ペグ。

フェルナンブコ(弓と同じ木)のペグ。これに替えて3年目かな。
取り付け時に削るのでシャフト部が初めはこんな色でした・・・
a0123978_21533984.jpg


現在は・・・
a0123978_2149141.jpg
こんな!
a0123978_2148218.jpg
自己マンな変化(笑)。
a0123978_2154066.jpg
この楽器のペグは製作者オリジナルのペグが付いていたのですが(マロニエ、西洋トチの木らしい)オーバーホールした際にペグも交換しました(オリジナルは保存)。その後一度オリジナルにも戻してみましたがこのフェルナンの質が良いせいか、こちらの方が随分広がりに差がありました。フェルナンは「汗や光を吸収して色あいが変わる」と聞いていたのでシャフト部もなるべく手で触れるようにしていました(笑)。テールピースもツゲの良品に決定し、この楽器のとりあえずのパーツ群は定まり、音も纏まってきました。これ以上手を入れる箇所はほぼないと思います。あとは弓を凄いバケモノ弓に替える位しか・・・(爆)。ペグをツゲにする事も一瞬考えましたがこの楽器の材料の堅さや密度を考えるとフェルナンがベターではないか、との事です。







[PR]

# by kennoy-mini | 2017-06-29 22:50 | kennoy工房。 | Comments(0)  

銘木研究。

a0123978_21504195.jpg
藤井聡太4段の連勝のニュースを見ながら視線はつい将棋駒の木目に目が行くkennoy-miniです(笑)。良い黄楊使っていましたね~。あんな黄楊を楽器に使ったらどうなるんだろう・・・
a0123978_21485677.jpg

色々調べると楽器のフィッティングに使われているツゲは、高いやつは恐らくセイヨウツゲ、廉価なのは恐らくシャムツゲといわれるアカネ科のツゲに似た木、という推理に至りました。セイヨウツゲ(ツゲ)はフランス、トルコ、英、中国など、シャムツゲはタイ、ミャンマーなど。・・・という訳で日本の黄楊を使ったフィッティング計画を妄想中です(笑)。材料確保からはいるので何年かかけた計画にはなりますが・・・

そうして調べるとローズウッドも色々難しい。ハカランダと呼ばれるブラジリアンローズはずいぶん前に輸入制限がかかり、現在パーツに使われている可能性はゼロでしょう。90年代位のフィッティングパーツにはどんなローズが使われていたんだろうか・・・ハカランダ材も今でも入手できるかググってみてますがこれは無理っぽいですね。ギター職人もそんな良い材料を譲る気はないだろうし。




[PR]

# by kennoy-mini | 2017-06-12 20:13 | kennoy工房。 | Comments(2)  

ようやく音がまとまった。

漸くテールピースが定まりました。無銘メーカーのツゲ材です。
a0123978_432722.jpg
通算4本目(笑)。しょうがないんです、チェロの大きさで本当に音が良いツゲはなかなか・・・vnではツゲはメジャー材ですがチェロでは比較的少数。大手メーカーで今まで3本試してきましたが決め手に欠けて、色々悩んでいました。
そんな中で今回のツゲ材に遭遇。古いタイプの金具なので躊躇しましたが木目がとても魅力的だったので数ヶ月悩んだ末に導入・・・これに決まりです!素晴らしいです。求めていた発音・広がり・深み・ねいろの全てが理想の入り口に立つことができました。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ツゲについて、ざっとぐぐってみました。弦楽器に使われるこんにちのツゲパーツ類は、値段が高いのはセイヨウツゲ(英、仏、最近では中国、インドなど)、廉価なのは恐らくシャムツゲ(アカネ科クチナシ属で正式にはツゲではないらしい)系ではないかと思われます。クローソンはめちゃ高いので本物のフランスツゲでしょう。音の秘密はそこらへんか。今回の自分のはたまたま良いインド系かシャムツゲだったのでしょう。国産ツゲ使用のテールピースやペグは聞いたことありません。

日本でツゲ(黄楊、柘植)というと印鑑、根付、櫛と将棋の駒です。そして産地を調べると・・・3大産地があるようで「朝熊」「薩摩」「御蔵島」が良いと言われているようです。ただ弦楽器で国産ツゲ使用、の既製品はありません。果たして音に良いかも分かりません。噂では特注するvn奏者もいるとか・・・材料を調達して、数年後に自分もやってみようかな。

a0123978_48246.jpg
a0123978_15232930.jpg
a0123978_15245194.jpg
果たして木目がどの程度音と因果関係があるのか・・・
クローソンの木目はあまりうるさくない印象なのであまり関係ないのかもしれません。材って奥深いですね。







[PR]

# by kennoy-mini | 2017-06-01 10:42 | kennoy工房。 | Comments(0)  

高安、大関昇進「正々堂々精進します」。

高安が大関になった。今場所を見れば誰も文句なし。
稀勢の里といい、人間、特に男子の成長というのは突然訪れる。
稀勢の里はかつては肝心なところで・・・というところがあったが、
横綱になった場所の取り組みは本当に素晴らしかった。
地位が人を・・・の好例。

加えて最近の稀勢の里のいいところは、ぼやくようにポジティブ発言するところ。
ある意味孤独な職業、責任は自分次第。メンタルコントロールが大事。
稀勢の里のあの他人事のように自分を傍観して、且つポジティブ気味な発言は
実は非常に利いている感じがする。

おっと、今日の主役は高安だった!
今場所の高安の立会いは正に「神ってた」。あの豪栄道が立会いで吹っ飛んでいた。
稀勢の里に置いてかれまいと必死に頑張っていたんだろう。
人間の成長は美しい。刺激を受けた。








[PR]

# by kennoy-mini | 2017-05-31 13:44 | その他雑感。 | Comments(2)  

球切れ。

最近ランドセルのシステムが片チャン死んでいたのですが、ようやくみとこ先生プリの球
WE396Aの球切れ(単なる不灯かもしれないが直し方が分からない)と判明。
早速ストックから差し替えたら・・・
今度は音は出ますが「ザザザザ」。
ははぁ・・・310球やECC88系にある(使い始めにノイズ出るが暫く使うと
消えるパターンだな)と勝手に思い、丸一日使ってみたが・・・
どうも様子が。
これは単なるノイズ球っぽい。

教訓・・・球は買ったらすぐノイズチェックすべし!
70年代2本が使用球でストックは残りあと3本・・・







[PR]

# by kennoy-mini | 2017-05-15 03:06 | オーディオ雑感。 | Comments(4)