べた訳ではないのですが、やはり聴くと(やはり云われるだけはある…)と。でも値段もぶっ飛んでます。それに色んな年代、更には類似品まであるらしい…もう、自分みたいな素人が簡単に手を出せるもんではないです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
WEは買えない…そこでWEにちょっとでも近づきたい、WEの音とは違う可能性を探るべく300Bを探し、挿し替える…という人が多いのでは。NOSチューブだとスヴェトラーナ、セトロン、STC、岡谷等があるそうですね。恐らくこれらもかなり良い値段が。(出来れば手頃な値段で欲しい)…そうするとやはり現行管に。
自分の場合、大橋さんというこちらの耳、好みを知った「真空管ソムリエ」がいるので、また早い段階でWE管の音を体験し、(これを越える管はそう無い…あったらもうとっくに話題になっている)と感じ、ターゲットを変え手頃な管に。結果、SV-91B付属のプライム3(確か現行GD4-300B同等管)、知人の誕生日にプレゼントし、その後自分にもプレゼントしたプライム4(メッシュプレート)、そしついつい買った(いや、でも刈谷でちゃんと試聴しました)ナス、Shuguang 300BS-B(プライム5)と3種。また現在は根津さんからスヴェトラーナ300Bを借りています。こちらももう一度ちゃんと聴かないといけません。チョイ聴きした限りでは(WEに一番近い)と云われるだけあり、かなりストイック、真面目な音)という印象。セトロン300BとSTC4300Bは聴いた事はありません。STCなんてどんな音なんだろう…。

結果的に手持ちは全て中国製ですが、同じ中国でも結構出音、性格が違います。まあ日ごろウエスタンを使っている方は、中国管は相手にもしないでしょう。それは致し方ない(笑)。
ただSV-91Bは、他に増幅管や整流管があるのでそちらのキャラクターの方が支配力が強い、と個人的には感じています。自分の場合アタック感・リアル感・写実感はプライム4+セトロン整流管、対してナス管+STC整流管はより雰囲気、倍音感が重視される組み合わせだと感じています。何故か使いわけしたくなります。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
そう、難しいのは300B管と増幅・整流管とのマッチング(勿論アンプとも)が結構大事だ、という事です。色々試すと結構相性があります。こればかりはトライしてみるか、知り合いの助言等から推察するしかないかも。キット屋店主日記でもナス管は501SEやmini91Bに合わせている方が多いようですし、あまりSV-91Bに使っているという話は聞きません(勿論いるとは思います、自分もですし)。またナス管は少し多く電流が流れるそうですし、所謂「WEを追っかけた300B」ではないようです。プライム4は逆に正統的なタイプ、かなり完成度が高いと思います。グローも綺麗です。mini300でもプライム4は割とリアル感重視、プライム3は少し穏やか、毎日聴きやすい音で我が家では鳴っています。これも12AX7が標準管での話で、きっと挿し替えると全く変わる可能性を秘めています。
エレキットTU873での差し替えも経験ありますが(SPはシーメンス)、流石シーメンスだけあり管変更の反応が抜群に良く、特に前段をノーマルからGEに替えた時の変化は300B変更よりも遥かに「変化大」でした。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
こうして規格内で真空管を挿し替えるというのは、なかなか面白いものです。オンリーワンな組み合わせは無く、「試してみるしかない」となりますね。そんな中、一つ自分がたどり着いたのは「増幅/整流は欧米管で、出力管は国問わず現行管で」という組み合わせ。標準の「万能タイプ」から「より主観的な音」になる気がします。

もひとつ、これは特にクラシックの時ですが聴き方として「中、弱音の表現力を重視して選んでみる」という視点。クラシックは音量レンジが広く、特に中弱音の表現力がものをいいます。これも増幅、整流に依存するところ大だと感じるのです。不思議です。
[PR]

by kennoy-mini | 2010-02-07 00:00 | ken球王国。 | Comments(0)  

人は何故、真空管を挿し替えるのか?

キャッチ-な題にしましたが、明快な答えはありません(笑)。というか一つではない。電気的な事は全く素人なのでコメントせず、個人的な雑感をメモしたいと思います。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
管を替える事は「音源をより自分好みに鳴らす可能性が出てくる…」といった感じでしょうか。デフォルト(標準)管は、コストの制約もあるでしょうがデフォルト管はクルマの初期状態と一緒でベストバランス、「主観のある中庸」とでもいえるかも。よく考えれられています。
そこで管を替えると「球の個性」なのでしょうか、バランスが変わり中庸からポイントを絞った音(個性)になる事が多い気がします。逆を言うと個性的になる分音源を選ぶ、球の相性を選ぶ場合が多いと思います。スポーツサスが乗り心地を犠牲にするのと同じ、ミニバンが高重心になって高速安定性を犠牲にするのと似ています。

意外と難しいのは管を挿し替えると、同じジャンルでも録音の環境、新旧などで標準管より相性を選ぶ場合(録音を選ぶ)がある事です。球変更によって特徴、長所があるという事は短所、苦手もある…という事でしょう。楽器も一緒で素晴らしいものほど万能ではなく、また相性がはっきりしていきます。こうしてアンプが増えてゆく…のかな!?(笑)

泥沼にハマッタ時(自分か!?)は、一度デフォルト管に戻して今までの変化を辿ることを。どこにスポットがより当たったかが分かります。管変更で、あるときは「クラスが上がる、全体的に音の質が上がる」事も勿論あるでしょう。でも意外な程「標準、いいじゃん」て事もよくあります。他の条件、セッティングを変えた、プレーヤーを替えた、ソースを代えた、プリを追加した…などのちょっとした要因(ちょっとした?)事でデフォルト管が思わぬ力を発揮する事もありますから。
勿論明確な欲求、目標があって管を替える方は素晴らしいです。物量を投入できる人は幸せです。

…かなり偉そうな(知ったような)分章になっていますが個人の単純な印象、素人の雑感なのでお許しください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
17kの差し替えはまだ慣らし中。マルコニ-だと少しグローが拝めます。RCAは…シールド管だからと油断して触るとかなり熱いです(笑)。音質の変化はまだわかりません。ただ…正直標準のエレハモでも充分…というよりパワーアンプ直結では17kの入力VOLを全開にできないので、それぞれの球本来の性格をまだ拝めない感もあります。替えた印象は色々試してみてから自分の印象を書きたいと思っています。デフォルトはかなりのベストバランスと感じます。

こうしてみると、17kもやはり入力VOL付きパワーアンプ…3リッター車で1000回転しか回していないような、トルクバンドから外れている感じが、音量をあげてみるとやはりあります(17kのキャラはスイフトスポーツ、ヴィッツRS、ニューMINI的な性格かな)。音量を上げれば上げる程リニア感がぐっと増します。近いうちに、プリを繋いでもっと掘り下げようと思います。入門機といえどプリを繋ぐと新しい世界が見えるかもしれません。
ただこのアンプの位置付けは入門機なので、プリを追加してまで…という人は少ないでしょうね。またデフォルト状態でかなり良い音なので、値段やバランス、置き場を考えると単体使用が多いだろうな。
うちには樽プリがあるので今度繋いでみます。世の中に「高くなくて音の良いSPセレクター付き真空管プリ」なんてあったら結構良いかもしれませんね。SPやパワーアンプは複数もっていてもプリは複数もっていない人が多いみたいですから。

~~~~~~~~~~~~~~~~~
しかし、やはりプリは偉大ですね。真空管差し替え効果の比ではありません…というのが自分の印象です。何よりパワーアンプの本来の性能が拝めます。オーディオを始めた頃は「なんでプリとパワーを分けた方が音がいいんだろう?」と思っていました。実は未だに「なんで本当の真空管プリメインて少ないんだろう?」と思います。ちゃんとプリ回路が入ったプリメインアンプです。真空管アンプは重ねて置きにくいのでひとまとまりの方が勝手が良いのですが…。
[PR]

by kennoy-mini | 2010-02-05 21:35 | ken球王国。 | Comments(0)  

SV-17k手直し(3回目)。

SV-17kの開腹手術、3度目です。おかげで真空管の付け根を揺すっても「ガサゴソ…」言わなくなりました。ただどうしても測定値が+-10%を僅かにオーバーする所が2箇所…今後の宿題です。
SV-17kは今までは標準のエレハモの6V6を使っていましたが、今日からRCAに替えました。変化は追って気付いたら書きます。RCAはメタル管(というのでしょうか?)なので真空管の灯りが見えなくなるのはちょっと残念。
そんな中あるお店で以前から興味があったマルコニ6V6があったので、つい入手してしまいました。こりゃ~もう一台SV-17kが要るなあ(笑)。次はもっと上手く組立てたいものです。
もう一つ興味のあるものも(安かったので)手に入れましたが、それはまた後日。
[PR]

by kennoy-mini | 2010-02-03 23:49 | ken球王国。 | Comments(0)  

ひとりごと…。

自戒の意味もこめてひとりごとを…。

オーディオの難しいところは、ある程度深入りするとどうしても「耳が個々の音」を追ってしまう事ですね。音楽を心地よく、自然に聴くのが本来の目的の筈が、トランスの音、出力管の音、整流管の音、DACの音、クロックの音、etc…。「あのユニットは良い、この会社のは物量を投入している、このケーブルでないと」等等。果たしてそれを揃える、替える事が必然性があるのか、それがないと音楽が楽しめないのか。

その対極(自戒の意味も…笑)の意味で、小出力シングル(プッシュ)+小口径フルレンジSP(同軸でもですが)を聴く事、持つ事はとても参考になります。これで充分音を楽しめるじゃないか…と。

…でも、そういう自分もついつい目移りします(笑)。これは日本人の国民性かもしれません。「コンプリート癖」のような。
最終的にはオーディオの個々の部品や機器に拘りを持つ事は「本人がその必然性を欲しているか」という事だと思います。そして何より「自分の目的の音源が聴きやすく、インスピレーション(生き甲斐)を与えてくれるように鳴るかどうか」が一番大事なのかな…。

楽器の調整も同じで、満足している時に新しい事を試しても大体失敗します。「勝った試合のゴールキーパーは代えない」とは、なかなかの格言です。どちらも良い状態を確立、維持させたいものです。
[PR]

by kennoy-mini | 2010-02-02 22:23 | オーディオ雑感。 | Comments(0)  

2月。

ご無沙汰です。少々(?)不規則な日々が続いています。今日は雪が降る…かどうかは別として関東も久しぶりに寒い。

我が家のminiA5とSV-17kは安定期に入ったようです。たまに「きーん…」「ひゅーん…」という音がする時があったのですが、真空管を左右入れ換えたら何故か収まりました。根本的な解決にはなっていませんが、最近は調子良いのでまた出たら考えよう。
リビングにこのシステムを置いているので、目下この組み合わせが一番高い稼働率を誇っています。クラシックもTVのSPより(比べ物にならないくらい)良いです。ユニットの数値的なレンジの狭さも、自分は気になりません。他のSPと並べて比較試聴したら勿論分かるでしょうが、アルテック小口径ユニットと17kは自分にとって良い意味で「聞き流しやすい音」なので多分このまま。miniA5もホーン型なのでリビング的な部屋で使った方が長所が活きるでしょうし。

欲を言えば、プリ無しで使っているので音量レヴェルによる音のクオリティの差が少々気になります。やはりヴォリュームを開いたほうが遥かに良い…でもヴォリューム全開の為プリ追加となると配置の問題等々出てくるので悩ましいところ。ビタQやJENSENコンデンサで改善されるなら万万歳なのですが。

SVー91B(オートグラフ・ミニ)のシステムの方も今年に入ってから少しづつ再開しています。先日久しぶりで整流管や300B管を挿し替えしましたが、やはりSTC4274B+ナス300B管が手持ちでは一番良い組み合わせ(我が家では値段も一番)。音源の録音状態をあまり選びません。包容力が強く、逆にいうと「SV91Bらしさ」は後退しているかもしれませんが音自体に気をとられ過ぎず、この組み合わせには気に入っています。またSTC4274だと音量を上げても全くうるさくなく、ついつい音量を上げてしまう(笑)。
整流管をセトロン、300Bをプライム4にすると、我が家では音の「モニター感」が増え、GD274Bにすると豪快、少々大味な鳴りっぷりになります。(310管はロシアしか持っていないので自分は比べた事はありません)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
以前大橋さんの話で「休止中のmini91Bを今後現行でいくか、整流管を入れるか」という話題がありましたが、これは悩ましい問題でしょうね。ミニ91Bは音の特徴もしっかりしていて、尚且つとても使いやすい大きさです。mini300mk-Ⅱは奥行きがあるので意外と設置場所を選びます。
ただこうして整流管を色々聴いていくと…やっはり整流管整流は意味のあるものだと思います。「やはり整流管をいれたら一回りグレードアップした音が聴けるのかな…?」とつい期待してしまう。SV-91Bが長期休憩中の現在、「SV-91B的な存在のアンプ」があっても良いかも…なんて無責任な想像もしてしまいます。いっそのこと両バージョンともだしちゃうとか…(笑)。従来に近いバージョンと、整流管整流バージョンで付属は前段のみ、300Bと整流管は別売り・・・的な。(なんと自分に都合よい内容だ。)

…でも整流管タイプミニ91Bを欲しいと思う層は整流管や300Bも複数持っている人が多いのでは…いずれにせよ、「一度音を聴いてみたい…」と思ってしまいます(笑)。



……な~んて勝手に想像するのもなかなか楽しいもんですね。
[PR]

by kennoy-mini | 2010-02-01 18:19 | オーディオ雑感。 | Comments(0)